2019年12月12日

南草津酒場 情熱ホルモン@滋賀県草津市野路

情熱ホルモンの南草津酒場です。この日は夕方16時台に訪れました。この時間帯でもお客さんは数人おられました。

お店は、南草津駅から歩いてすぐのところにあります。街中のため、たぶん駐車場は存在しなかったと思います。お店の外観は赤を基調とした情熱ホルモンらしい派手目の見た目で、分かりやすいです。

店内はテーブル席、カウンター席が並びます。そこそこの人数が入れそうです。お店の方の接客は庶民的で素朴な印象でした。

メニューは、ホルモンが中心ですが、普通の焼肉メニュー、単品なども豊富に存在します。アルコールが安くて生中が290円、ハイボールが190円などとなっています。

この日は、ホルモンを中心に、黒ホル、テッチャン、ハナハナ、赤セン、シロ、フワなどを注文。アルコールはガシガシと飲みました。タレはしょうゆダレ、味噌だれが置かれており、ニンニクなども自由に入れることができます。

最初は、黒ホル(小腸)、テッチャン(大腸)の味比べ。テッチャンの方が食感は強いのですが、脂の乗り、柔らかさは黒ホルが口の中でまさにトロける感覚で素晴らしい。とても良かったので、黒ホルは追加注文しました。

ハナハナは豚の鼻ですが、ほどよい脂があり、食感も心地よいもの。レモン汁と塩胡椒の味付けで食が進みます。赤センは食感と濃厚な旨味があるのでお酒が進みますね。

シロは豚ホルモンというと・・これというくらい良く出てきますが、コリコリ食感が楽しいです。意外と良かったのがフワ(牛の肺)で、予想よりもコリっとした噛み応えと、中はふんわりとした楽しい食感、味も濃いめで良かったと思います。

なんだかんだ5杯くらいアルコールも飲んだので、3000円を超してしまいましたが、そこそこ安くで多くの味を楽しむことができるので良かったなと思います。またホルモンを食べたいときには利用してみたいです。

↓ハナハナ、赤セン、黒ホル、テッチャン
191212-1.JPG

↓フワ、黒ホル、シロ
191212-2.JPG

↓焼いているところ
191212-3.JPG

↓生中
191212-4.JPG

↓ハイボール
191212-5.JPG
posted by たぬき at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年12月11日

ブレッドガーデン・イオンモールKyoto店@京都市南区西九条鳥居口町

ブレッドガーデンのイオンモールKyoto店です。この日は日曜日のお昼時11時くらいに訪れました。この時間帯では、お客さんも少なくて、すぐに座ることができました

お店は、イオンモールの4Fレストラン街の中にあります。お店は開放感のある造りで、お店の外からも中が見渡せるようになっています。

店内は、入ってすぐのところにパンやドリンクバーなどのサービススペースがあります。清潔感のある店内で、多くの方に入りやすいお店だと思います。お店の方の接客も丁寧なものです。

メニューは、洋食を中心に豊富に存在し、価格帯も1000〜1500円くらいです。好みに応じて、パン食べ放題、ドリンクバーなどを追加で注文できるようになっています。

この日は、デミ&チーズフェアというのをやっておられ、そのセットメニューがパン食べ放題も付くお得価格ということでした。その中から、チーズインハンバーグデミグラスソース1390円を注文。

待っている間、パン食べ放題を楽しみます。この日いただいたのは、ツナマヨトースト、チョコバナナロール、マロンクリームロール、ホールホイートロール、ミニクロワッサン、トーストロールプレーン、チーズロング、和風チャパタなど。ツナマヨ、チョコバナナ、マロンクリームの3つが期間限定品でした。

オープンの時間帯に訪れたので、全て焼き立てなのは、とても良かったです。期間限定の中のツナマヨトーストは、プレーンのトーストロールに、ツナマヨを乗せただけなのですが、その濃い目の味が活きていて、癖になる味で、何度となく取ってしまいました。

チーズインハンバーグデミグラスソースは、タマネギ、ブロッコリー、ポテトが添えられて登場します。名前の通りという一品で、ハンバーグの肉質がそれほどすごい!という訳ではないのですが、中から出てくるチーズのトロける食感、濃厚なソースの味がスタンダードに満足できる一品です。どなたにでも満足できる一品かなと思いました。

こちらのお店は、京都駅近くで、混雑もそれほど多くなく、手軽に楽しむことができます。また機会を見て再訪したいと思います。

↓チーズインハンバーグデミグラスソース
191211-1.JPG

↓パン食べ放題
191211-2.JPG

191211-3.JPG

191211-4.JPG

191211-5.JPG
posted by たぬき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年12月10日

スシロー・京都伏見店@京都市伏見区中島樋ノ上町

スシローの京都伏見店です。この日は休日の11時ごろに訪れました。一応、アプリで予約していきましたが、予約なしでも、この時間帯であれば、すぐに座れそうでした。

お店は、1号線沿いの北上するレーン沿い、下鳥羽のあたりにあります。お店の外観はスシローの郊外型店舗の基本的な造りで、駐車場も完備されています。

店内は広々としていて、テーブル席とカウンター席もあったと思います。お店の方の接客も丁寧なものでした。

この日は以下のものを注文。

〇かに塩ラーメン
この日は、かに祭りフェアをされていたので、その限定品として出されていた商品。

澄んだ色合いのスープに、トッピングとして、ズワイガニ、蟹味噌、もやし、ネギが入っています。

スープの味は優し目の塩味ですが、ふたを開けた瞬間から、蟹の香りが漂い、スープにも蟹の出汁がよく出ています。蟹味噌の旨味も合わさり、素直に満足できます。麺は、スシローさんの平打ちぎみのストレート麺。食感が心地よいものです。

値段が安いので、仕方はないのですがズワイガニはとても小さく、身もそれほど量がないのは仕方ないのかな。もう少し大きいと嬉しかったです。

〇桜肉のロースト、銀だら焦がし醤油、あん肝、真鱈白子
桜肉以外は150円皿です。ただ桜肉は濃厚な旨味としっかりした食感が良く、意外と寿司として行けます。銀だら焦がし醤油は身も大きいし、厚みもあり、さらに食感も良し。これはお得な一品だなというところです。あん肝、真鱈白子は酒と合いそうな一品です。

〇寒ぶり、白とり貝、焼き鯖、大切りびん長まぐろ
この中では、白とり貝が身も大きく食感もコリコリとしていてよかったと思います。寒ぶりは、脂の乗りもそこそこで身も厚切りで楽しむことができました。

スシローさんは、ちょくちょく使いますが、サイドメニュー含め、多くの新しいメニューが追加されるので飽きがこず使えるのが良いところです。また再訪したいと思います。

↓かに塩ラーメン
191210-1.JPG

↓桜肉のロースト、銀だら焦がし醤油、あん肝、真鱈白子
191210-2.JPG

↓寒ぶり、白とり貝、焼き鯖、大切りびん長まぐろ
191210-3.JPG
posted by たぬき at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年12月08日

奈良マラソン2019

第1回目から数えて10回目の記念大会、奈良マラソン2019。個人的にもずっと出場を続けているので楽しみにしていた大会です。

あいの土山マラソンのあと、右ひざに痛みがあって、そこが不安材料。そこそこ練習は詰めたのですが、3時間30分で走るくらいの気持ちで行こうかと臨みました。当日の天候は曇りで、走っている時間帯は気温が6〜11度くらいだったので、暖機能のあるロングTで出場することに。

そういえば、高の原駅に6時10分くらいに着いたのですが、そこそこランナーがおられたような気が。年々早くに来られるランナーさんが増えている気がします。私は、更衣所が小さめの武道館の方でしたが、この時間なら座れましたが、7時頃には混雑していたように思います。

そしてスタート。慣れ親しんだコースなので、最初は下りなのでスピード出そうなので控えめに走ります。入りはキロ5分以上、ただ大宮通に出ると、ゆったり走っているつもりがキロ4分40秒くらいで、あと10秒落とそうと思いながら走りました。

途中15キロ地点あたりでトイレに行きたくなりトイレ休憩。まあ、焦らず走り続けます。そのあたりで日光が照り始め、少し暑いな・・と思えるくらいの時間帯もありました。服装失敗したかなと思いましたが、基本的には雲がかかる時間が多かったので、今回の服装は正解だったと思います。晴れなら半袖Tでも良かったくらいかもしれません。

天理の登りを終え、折り返しの天理の峠越えも通過。そのあたりでもほぼペースを保つことができます。35q地点の坂は毎年難所ですね、ここで脚をやられる気がします。そのあと少しペースが落ちましたが、ラスト3qくらいはまたキロ4分50秒台に復活。そのまま3時間20分台でゴールすることができました。

今回もきつかった奈良マラソン。しかし、コースも広々としていますし、運営の方々の気持ち良い対応も良くて素晴らしい大会だなと思います。個人的にも10回連続の完走で、記念になりました。記念表彰状みたいなのもいただくことができました。次からもひとつずつ完走を続けて、11回、12回と続けていきたいと思います。

↓完走メダル、完走タオル
191208-1.JPG

191208-2.JPG

↓参加賞Tシャツ(これまでの大会のメダルがデザインされています)
191208-3.JPG

191208-4.JPG
posted by たぬき at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2019年12月06日

丸亀製麺・ビエラタウンけいはんな店@京都府相楽郡精華町光台

丸亀製麺のビエラタウンけいはんな店です。この日は、土曜日の夕刻に訪れました。夕方18時前でしたので、混雑も少なくすぐに入ることができました。

お店は、複合商業施設のビエラタウンけいはんなの中にあります。独立した建屋で営業されていて、丸亀製麺の店舗の基本的な外観で分かりやすいです。複合商業施設のため、駐車場はたっぷりとあります。

店内は入ってすぐのところで、うどんを注文、受け取った後に、好きな天ぷら、おにぎりなどを取り、お金を払うシステムとなっています。清潔感がある店内で、お店の方の接客も丁寧なものです。

この日は期間限定の釜玉うどん祭りがあったのと、ちゃんぽんうどんが存在しました。

注文は釜玉うどん祭りで数種類あった釜玉の中から、明太チーズ釜玉(並)590円を選択。それと梅140円、鮭140円、ごま高菜90円のおむすびを取りました。

明太チーズ釜玉は、店員さんがどんの上に、3種のチーズをこれでもかというくらい乗せて、そこに玉子、明太子、刻み海苔、胡椒をかけ、さらにパルメザンチーズをかけられます。見た目は悪いけど・・なんか豪快。

そして、それらをしっかりと混ぜ合わせると釜玉うどんの完成。混ぜてる時から、チーズの粘り気がすごいです。味は、まさしく和風なカルボナーラうどんという感じで、濃厚なチーズと玉子の絡みがすごくて、ペッパーが後味を引き締めてくれます。結構お腹にずっしりと来る濃厚な味わいで楽しい一品です。

おむすびの方は、梅も酒も外に見えている部分だけでなく、中にもしっかりと具が入っています。ごま高菜の方は、シンプルですが良い感じの塩加減で食べやすいおむすびでした。

丸亀製麺さんは、期間限定品が多くあるので、ついつい立ち寄ってしまいます。また気が向いた際に再訪したいと思います。

↓明太チーズ釜玉(並)
191206-1.JPG

↓明太チーズ釜玉・混ぜたところ
191206-2.JPG

↓鮭、梅、ごま高菜むすび
191206-3.JPG
posted by たぬき at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年12月04日

一心食堂@京都府木津川市相楽台

イオンモール高の原のフードコートに新しくオープンしたお店「一心食堂」さんです。この日は、平日の仕事後に訪れました。こちらのフードコートは休日は混雑しますが、平日は比較的すいていることが多いです。

お店は、男性の方2人が調理、盛り付けなどを担当され、アルバイトと思われる女性が接客されていました。こちらの接客が、笑顔かつ丁寧で、とても良かったと思います。

こちらは定食屋さんとなっていて、580〜880円で定食が食べられます。鶏の唐揚げ、鯖の塩焼き、鯖の煮つけ、鶏と野菜の天ぷら、鶏南蛮、鉄板チキンステーキ、鉄板焼肉の各定食があり、ごはん、味噌汁、小鉢一品、漬物が付いてきます。ごはんは大盛り無料です。

この日は、鶏の唐揚げ定食(8個)680円を注文。唐揚げの個数で値段が変わり5個だと580円です。注文すると、比較的早くに料理が提供されます。サラダのドレッシングは数種類用意されているので、料理を受け取った際に自分でかけます。

定食はシンプルな見た目で、鶏唐揚げが8個ごろごろと。それにサラダ、漬物、小鉢は五目ヒジキでした。あとは味噌汁とごはん。

鶏の唐揚げは、揚げたてで、とてもジューシー。大きさも程よくボリューム感があります。シンプルですが外れのない味付けでスタンダードに楽しむことができます。

小鉢の五目ひじきは、少なめなのが残念なところ。味付けは優しいもので食べやすかったです。逆に意外と良かったのは味噌汁で、豆腐、揚げ、わかめの具が意外とたくさん入っていました。

全体的には、無難な味わいでお腹を満たすことができるお手軽な感じが良かったです。またこのボリューム感で価格もお手頃だと思います。こちらのフードコートは、多くのお店が入っていますが、和風な定食を提供するお店はなかったので、意外と重宝するかなと思いました。

↓鶏の唐揚げ定食(8個)
191204-1.JPG
posted by たぬき at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年12月02日

丸亀製麺・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

丸亀製麺のイオンモール高の原店です。この日は、平日の仕事後に訪れました。この日は1日で、偶然通りかかると毎月1日の釜揚うどん半額デー、思わず食べることにしました。さすがに釜揚うどん半額デーとのことで、多くはありませんでしたがお客さんが並んでおられました。

お店はイオンモール高の原のフードコートの中にあります。多くのお店がある中で、人気のある店舗だと思います。フードコートにしては、接客などもトレーニングされていて、丁寧なものです。

システムは最初にうどんを注文して、受け取り、好きな天ぷら、おにぎりなどを取って、支払いするものです。フードコート店は、実店舗と比べると若干天ぷらの種類が少ないのがネックですが、それでも豊富なメニューがあります。

この日は、釜揚げうどん(並)140円(半額)、かしわ天150円、ちくわ天120円、合計410円を注文。釜揚げのだしにネギを入れるか聞かれましたので、入れていただきました。

釜揚げうどんは、しっかりと角の立った綺麗なおうどんです。こちら、麺そのものをいただくと、表面のぬめっとした舌触りと噛むとしっかりとした弾力が心地よいもの。おだしは和風な味が効いた旨味たっぷりのもので、素直に食べやすいものです。並でもうどんの量がたっぷりで食べ応えがあります。

ちくわ天、かしわ天は、いつもながらに揚げたて感がしっかりしていて食感が良いもの。かしわ天はボリュームも多く、脂が多すぎず食べやすいものでした。

丸亀製麺さんを訪れると、ついつい限定メニューを食べてしまいますが、このようなレギュラーメニューもレベルが高く、さらに価格も安いのでお得に感じます。また丸亀さんはリピートしてみたいと思います。

↓釜揚げうどん(並)
191202-1.JPG

↓ちくわ天、かしわ天
191202-2.JPG
posted by たぬき at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年11月30日

銀麺@兵庫県洲本市安乎町平安浦

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

淡路島の洲本市のラーメン店「銀麺」さんです。この日は日曜日のお昼時に訪れました。人気店なのか待ち客がおられましたが、私の前が15人くらいの団体客さんで、そのためかもしれません。普段も混雑するのかは分からないところです。

お店は、洲本市の北東部、淡路市との境に近い場所にあります。赤と黒を基調としたシックな外観で目立ちます。お店の横と、奥の方に駐車場が完備されています。

店内入ると、すぐのところに食券機があり最初に購入するシステムです。店内は広々としていて清潔感があります。カウンター席、テーブル席が多くあり、そこそこの人数が入ることができそうです。特徴的なのはカウンター席で、一席ごとに仕切りがあり、一蘭の味集中システムのようになっています。お店の方の接客も庶民的で丁寧なものでした。

ラーメンメニューは、こってり、あっさり、塩とんこつ、黒玉の4種で、トッピング、サイズで値段が変わるようになっています。単品は、焼飯、餃子、ライスがあるくらいでシンプルな構成です。薬味や特製ニラ壺は、無料サービスとなっていて、店内中央カウンターに置かれています。

この日は、こってりチャーシュー980円の味たまごトッピング+100円を注文。

しばらくすると登場するラーメンは、いわゆる花びらチャーシュータイプで迫力があります。白濁したスープには背脂がたっぷりと、わずかに唐辛子が浮いています。トッピングはチャーシュー、味玉、ネギ、メンマです。

スープをいただくと、濃い目の鶏豚骨。とてもまろやかで、鶏特有のゼラチン質の粘度、豚骨のコクも感じる高レベルのスープです。ほんのりとした甘さがあり、たっぷりの背脂と調和しています。

麺は低加水の細麺ストレートを使用されています。やや柔めかなと思える茹で具合で、しっとり感と、心地よいコシが両立しています。濃厚なスープとの絡みも良いものです。

チャーシューは、薄切りのばら肉がたっぷりと入っています。薄味で濃厚なスープを邪魔しないもので、柔らかくジューシー。量もたっぷりなので食べ応えがあります。味玉も黄身がとろける食感、しっかり味も入っていて高レベルでした。メンマは、とても甘い味付けで、この一杯の中では浮いた印象がありました。

初めて訪れた銀麺さんですが、なかなか高レベルの濃厚な一杯がいただけるお店だったと思います。淡路島にはラーメン店が少ないのですが、ラーメンを食べたいときには、素直におススメできるお店だと思います。

↓こってりチャーシュー+味たまごトッピング
191130-1.JPG

↓チャーシュー
191130-2.JPG

↓麺とスープ
191130-3.JPG

↓お店の外観です。
191130-4.JPG
posted by たぬき at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@兵庫

2019年11月27日

アサヒ製麺@京都市下京区西七条赤社町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

五条御前を南に下ったところにあるラーメン店「アサヒ製麺」さんです。比較的新しいお店のようです。この日は、日曜日の11時台に訪れました。それほど混雑しておらずお客さんは私含めて2人だったと思います。

お店の外観は、白と赤の「中華そば」の暖簾が目印となります。お店の前に数台停められる駐車場が存在しました。

店内は、広々としていて、カウンター席、テーブル席が並びます。ラーメン酒場と名乗っておられるようで、夜は居酒屋兼ラーメン屋という形態になるようです。お店の方の接客は庶民的な雰囲気でした。

ラーメンメニューは、京都醤油ラーメンが基本でサイズとトッピングで値段が変わるようになります。他に辛コクラーメンが存在します。またラーメン、ライスと単品を組み合わせた定食メニューや、居酒屋メニューも豊富に存在します。また漬物、高菜、フライドオニオン、もやしナムルなどがサービススペースで無料サービスとなっています。

この日は、肉増しラーメン(並)800円を注文。

しばらくすると登場するラーメン。やや黒色がかった澄んだ色合いの醤油スープにネギ、もやし、チャーシューが、たっぷりトッピングされています。見た目は、新福菜館、第一旭、藤の系統の京都の王道系ラーメンです。スープの色は新福さんほど黒くはありませんが、第一旭、藤よりかは黒がかってます。またスープにわずかに唐辛子が浮いているのも特徴的です。

スープをいただくと、動物系のコクは控えめですが、バランスの良い醤油の味付けで完成度が高いです。唐辛子が浮いている分、後味がしっかりと引き締まります。臭みも感じず、旨味たっぷりなのに、とても飲みやすい仕上がりとなっています。

麺は低加水の中細ストレート麺を使用されています。第一旭、藤と比べると若干細身の麺で、茹で具合は普通くらいです。製麺屋さんが異なるのかもしれませんが、しっとりとした食感は京都のラーメンらしい慣れ親しんだものでした。

チャーシューは、薄切りのものを使われています。こちら赤身、脂身バランスよく使われているのですが、若干パサパサ感があり硬めだったのが残念なところ。しかしながら量はたっぷりで食べ応えありました。

初めて入ったアサヒ製麺さん。京都の王道とも言えるスタイルの醤油ラーメンで、スープのレベルも高いものでした。この系統の味は、個人的には好みですので、長く続いてほしいなと思います。

↓肉増しラーメン(並)
191127-1.JPG

↓チャーシュー
191127-2.JPG

↓麺とスープ
191127-3.JPG

↓お店の外観です。
191127-4.JPG
posted by たぬき at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2019年11月25日

一蘭・京都烏丸店@京都市下京区立売中之町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

博多ラーメンのお店「一蘭」さんの京都烏丸店です。この日は、土曜日の11時ごろに訪れました。朝早くからオープンしている一蘭さん、近年は海外のお客さんで溢れているので、どうかな・・と思っていましたが、空席が多くすぐに座ることができました。

お店は、四条通沿い、柳馬場と堺町の間にあります。ビルの2Fに立地し、赤と緑の一蘭の暖簾、看板が目立ちます。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内に入ると最初に食券機があり購入するシステムとなっています。そのあと座席のある部屋に移動しますが、そちらは一蘭独特のカウンター席のみ。そしてカウンター席は隣席との間に仕切りのある「味集中システム」という特徴的な空間です。

カウンターに座ると、目の前に店員さんが来られますので、食券を渡し、好みの味を記入したオーダーシートを渡すシステムとなっています。

メニューは、基本のラーメンが930円。トッピング等で値段が変わるようになっています。替玉は210円、半替玉150円です。コスパは正直いまいちだと思います。単品は、ごはん、煮込み焼豚皿、抹茶杏仁豆腐などが存在します。

この日は、基本のラーメン930円、それといつも通りチャーシューメンにしようかと思ったのですが、一蘭のチャーシューは小ぶりだからなと思って、煮込み焼豚皿490円を注文しました。オーダーは、味の濃さだけを「こい味」にし、他は普通。ネギは青ネギでお願いしました。

しばらくするとラーメン、煮込み焼豚皿が提供されます。煮込み焼豚皿には赤唐辛子が付いてきます。

ラーメンは白濁した豚骨スープに、チャーシュー、ネギがトッピングされ、赤い秘伝のタレが真ん中に乗せられています。

スープをいただくと、豚骨のコクもしっかりとしていますし、塩分も程よい効き具合でバランスの良い仕上がり。濃すぎないのですが旨味はたっぷり。同じ博多系のチェーンでは一風堂さんの方が好みだったのですが、あれ?一蘭こんなに美味しい豚骨だっけ?と思うほど、とても美味しいバランスの取れた豚骨スープだったと思います。

それと赤い秘伝のタレは結構、辛味が強く、後味が引き締まる印象です。個人的には豚骨スープの仕上がりがとても良いので、秘伝のタレはなくても良いかもと思いました。

麺は、細麺ストレートを使用されています。普通より若干柔らかいかもという茹で具合でしたが、個人的には好みの硬さでした。博多らしいコリコリ食感を楽しみたい方は硬めで注文すると良いかもしれません。

チャーシューは小ぶりの赤身のものが数枚で、味は薄味です。やはりチャーシューは存在感が薄いかなと思います。

一方の煮込み焼豚皿。こちらは赤身、脂身のバランスの良い豚肉がたっぷりで、甘辛く味付けされています。添えられる赤唐辛子は、それほど辛さが強くないので、適度に振りかけても良い味わいを楽しめます。ボリュームもそこそこあるので肉好きの方は、このメニューありかなと思いました。

久しぶりに訪れた一蘭さん。豚骨スープは、これまでの印象よりもとても仕上がりが良く、焼豚皿の味もお酒に合いそうな一品で良かったです。コスパが悪いのがネックですが、美味しい豚骨を食べたいときは、また訪問したいなと思えるお店です。

↓ラーメン
191125-1.JPG

↓チャーシュー
191125-2.JPG

↓麺とスープ
191125-3.JPG

↓煮込み焼豚皿
191125-4.JPG

↓お店の外観です。
191125-5.JPG
posted by たぬき at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都