2018年11月11日

麺家あくた川@京都市上京区上立売東町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

烏丸通り沿い、同志社大の前にありますラーメン店「麺屋あくた川」さんです。この日は、平日の14時ごろ歩いていて行列があったのでなんだろう?と思って近寄るとラーメン店でしたので入ってみました。

お店は、上立売通を少し南下したところに有ります。平日でも並んでいたので、土日だと常に行列ができているのではないでしょうか。それが目印になると思います。また黒い看板が目立ちます。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、一階はカウンター席のみで、二階席もあるようでした。狭い店舗なので、本当に厨房とカウンター席だけのスペースの店内です。店舗外に券売機があるので、そこで注文後、列に並ぶようになっています。平日なので並んだといっても5分前後でした。

お店は若い店長さんと、若い男性スタッフで切り盛りされています。カウンター席のみですが、お客さんの誘導の仕方が上手で、たとえば3人組のお客さんでも、うまく3人並んで座れるように計算されながらさばいておられました。接客も丁寧でした。

メニューは、シンプルでラーメン並650円で、サイズを中にすると+100円、大にすると+200円、ちゃーしゅーめん+200円、味玉+100円などサイズとトッピングで値段が変わるだけです。他にご飯類が単品であるくらいでした。

この日は、ちゃーしゅーめん(並)850円を注文。注文時に麺の硬さ、濃さ、脂の量を聞かれましたが、すべて普通でお願いしました。

しばらくすると登場するラーメンは、いわゆる横浜家系の見た目。濃厚そうな豚骨スープに大判のチャーシューが浮き、ほうれん草、海苔4枚がトッピングされています。

スープをいただくと、濃厚な豚骨の旨みが効いた味わい。家系なので豚骨醤油だと思いますが、醤油は強すぎず、豚骨醤油でありながら豚骨塩のような仕上がりにも思えます。豚骨をとことん煮詰めた旨みがしっかり出ていて、濃厚なのにくどさもなく、とても高レベルの味わいでした。

麺はやや平打ちの中太麺を使用されています。それぞれの長さが短めで、もちもちとした食感が心地よいもの。濃厚なスープとの相性も良く思います。またほうれん草の量が予想以上に多く、海苔も4枚入っているので、それらと絡めていただくと食感も楽しめます。

チャーシューはレア気味の大判のものが使われています。厚さもそこそこあるので食べ応えたっぷり。脂身は少なめなので食べやすく、このボリューム感でも比較的あっさりいただけます。

偶然知った、こちらのラーメン店は、とても高レベルの豚骨スープを楽しめる家系ラーメン店でした。学生さんが多いので、独特の若い雰囲気がありますが、味は素晴らしいお店です。人気店なので、なかなか行く機会がなさそうですが、機会があれば、また味わってみたいと思います。

↓ちゃーしゅーめん(並)
181111-1.JPG

↓チャーシュー
181111-2.JPG

↓麺とスープ
181111-3.JPG
posted by たぬき at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年11月09日

豚骨野郎・府庁前店@京都市中京区大炊町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都南部を中心に数店舗展開されています「豚骨野郎」さんの府庁前店です。複数ある店舗の中で、今回が初めての訪問です。こちらは京都市内唯一の店舗のようです。

お店は、丸太町通沿い、府庁近くにあります。お店の外観は、赤提灯や旗が並ぶ、少しジャンクな印象。派手目なので分かりやすいと思います。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、狭い目で、カウンター席があります。二階にも行けるような雰囲気でしたので、二階も存在するのかもしれません。高めのカウンター席は立ち食いと言う感じで簡易椅子が用意されています。お店は男女二人で切り盛りされていて、庶民的な雰囲気でした。

ラーメンメニューは、豚骨ベースとなっていて、醤油とんこつ、塩とんこつ、カレーとんこつ、あっさり、こってりが中心。それにトッピングで値段が変わります。他に面白いオリジナルメニューが豊富で、味噌とんこつ、マヨラー、スタミナらーめん、あぶり厚切り焼豚麺、極上ラーメン、唐揚げラーメン、冷麺など存在します。

単品メニューもいくつかあり、それらとラーメンを組み合わせた定食メニューも存在しました。紅ショウガ、天かす、一味などがトッピング自由となっている他、辛子高菜もお店の方にお願いすると無料でトッピングくださるようでした。

この日は、こってりラーメン750円+肉増し200円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、濃厚そうな白濁した豚骨スープの表面には脂分が多めに浮いています。トッピングは、ネギ、メンマ、チャーシューとシンプルなものでした。

スープをいただくと、濃厚な豚骨の迫力が前面に出ています。濃度も高く、そこそこ重みのある粘度。チャーシューを多めにしたからかスープ表面に脂分が多かったです。重厚な豚骨スープと言う印象です。

個人的に、とても良いなと思った、この濃厚豚骨スープ。ただネギが若干多めで、せっかくの濃厚スープを邪魔しているようにも思いました。ネギ少な目で注文しても良いかなという感想です。また天かすを入れるとスープの重みがさらに増すようで良かったです。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。スープ内でややダマになったような状態だったのは残念ですが、食感も心地よく、粘度の高い濃厚スープとよく絡みます。

チャーシューは、バラチャーシューで、一枚一枚が大きめのものがたっぷりと入っています。とてもジューシーなチャーシューで、そのボリューム感もたまらないものでした。

初めていただいた豚骨野郎さんですが、こってりラーメンは迫力系の豚骨スープで、濃厚な味が好きな方にはおススメ出来る一品だと思いました。豊富なメニューがあるので何度行っても楽しめそうなラーメン店だと思います。

↓こってりラーメン+肉増し
181109-1.JPG

↓チャーシュー
181109-2.JPG

↓麺とスープ
181109-3.JPG

↓お店の外観です。
181109-4.JPG
posted by たぬき at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年11月07日

ぎをん為治郎・八条口店@京都市下京区塩小路高倉町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

本家西尾八ッ橋さんが経営しておられます麺料理・甘味のお店「ぎをん為治郎」さんの八条口店です。為治郎さんは京都のお店で一度も入ったことがなく、東京駅で入ったことがありますが、この日久しぶりに夜、京都駅にいたので入ってみました。

お店は、京都駅の八条口アスティロードにあります。京都駅構内側だと入り口に八ッ橋などの販売ブースがあり、奥が飲食店となっています。

とてもこじんまりとしたスペースのお店で、カウンター席とテーブル席が数席あります。お店の方の接客も丁寧でテキパキとしたものでした。

メニューは、鴨なんばうどん、にしんそば、きざみきつね(そば・うどん)、ざるそば、それと中華麺の、あっさり鶏そば、鶏そば(白湯スープ)があります。甘味がいくつかあり、他に季節限定として冷やしきつねうどん、冷やし鴨そば(中華麺)がありました。

この日は、冷やし鴨そばが気になりつつ、東京駅でもいただいた、鶏そば(白湯スープ)980円を注文。

しばらくすると登場する鶏そばは、スープは白濁し、表面には少し脂が浮いています。煮玉子、白髪ネギ、鶏肉3枚がトッピングされたシンプルなものです。また八ッ橋が一つ添えられてきます。

スープをいただくと、甘みを感じるようなまろやかな鶏白湯スープ。わずかな粘性を感じますが柔らかなもので、口当たりの良い比較的クリーミーな味わい。白髪ネギ特有の渋みのような風味がアクセントとなっています。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用されています。しっとり感と心地よい噛み心地が両立したもので、なかなか良い感じの麺だと思います。

鶏肉は、とても柔らかく、厚切りなのに食べやすいものです。白湯のまろやかな味わいとも合っています。また煮玉子も味がしっかりと入っていて高レベルなものでした。

このお店、鶏そばを注文するとお好みに応じてと胡椒をススメられます。少しかけてやると、スープが引き締まる感じがして、入れたほうが好みかなと思いました。

こちらのお店は、少し小腹が空いたときに食べやすく、さらに新幹線、近鉄、JRの改札からも近いので、利用価値の高いお店だと思います。また他のメニューも食べてみたいと思います。

↓鶏そば(白湯スープ)
181107-1.JPG

↓鶏肉
181107-2.JPG

↓麺とスープ
181107-3.JPG

↓八ッ橋
181107-4.JPG

↓メニュー
181107-5.JPG

181107-6.JPG
posted by たぬき at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年11月06日

ジャパニーズまぜ麺 マルタ@京都市上京区丸太町通河原町西入高島町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

河原町丸太町の交差点のところに有ります、まぜ麺のお店「マルタ」さんです。この日は、土曜日のお昼時に偶然通りがかり、こんなお店あったんだなと入りました。

お店の外観は、とてもこぎれいで、ラーメン店のようには思えないです。お店の前のメニュー看板と白と紫の暖簾が目印となります。私も紫の「まぜ麺」と書かれた暖簾で気が付きました。

店内に入ると、お店の中もとても清潔感があり、広々としています。カウンター席と奥の方にテーブル席が数個。和モダンという感じの内装で、女性客でも敷居は高くないと思います。お店の方は若い男女が調理をされ、女性店長さんと思われる方が接客をされていました。接客は丁寧なものでした。

メニューは、基本のまぜ麺が、並780円。それにサイズ、トッピングなどの選択で値段が変わるようになっています。また麺は温・冷から選べ、辛さの選択もできます。また夏の季節限定品として「すだち」まぜ麺がありました。すだちシリーズは冷オンリーのようです。

これらの「まぜ麺」とご飯類を組み合わせたセットも存在します。

この日は、炙りチャーシュー増しまぜ麺(並・温)930円をお願いしました。基本のまぜ麺に炙りチャーシューをトッピングしたシンプルなもののようです。辛さは0〜5のうち2が基本とのことで、それでお願いしました。

登場したまぜ麺。器の下の方にだしが入っていて、その上に麺、揚げゴボウ、半熟玉子、ネギ、チャーシューが乗り、唐辛子が少しかけられています。

最初に麺とだしを、よく混ぜます。麺は平打ち気味で、それぞれ長さが短めの麺でした。

いただくと、出汁には、ほんのりと魚介の風味が効いているのですが、それよりも玉子が濃厚なので、玉子まぜそばという感じです。玉子のマイルド間に、ほんのりとピリ辛が入る感じで、刺激は強くはありません。個人的には、だしの風味が前面に出ていないので、どうもラーメン版釜玉みたいなものを食べてる感覚で、このお店の個性が分からない気もしました。

しかしながらもっちりとした平打ち麺の食感は美味しく、素直に美味しい麺を楽しめる一品だと思います。また炙りチャーシューがしっかりと味が入っていましたし、薄切りで大きめ、ジューシーで、なかなかのものだったと思います。

初めて入ったこちらのお店。お洒落な空間で、いろいろな方に入りやすい雰囲気があると思います。接客も丁寧なので、まぜ麺が好みの方は一度訪れる価値があると思います。

↓炙りチャーシュー増しまぜ麺(並・温)
181106-1.JPG

↓炙りチャーシュー
181106-2.JPG

↓麺のアップ
181106-3.JPG

↓お店の外観です。
181106-4.JPG
posted by たぬき at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2018年11月05日

来来亭・木津川店@京都府木津川市州見台

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

今年新しく出来た来来亭の木津川店です。この日は、日曜日の10時台に訪れました。こちらのお店は10時オープンなのがうれしいところです。

お店は、木津川市の州見台にある複合商業施設「ガーデンモール」の中にあります。お店の外観は、来来亭の基本的な建屋そのもので、黄色い外観で目立ちます。駐車場も完備されています。

店内も基本的な来来亭の造りと同じく長いカウンター席があります。それとレイアウトは同じなのですが、基本の座敷ではなくテーブル席となっています。お店の方の接客も、来来亭の行き過ぎた元気すぎる雰囲気でなく、ちょうど良い感じの好印象の対応です。

ラーメンメニューは、基本の背脂醤油系のスープの他、こってり、塩、味噌、旨辛、赤味噌など複数の味が存在します。それぞれトッピングとサイズなどで値段が変わります。また単品メニュー、セットメニューなども、とても充実しています。

この日は、塩ラーメン690円のチャーシュートッピング+150円を注文。麺の硬さのみ好みを聞かれますので、普通でお願いしました。

登場したラーメンは、若干濁った塩スープには揚げ葱が浮いています。トッピングは、チャーシュー、白髪ネギ、海苔、メンマとなっています。

スープをいただくと、ベースの旨みが効いた比較的あっさりとした塩味。とてもまろやかで、塩分が強すぎず、甘みも強すぎず、とてもバランスが良いもの。揚げ葱の風味が良い感じのアクセントとなっています。

麺は細めのストレート麺を使用されています。普通の硬さでオーダーしても、こちらの店舗はかなり柔らかめだと思います。個人的には、この柔さは好みですが、硬い目が好みの方はオーダー時にお願いしたほうが良いと思います。また海苔と絡めて食べると塩スープとの相性も良く、別の味わいを楽しめます。

チャーシューは薄切りのものですが、たっぷり量入っています。脂身、赤身のバランスも良く、柔らか味もあるので食べやすいものです。

初めていただいた、こちらの来来亭の塩ラーメン。そのスープのバランスは旨みもあり、とてもバランスの良い一品でした。この味なら何度でも食べたいなと思える優秀な一杯だったと思います。

↓塩ラーメン+チャーシュートッピング
181105-1.JPG

↓チャーシュー
181105-2.JPG

↓麺とスープ
181105-3.JPG
posted by たぬき at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年11月03日

台湾ラーメン・大ちゃん@ 京都府木津川市山城町綺田川久保

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

城陽の人気店「台湾ラーメン屋台」の系列の「台湾ラーメン 大ちゃん」です。この日は久しぶりに土曜日のお昼時に訪れました。

お店は国道24号線沿い、木津川沿いの不動川の信号のところにあります。複数の店舗の合同の建屋となっていて、お店の前に駐車場が完備されています。外観も派手目の赤い看板が目立つので分かりやすいと思います。

店内は、広々としていて、長めのカウンター席、ゆったりとしたテーブル席があり、多くの人が入れそうです。二人の男性職人さんと女性スタッフで切り盛りされ、接客は庶民的なものです。

メニューは、基本の台メン、台豚(台メンの焼豚入り)、台みそ(味噌味、焼豚入り)が中心で、普通のしょうゆラーメン、みそラーメンなどもあります。他に夏季限定で冷メン、台湾冷メンもあります。単品は、丼物、餃子、名物のアパッチ(骨付きの鶏唐揚)など複数あります。

この日は、台みそ740円+肉増し150円を注文。台みそは、そのままでも焼豚入りなので、肉増しにするとダブルチャーシューメンのようなものになりそうです。

登場したラーメンは、濁った色合いの味噌スープ。表面に適度に脂分、ゴマ、唐辛子が浮いています。トッピングは、チャーシュー、ひき肉、もやし、ニラ、タマネギなどとなっています。

スープをいただくと、味噌の濃いめのコクが効いた味わい。ベースの動物系のコクもしっかりしています。後味のピリ辛感もあって、癖になりそうな濃いめのスープだと思います。

麺は、細めの縮れ麺を使用されています。具の挽肉やニラとの絡みが良く、いろいろな具材を口に運んでくれます。挽肉が絡むと、辛めのスープをまろやかにするような効果があります。

チャーシューは、最初見た目、少ないかな?と思いましたが、肉増しにしたので、二層になって入っている感じです。かなり濃いめに味付けされたバラロールを使われています。とてもジューシーで、濃いめのスープとも合っていました。量もたっぷりなので、食べ応えがかなりあります。

こちらのお店の台湾ラーメンは、基本のしょうゆ系の台メン、濃いめの台みそ共に、妙に癖になるような美味しさがあると思います。お店の雰囲気も庶民的で過ごしやすく、また気が向いたときにふらっと入ってみたいと思います。

↓台みそ+肉増し
181103-1.JPG

↓チャーシュー
181103-2.JPG

↓麺とスープ
181103-3.JPG

↓お店の外観です。
181103-4.JPG
posted by たぬき at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年11月02日

ベルナールけいはんな@京都府相楽郡精華町精華台

アピタ精華台店の1Fにありますベーカリー「ベルナールけいはんな」です。こちらはフジパン系列のお店です。近場では山田川駅前のアルプラザの中の「パリクロアッサン」などが同系列で出店されています。

この日は、休日の夕方ごろ自宅用のパンの購入に訪れました。

お店は、アピタ精華台の食品売り場の横あたりにあります。それほど広くない販売スペースとなっていますが、豊富な焼きたてのパンが豊富に揃っています。

軽く見渡して、店名は異なるものの同じ系列の「パリクロアッサン」さんと、ほぼ同じ商品があるかなと思いました。

この日は以下のものを購入。

〇クロックマダム
パリクロアッサンでクロックムッシュは食べたことがあるのですが、クロックマダムは初めて。基本的に同じ味ですが、とろりとしたトロける卵が挟んであるところが違いでしょうか。ふんわりトーストとシンプルな卵、マヨネーズの味付けがまろやかで濃いめの味を楽しめます。

〇羽根つきポテト(ガーリック)
こちらもパリクロアッサンでは見たことがなかったので購入。チーズが羽根状にこんがりカリッと焼きあがっています。ガーリックの風味はほんのり効いている程度で、それよりもパン生地の中にポテトが多い目に挟まり、豊かな味わいを楽しむことができます。

〇ミニクロワッサン(チョコ)
こちらはスタンダードな一品。チョコクロと言っても甘すぎずビターな味わいなのが好みのところです。

ベルナールさんは、何度かお店の前を通ったことはあるのですが、内容的にはパリクロアッサンと同じだと思います。こちらのベーカリーはシンプルながら素朴に味を楽しめるパンが多いように思います。たまにアピタにも訪れますので、機会があれば、購入することになりそうです。

↓クロックマダム
181102-1.JPG

↓羽根つきポテト(ガーリック)、ミニクロワッサン(チョコ)
181102-2.JPG
posted by たぬき at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年11月01日

ブレッドガーデン・イオンモールKYOTO店@京都市南区西九条鳥居口町

サンマルク系列のパン食べ放題を売りにしているお店「ブレッドガーデン」のイオンモールKYOTO店です。この日は祝日のお昼時にとずれました。

お昼時でしたが待ち客などはおられず、食べ終わっても店内には空きがあるように思いました。意外と穴場かなという感想です。

お店はイオンモールKYOTOの4Fレストラン街の中にあります。開放感のある雰囲気のレストランで、席も多めにあり、多くの方が入れそうです。気になったのは接客で、とても笑顔の無い接客を男性店員さんがされていました。話される言葉も聞きづらいほどで、それは印象を落とすかなと思いました。

メニューは、サンマルク系列の「バケット」さんと店名こそ違うものの、ほぼ同じだったと思います。洋食系や、ステーキ、ハンバーグが中心のメイン料理とパン食べ放題、好みに応じて、サラダやドリンクバーを追加するシステムです。

この日は、「トロサーモンのトマトパスタグラタン」1090円+ドリンクバー・パンセット+490円をお願いしました。

パンは、サンマルクと異なり自分で取りに行くシステムなので、焼きたてから若干時間が過ぎているものもありますが、それでも味は納得できるものです。

この日は、白桃レアチーズロース、ホワイトソーストーストなどが期間限定で出されていたと思いますが、それぞれ味付けなども良かったと思います。ホワイトソーストーストは、ほんのりと効いた塩味が良かったです。定番のチーズロングもチーズが効いていましたし、和風チャパタも醤油の風味が効いていて食べ応えがある一品でした。

トロサーモンのトマトパスタグラタンは、トマトの酸味のあるソースがとても前面に効いています。まろやかで、旨みがたっぷり。サーモンも柔らかく煮込まれていて、食べやすいものでした。パンとの組み合わせも良い一品だったと思います。

こちらのお店、イオンモール内のレストランでしたが意外と混雑も少なく、ゆったりといただくことができたと思います。値段的にもお手頃なので、美味しいパンと一品料理を楽しむことが出来て良いお店だと思います。

↓トロサーモンのトマトパスタグラタン
181101-1.JPG

↓パン食べ放題
181101-2.JPG
posted by たぬき at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年10月31日

ASA@京都市伏見区桃山町山ノ下

六地蔵にありますショッピングセンター「MoMoテラス」の中にありますインド・アジアン料理のお店「ASA」さんです。この日は土曜日のお昼を過ぎた時間帯に訪れました。少し時間が遅めだったので、待ち客もおられず、すぐに入ることが出来ました。

お店は1Fレストラン街の中にあります。外観からも中を見渡すことができる開放的な造りです。

店内も清潔感があり、居心地の良い空間となっています。そこそこ席数もあり、人数も入れそうでした。アジア系の店員さん、日本人の店員さんもおられますが、それぞれ丁寧な接客だったと思います。

ランチメニューは、800〜1400円くらいとなっています。いわゆるインド・ネパールカレー店にあるようなナン食べ放題+カレー、ドリンク、サラダ等のセットの他、フォーをはじめとするアジア料理のランチもあります。カレーのセットは複数のカレーを選べるほか、+180円で変わり種のナンに変更することができ、その種類も豊富です。

この日は、基本のカレーランチ890円、内容はカレー+ライス、ナン、サラダ、ドリンクで、+180円でナンをオニオンクルチャに変更しました。カレーは季節限定品の、とろけるお月見キーマカレー(辛さは普通を選択)、ドリンクはラッシーをお願いしました。

登場したカレー、カレー自体は若干小さめの器で提供されました。

とろけるお月見キーマカレーですが、ひき肉の分量がかなり多めのドロ系。味付けはマイルドで辛さも控えめです。玉ねぎが予想以上に入っていて、その風味が効いています。また玉子が非常に柔らかく、丸々1個入っているので食べ応えがあります。

そしてオニオンクルチャのナンは、ふんわり厚めのナンの中にポテトと玉ねぎがびっしりと入っています。カレーのスパイスで味付けられていて、そのまま単品でいただけそうなものでした。今回のカレーがタマネギ豊富だったので若干味がバッティングした感じで失敗だったかもしれませんが、ナンとしては素直に美味しいものです。

途中お代わりしたプレーンナンは、かなりのボリューム感。ふんわりと焼き上がり、こちらもなかなかの美味しさだったと思います。

またサラダはマヨネーズ系のドレッシングが個性的な味わいだったと思います。

こちらのお店は入りやすい雰囲気でメニューも豊富ですし、ショッピングついでに使いやすい店舗だと思います。ショッピングに来ることがあれば選択肢に入るお店だと思います。

↓カレーランチ(とろけるお月見キーマカレー、オニオンクルチャナン)
181031-1.JPG

↓プレーンナン
181031-2.JPG

↓メニュー
181031-3.JPG

181031-4.JPG

181031-5.JPG
posted by たぬき at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年10月30日

サンマルク・守山店@滋賀県守山市播磨田町

ベーカリーレストランの「サンマルク」さんの守山店です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、レインボーロード沿い、播磨田町南の交差点近くにあります。お店の外観は、サンマルクらしい洋風の落ち着いた印象です。駐車場も完備されています。

店内は入ってすぐのところに待合スペースがあります。土曜日のお昼時だったこともあり、満席でしたが15分ほどの待ちで入れました。

店内は広々としていて天井も高く雰囲気が良いです。席もゆったりと取られています。お店の方の接客も丁寧なものでした。

この日は、割引のはがきなどを持ってなかったので、普通のコースの中からサンマルク匠コース2480円。メインをサーモンのグリル 和風バターソース、デザートを自家製カトーショコラ バニラアイス添えでお願いしました。

コースは、本日のスープ(コーンクリーム)、本日のサラダ(シーザーサラダ)と続きます。この二つはいたって普通の印象。

その間、パンをいろいろと持って来てくださるので、塩胡椒、ヨモギ、フレンチトースト、レーズン、イギリス、バジル、黒糖などを取ります。それぞれ焼きたてのため食感も素晴らしいです。特に、ヨモギやバジルのパンが素材の風味が活きていて、個人的には好みの味に思いました。

メインのサーモンのグリル 和風バターソースは、グリルされたサーモンに、カイワレ、レンコン、オクラ、ナスなどが添えられ、和風バターソースがかけられています。とても濃厚な味のソースとなっています。サーモンの身も柔らかく、食べやすい一品でした。

デザートの方は無難な味わいと言うところです。

サンマルクさんは、たまに利用しますが、パンの種類が豊富ですし、焼きたてなので新鮮な味わいを堪能できるのが良いと思います。雰囲気も良いので、ついつい長居してしまう良さがあります。また気が向いたら再訪したいと思います。

↓サーモンのグリル 和風バターソース
181030-1.JPG

↓本日のスープ(コーンクリーム)
181030-2.JPG

↓本日のサラダ(シーザーサラダ)
181030-3.JPG

↓自家製カトーショコラ バニラアイス添え
181030-4.JPG

↓焼きたてパン
181030-5.JPG

181030-6.JPG

181030-7.JPG

181030-8.JPG

181030-9.JPG
posted by たぬき at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ