2017年03月09日

丸亀製麺・河原町三条店@京都市中京区河原町三条下る大黒町

丸亀製麺の河原町三条店です。この日は平日の夜に訪れました。

お店の前を通ると「同志社大学高橋ゼミ企画」と書かれた限定の「豚しゃぶ西京みそだれうどん」と言うのがありました。気になったので、これを食べるために吸い込まれるように店内へ。気になって後に調べてみると、この店舗限定の期間限定メニューのようですね。

店内は、こじんまりとしたスペースで、カウンター席が中心となっています。接客は素朴で庶民的な印象です。

こちらも他の丸亀製麺さんと変わらず、うどんを注文し、好きな天ぷらやおにぎりなどを取って精算するシステムです。

この日は、豚しゃぶ西京みそだれうどん(並)640円、ちくわ天110円、ほっけ天150円を注文。

豚しゃぶ西京みそだれうどんは、豚肉、しめじ、白菜などが盛られたうどんにゴマ、ねぎがたっぷりとかかっています。ラー油を渡されて、ご自由にかけてくださいとのことです。

この風味が、これまでの丸亀製麺さんと比べるとかなり独特。西京みそ特有のコクと甘みがあって、ゴマの風味もあり個性的。豚肉もバラ肉なので、脂身が多めで柔らかく甘さに調和しているように思います。まったりとした西京みその味が、後まで引く感じです。

そのため、ラー油をかけると引き締まり、絶妙のバランスになります。しめじやゴマの風味もよく、食べていて個性的ながらも悪くない印象。全国的に受けるかはわかりませんが、これまでの丸亀製麺の期間限定メニューと比べると一線を画す個性が光る一品でした。

ちく天、ほっけ天は、いつも通りサクサク食感で素晴らしいと思います。ほっけは、身も柔らかくなかなか良いなと思いました。

こちらのお店、街中にありますのでサクッと食べるのにも良いお店だと思います。さらに、今回のような独自のオリジナルメニューが常にあるのであれば、それを目当てに訪問するのも楽しそうです。

↓豚しゃぶ西京みそだれうどん(並)
170309-1.JPG

↓ちくわ天、ほっけ天
170309-2.JPG

↓メニュー:豚しゃぶ西京みそだれうどん
170309-3.JPG
posted by たぬき at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年03月08日

パンブローカフェ・木津川店@京都府木津川市州見台

パンブローさんの木津川店です。この日は休日のお昼時に、訪れました。

お店は、州見台の木津川ガーデンモールの1F、アルプラザの近くにあります。パンブローさんは、奈良県や京都南部、大阪などでチェーン展開されているパン屋さんです。

店内はほぼパンの販売スペースで占められていますが、4つほどの小さなテーブル席が存在し、店内で食べられるようになっています。

この日は、芋と豆のフランス、カレードーナツ、キノコシチューピザを取りました。合計600円ほどだったかな。600円超えるとコーヒーなどドリンクが紙コップ2杯無料になりますので、アイスコーヒーを2つお願いしました。

味自体は、素朴な雰囲気のパンなのですが、カレードーナツは揚げたてだったこともあり熱々。そしてカレーもスパイスが効いた濃いめの味わい。強い味わいでインパクトのあるものです。

芋と豆のフランスは芋と豆の甘みが適度に良く出ていて、フランスパン自体の食感も良く、ボリュームもあるので食べ応えはありました。キノコシチューピザは、ごく普通な印象です。またコーヒーも、無難な印象です。ただ2杯もらえるのはうれしいところですね。

こちらのお店、スペースは狭いのですが、気軽にパンをいただけますので、買い物ついでに今後も使うことはあるかなと思います。素朴な味わいのパンですが、また気が向いたときに買ってみたいと思います。

↓芋と豆のフランス、カレードーナツ、キノコシチューピザ
170308-1.JPG
posted by たぬき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年03月06日

丸亀製麺・大津坂本店@滋賀県大津市下阪本

丸亀製麺の大津坂本店です。こちらの店舗は丸亀製麺の中でも比較的混雑が多いお店のように思います。

この日は、季節限定でされていた「鴨ねぎうどん(並)」620円を注文。それとアジフライ160円、ほっけ天150円を取りました。

鴨ねぎうどんは、かけうどんに、鴨肉、焦がしねぎ、刻み柚子がトッピングされています。

こちら、かけうどんの基本のおだしからアレンジしたものを使用されているとのこと。鴨の旨みと、焦がしねぎの香り・旨みが旨く溶け込んでいて、非常にコクがあります。また柚子の爽やかな香りが良いアクセントになっています。この日はとても寒い一日でしたので身体が温まりました。

うどんは丸亀さんらしい、コシのある、きれいに角が立ったタイプで安心感があります。そして何より鴨肉。これが適度な厚さがあり、さらに柔らかさも十分。丸亀のおうどんにしては高めのメニューなのですが、この鴨肉の味わいなら、安く感じるなと言ったところです。

ほっけ天は、丸亀さんで初めてかも。予想よりもあっさりとした感じがしましたが柔らかかったです。アジフライはスタンダードな味わいですが、身が大きく満足できました。

何度行っても、季節限定メニューもあり楽しめる丸亀さん。また再訪することになりそうです。

↓鴨ねぎうどん(並)
170306-1.JPG

↓ほっけ天、アジフライ
170306-2.JPG
posted by たぬき at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年03月05日

ロイヤルホスト・堀川五条店@京都市下京区醒ヶ井通六条上ル佐女牛井町

ロイヤルホストの堀川五条店です。この日は平日の15時前後の中途半端な時間帯に訪れました。入った理由は、車でしたので通りがかりに駐車場があったことです。

お店は、堀川通沿いの南下レーンに沿ってあります。ロイヤルホストらしい外観で、1Fが駐車スペースです。

店内はファミレスらしいゆったりとした造りです。時間帯も食事時とは離れていましたので、お客さんも少な目でゆったりとしていました。それと、こちらのお店、接客がとても丁寧で好感が持てるものでした。

メニューはロイヤルホストらしくハンバーグ、ステーキを中心とした洋食系が多く並んでいます。

この日は、フェアメニューも気になったのですが、普通のグランドメニューの中から、ハンバーグ・チキン・ソーセージのミックスグリルを選び、それのロイヤルセットにしました。価格は1600円くらいだったと思います。ハンバーグは、ロイホが良く宣伝している国産和牛の黒・黒ハンバーグではなく、オーストラリア産ビーフの価格が控えめの方です。

ロイヤルセットはオニオングラタンスープもしくは自家製テリーヌとパンまたはライス、ドリンクバーが付くというもの。選択はライスと、自家製テリーヌにしました。

最初にテリーヌが提供されるのですが、野菜をふんだんに使ったものでした。彩りが美しく、ナス、ブロッコリー、カボチャ、ニンジン、トマト、インゲン、などが散りばめられ、アクセントとしてスモークサーモンが入っています。とてもあっさりとした爽やかな味わいですが、サーモンが入っていることで味の変化を楽しめます。食感もとても心地よいものでした。

ミックスグリルは、ハンバーグ用にデミグラスソースが付き、ソーセージ、チキンが乗っています。ハンバーグは以前食べたことのある黒・黒ほど感動はないものの、シンプルで食べやすいものです。ソーセージはハーブが効いている香りが豊かなタイプで、アルコールとも合いそうでした。チキンはあらかじめ照り焼きソースが付けられていて、食感も良く、なかなかのものです。全体的に、食べやすくソースが美味しいので、ライスともよく合うものでした。

久しぶりに訪れたロイヤルホストですが、こちらのお店は落ち着いた雰囲気で接客も良く満足できました。味も失敗がないので、安心して入れるレストランだと思います。

↓ハンバーグ・チキン・ソーセージのミックスグリル
170305-1.JPG

↓自家製テリーヌ
170305-2.JPG

↓ライス、アイスコーヒー
170305-3.JPG
posted by たぬき at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年03月04日

ラーメン丸久@京都市伏見区中島河原田町

おすすめ度:★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

鳥羽離宮跡公園の近くにあるラーメン店「丸久」さんです。ずっと気になっていたので、この日は日曜のお昼時に訪れました。

こちらのお店の外観、お店の前のテント看板も破れていて、訪れた際には閉店されたのかな?と思いました。ところがお店の前まで行くと「あんしんしてください!営業しています」と手書きで書かれた札が小さくかかっています。なんか自虐的です。私は徒歩で行ったので駐車場があったかは確認を忘れました。

お店を開けるとカウンター席、テーブル席が並ぶ、昔ながらの中華店、兼、喫茶店のような独特の雰囲気。暗めなのですが愛想のとても良い店長さんが接客くださいます。この日は寒かったので、ヒーターを持って来てくださったり、いろいろと気配りくださいました。

メニューは、ラーメンが530円からでトッピングなどで値段が変わるようになっていますが、高いものでも630円。他に焼きめし、焼きそば、オムライス、カレーライス、スパゲッティ、牛丼。あと、ハンバーグ定食があったり、焼鳥があったり、和洋中豊富なメニューで、いろいろな使い方が出来そうです。

またセットは、ラーメンとオムライスとか、ラーメンとカレーライスというような、合うような合わないような組み合わせのものがいくつかありました。

この日は、チャーシューメン630円を注文。

しばらくすると登場するラーメン。濃いめの色合いの醤油スープにネギ、ワカメ、モヤシ、チャーシューがトッピングされています。スープの表面は脂が多めに浮いています。見た目は昔ながらの醤油ラーメンと言う印象です。

スープをいただくと、最初は、ほんのりと甘い味わい。ただ後味にネギから来るのか渋みのようなものが感じられ、引き締まっています。醤油も濃すぎず、程よいバランスがあります。

麺は、ややカールしたような中細麺を使用されています。昔ながらの中華麺という感じで柔らかく、個人的には好みでした。

チャーシューは小さめのバラ肉を使われています。濃いめに味付けられたバラ肉は脂も落とされていて、やや硬い感じです。ただ味もしっかりと染みていて、スープに負けず存在感があります。

全体的にオーソドックスな醤油ラーメンですが、優しく飽きの来ない味わいだなと言う印象でした。こちらは店長さんの接客も優しく居心地が良いので常連になれば、ついつい使ってしまいそうな雰囲気があります。価格も安く良心的なラーメン店だと思います。

↓チャーシューメン
170304-1.JPG

↓チャーシュー
170304-2.JPG

↓麺とスープ
170304-3.JPG

↓お店の外観です。
170304-4.JPG

↓メニュー
170304-5.JPG

↓あんしんしてください!営業しています
170304-6.JPG
posted by たぬき at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年03月03日

丸醤屋・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

丸亀製麺などで有名なトリドールさんが経営されているラーメン店「丸醤屋」さんのイオンモール高の原店です。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。個人的には、フードコートに入っているラーメン店としてはレベルが高いなと。最近、訪れた登美ヶ丘のお店でも思いました。

この日、お店の前に行くと、丸醤屋の基本的な醤油、味噌、醤油豚骨などのラーメンの他に、丸醤ブラックというメニューが加わっていました。期間限定なのかな?さらにチャーハンも、普通タイプと黒醤油チャーハンが。思わず食べてみようと・・

ということで丸醤ブラックと、黒醤油チャーハンのセット1280円を注文。空いていたこともあり目の前で調理を見ていましたが、丸醤ブラックは調理がめんどくさそうですね。

黒醤油ダレを器に入れ、そこにベースの鶏ガラ?かなと思えるスープ。こちらのお店は鍋でしっかりスープを仕込んでおられましたね。麺を入れ、その上に炒めもやしをたっぷり山状に乗せ、頂上を富士山のように窪ませ、そこに温玉。山を囲うようにチャーシュー3枚。さらにネギとマー油をかけられました。混雑時には、とてもめんどくさそう・・と思いながら眺めていました。

受け取り、席に着きます。スープの色は、程よい黒さで、炒めたモヤシとマー油の香りが食を誘います。

スープをいただくと、黒とかブラックという名前から想像する醤油がガツンと効いたものではなく、非常にまろやか。マー油のコクが意外と効いていて絶妙な味に仕上がっています。途中温玉を割ると、玉子の味も合わさり、さらにマイルドに。

麺は低加水の細麺ストレートを使用されており、程よい食感に仕上がっています。炒めモヤシと合わせていただくと食感にも変化が楽しめます。

チャーシューは、登美ヶ丘店でいただいたときの感動と比べると、若干薄切りで物足りなく思いましたが、それでも大判のものを使われています。赤身ですが柔らかさもあり悪くありません。

そして黒醤油チャーハンですが、こちらはラーメンと異なりストレートに力強い醤油味を感じられるものです。パラパラ感もよくインパクトの残る一品でした。

丸醤屋さんは、フードコート出店が多いのですが、とてもレベルが高くて、店舗出店も増えないかなと思うチェーンです。また気が向いたときに食べてみたいと思います。

↓丸醤ブラック
170303-1.JPG

↓チャーシュー
170303-2.JPG

↓麺とスープ
170303-3.JPG

↓黒醤油チャーハン
170303-4.JPG
posted by たぬき at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年02月22日

MILAN・京田辺店@京都府京田辺市宮津宮ノ下

MILANの京田辺店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。MILANさんは、京都南部、大阪、奈良北部の県境付近に多く出店されていて、私もそのうち3店舗は入ったことがあります。こちらは昨年オープンされて気にはなっていましたが、この日初めて訪問しました。

お店は、近鉄宮津駅の近くにあります。他のMILANさんと比べて綺麗な外観で、お店の前に多めの駐車場も完備されています。

店内も広々としていて綺麗。テーブル席が多く並びます。お店の接客は、インド・ネパール系の方と日本人スタッフがされていましたが、とても丁寧なもので良かったと思います。

昼のランチメニューは一番安いAランチ850円からサイドメニューやカレー、ナンの種類などにより値段が変わり、最も高いものはプレミアムコースで1800円。基本のプレーンナンはおかわり自由で、スペシャルコース、プレミアムコースで注文したグループは、その他のナンも無料になるようです。

この日は、ミランコース1280円にしました。内容は、サラダ、スープ、タンドリーチキン、カレー2種類。カレーはダルパラック(インド豆とほうれん草)、マトンカレーを選択、辛さは2辛(普通程度)にしていただきました。プレーンナンとライスから選べたので、プレーンナンをお願いしました。ドリンクはラッシー。あと、この日は食後にデザートとしてマンゴープリンがサービスで付けてくださいました。

タンドリーチキンは、2人で訪れたので2人分が同時に鉄板で焼かれた状態で熱々で登場します。他に2種類のカレー、スープ、ナンなども遅れて登場します。

タンドリーチキンには、野菜のソースがお好みでということで付いてきます。タンドリーチキン自体は大きくそこそこスパイシー。とてもジューシーでなかなかのもの。野菜ソースを加えると、少しまろやかな美味しさも加わる感じです。

カレー二種類は、2辛でも普通程度の辛さです。どちらかと言うとマトンカレーの方がスパイシー。どちらも小さな器に見えますが深さがあり量はあります。ナンを追加しても十分な量です。どちらもやわらかなドロ系で、ダルパラックは、比較的甘さもありまろやかな仕上がりです。マトンには大きなマトン2つがゴロリと入っていて食べ応えがありました。

プレーンナンはふんわり感と、焼き加減がちょうどよい感じです。ものすごく大きくないので、2枚くらい食べると丁度良いかなと思いました。スープはコンソメ味の野菜スープで濃いめの味付けで個性的です。

MILANさんは、どのお店も、安くでナンもおかわり自由で味も良し。満足度は高いと思います。こちらのお店は新規オープンと言うこともあり、お店の明るさ、清潔感も高く、これまで訪れた店舗の中でも良いお店だなと思いました。

↓ミランコース
170222-1.JPG

↓ラッシー
170222-2.JPG

↓マンゴープリン
170222-3.JPG

↓お店の外観です。
170222-4.JPG
posted by たぬき at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年02月21日

来来亭・生駒店@奈良県生駒市小明町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

来来亭の生駒店です。こちらのお店は初の訪問です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は168号線沿い、南田原町から東生駒駅方面に向かうレーン上にあります。外観は、来来亭の基本となる黄色の大きな看板が目立つものです。駐車場も完備されています。

店内も来来亭の基本形そのものでカウンター席と座敷が数席あります。来来亭さんは接客がやたら元気すぎるお店が多いのですが、こちらは適度な元気さと、細やかな気配りも効いていて好印象でした。

メニューは、基本の背脂醤油系のラーメンを中心に、味噌ラーメン、こってりらーめん、旨辛麺、葱ラーメン、塩ラーメンなどが並びます。また単品メニューも充実しており、それらとラーメンを組み合わせた定食メニューも多く存在します。

このお店では、こってりラーメン推しなのか、こってりラーメンのみ別のメニュー表に書かれていて、多くのお客様がこってりラーメンを注文されていました。

そのため、この日は、こってりチャーシュー840円を注文。濃さや背脂の量、麺の硬さなど好みを聞かれますが、すべて普通でお願いしました。

登場したラーメン。来来亭の基本のラーメンより白濁しており、さらに背脂がみっちりと埋まっています。スープには一味がわずかに浮いています。トッピングは、チャーシュー、ネギ、メンマとシンプルなものです。

スープをいただくと、鶏ガラの濃厚な旨みと、たっぷり敷き詰められた背脂の甘みが調和していて、素直に良いなという感想。こってりラーメン推しにしている理由が分かるなと思えるお店です。後味も一味がピリッと効いていて引き締まっており、なかなか好印象です。

麺は細めのストレート麺を使用されています。柔らかさと食感を両立していて食べていて楽しいものです。

チャーシューは柔らかめのものが多めに使われています。ボリューム的には来来亭さんとしては普通な感じですが、濃いめのスープと麺と合わせて食べると旨いを楽しめます。

こちらの来来亭さん、初めて訪れましたが、こってりラーメンはとてもレベルが高かったと思います。雰囲気も良く、次回は別のラーメンを試してみたいと思います。

↓こってりチャーシュー
170221-1.jpg

↓チャーシュー
170221-2.jpg

↓麺とスープ
170221-3.jpg

↓お店の外観です。
170221-4.jpg
posted by たぬき at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2017年02月20日

無添くら寿司・木津川店@京都府木津川市州見台

くら寿司の木津川店です。過去にも複数回使用してことがありますが、この日は、日曜日のお昼時に訪れました。日曜のお昼時と言っても11時前後に訪れると空いています。

この日は以下のものを食べました。

〇ふぐ三種盛り(ふぐ、焼きふぐ、ふぐ皮湯引き軍艦)、中トロ、大とろ、さんま、とろコハダ酢〆、ふぐの唐揚げ
フグはフェアされていたので取ってみました。鮮度もそこそこ。あっさりしながらも食感、旨みが良いものがあります。ふぐの唐揚げは、やはり旨いですね。車でなければ飲みたい気分になります。中トロ、大とろともに、この値段ならアリと思えますし、とろコハダ酢〆が脂の乗りも良く満足度高かったです。
170220-1.JPG

〇すしやのシャリカレー
一度食べてみたかったので挑戦。大きさは、それほどでもないので腹ごしらえ程度に良さそうなボリューム。カレーのルーは、程よいスパイスでコクもあり上々。甘いシャリと意外なほど合います。わざわざ食べに来ようとまでは思わずとも、話題作りに一度食べて意外と美味しいと思う人は多いように思います。
170220-2.JPG

〇まぐろ香味ぽん酢、焼とろさば、たら白子ジュレポン酢、貝柱ねぎ塩
まぐろは、少し炙りが入ったような感じでぽん酢と合わせてあっさりといただけます。貝柱は、塩味が強めでやや単調かな。焼とろさば、たら白子ジュレポン酢は、そこそこ柔らかみもあり行ける感じがしました。
170220-3.JPG

くら寿司さんは、サイドメニューに豊富な創作品が多いので、なんどでも楽しめますね。また入りたいと思います。
posted by たぬき at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年02月19日

京都マラソン2017

昨年も出場した京都マラソン。今年も当選したので出場することに。天気予報は、たしか最高気温8度くらいで曇り予報。服装に迷ったけど、ロングTの上に半袖Tを重ね着することにする。

昨年と同じく6時半くらいには西京極についてハンナリーズアリーナの開場を待ち着替えることに。この大会は着替え会場にゆとりがあるし、荷物預かり、スタートまでコンパクトで良いなと思います。

スタート待ちをしているとアナウンスがあり、すでに気温が10度とのこと。肌寒かったけど、本当?とか思いながら服装を間違えたかなと・・今年の目標は去年のタイムより少しでも上にと思い走り始めました。

去年同様、5kmくらいまでは大混雑で、それほどスピードが出ず、5km通過地点で27分くらいだったかと思います。その後、20km位まで適度なアップダウンがありますが、常に24分/5kmくらいで走りました。走っている間、陽が照ると暑いのですが、すぐに雲がかかるので、服装自体は間違ってなかったかなと思いつつ走りました。

その後、意外とスピードも落ちず40km地点くらいまで、ほぼフラットペース。ただ、時計を見ていると去年のタイムより若干遅れ気味です。ゴール後に確認したところ、昨年は、23分/5kmを続けて35kmくらいから失速しているようですが、昨年の方が前半の貯金分早いようでした。結局ゴールは、3時間半は切ったものの、昨年よりわずかに遅いタイム。

ただ、ほぼフラットペースで走り切ることも出来ましたし、個人的には、そんなに悪くはないかなと。納得の結果でもありました。

ゴール後もコンパクトにまとまっていますし、係の方の雰囲気も素晴らしく、コースが若干狭いなとは思いますが、良い大会だなという印象です。また当選することがあれば走ってみたいと思います。

↓完走メダルと完走タオル
170219-1.JPG

170219-2.JPG
posted by たぬき at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ