2017年01月21日

居酒屋つのふり@奈良市東向南町

近鉄奈良駅近く、東向商店街の地下にある居酒屋さん「つのふり」さんです。移転される前、シネマデプト有楽の近くにあったときに利用したことがあるのですが、それ以来、久しぶりです。この日は大きなイベントがあったためか、日曜日の昼間から営業されていて、昼飲みが可能でした。

店内は、完全個室性になっています。雰囲気も落ち着いた印象でよく、ゆったりと飲める空間でした。店員さんの接客も、とても丁寧だったと思います。

メニューも、よくある居酒屋さんのものという感じですが、比較的安価です。基本的に魚介が多く、それと奈良に関する食材、大和牛、大和ポークなどを使われたものが多い印象です。

この日は、おまかせ刺身6種盛合せ、3種クジラ刺身、大和牛の石焼ステーキ、それと、スタミナホルモン焼のようなものを注文しました。アルコールは瓶ビールを。クラシックラガーでした。

突出しから、とてもきれいな器に乗せられて、鴨や季節の野菜などを使った丁寧な料理が出されます。とても好印象。

刺身も予想外に厚切りでボリューミー。真鯛、白子もたっぷりと入っていますし、寒ブリも厚切り。満足のできる一品でした。鯨は、赤身、さえずり、ベーコンが入っていて、特にさえずりの柔らかさがたまらないものですね。こちらは酢味噌でいただくようになっていました。

大和牛は、鉄板で焼くように提供されます。脂がものすごく多い訳ではないのですが、柔らかみがあります。抹茶塩や、ぽん酢、もろ味噌でいただくようになっていますが、個人的には抹茶塩が一番お酒とも相性良くてよかったかなと思います。ホルモン焼は、半熟玉子を割っていただくと、とてもまろやかで、野菜も多くお腹が膨れる一品でした。

こちらのお店、移転後は初めて入りましたが、雰囲気もとてもきれいで、料理の質もほどほどによく、落ち着けるお店だったと思います。また使ってみたいなと思える質の良さがありました。

↓おまかせ刺身6種盛合せ
170121-1.JPG

↓3種クジラ刺身
170121-2.JPG

↓大和牛の石焼ステーキ
170121-3.JPG

↓大和牛の石焼ステーキ(焼いているところ)
170121-4.JPG

↓スタミナホルモン焼
170121-5.JPG

↓突出し
170121-6.JPG

↓瓶ビール
170121-7.JPG
posted by たぬき at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年01月20日

韓丼・奈良押熊店@奈良市神功

京都の「韓丼」さんが、奈良の押熊にお店を出されていたので、入ってみました。

お店は、押熊の中心交差点近く、以前家具屋さんだったところに出店されています。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は、もともとショールームなどに使われていたこともあり、明るくてきれい。お店入ってすぐのところに食券機があるので、そちらで買うようになっています。

メニューは、名物のカルビ丼、スン豆腐を中心に、ビビンバ、クッパやサイドメニューがあります。カルビ丼やスン豆腐にライスやサイドメニューなどを組み合わせたセットメニューも存在しました。

この日は、カルビ丼ミニ+スン豆腐セット980円を注文。スン豆腐は4種類の具(海鮮、和牛すじ肉、ホルモン、豚キムチ)から選択可能なので、ホルモンにしました。注文後に調理されるので、そこそこ時間がかかります。

そして登場したホルモンスン豆腐、カルビ丼ミニ。スン豆腐は石焼でぐつぐつ煮立っています。カルビ丼ミニは予想以上に肉が少ないなぁ。隣で肉増しのカルビ丼を食べていた方がいて本当に肉が山盛りだったので、残念な気分に。

カルビ丼は、肉こそ少ないのですが、タレが秀逸でコクがある濃厚な味わい。カルビも少ないものの、そこそこの柔らかさもあるので、ご飯が進みます。

スン豆腐は、豆腐、ホルモンのみならず、アサリも少し入っています。他にタマネギ、ネギ、シジミなどの野菜類、春雨などが入っています。味は、ピリ辛ですが、辛すぎずまろやかで頂きやすいもの。具は特にホルモンが、かなり少々入っている感じで残念かな。ただ、豆腐は大きなものがゴロリと使われていました。

今回いただいた、カルビ丼ミニ、スン豆腐ともに、味付はとても良かったのですが、もう少し具がたっぷりだとうれしかったかなと思います。隣の方が食べていた肉増しのカルビ丼がとても肉盛りで良さそうでしたので、次はそちらを試してみたいと思います。

↓カルビ丼ミニ+スン豆腐セット(ホルモン)
170120-1.JPG

↓お店の外観です。
170120-2.JPG

↓メニュー
170120-3.JPG
posted by たぬき at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年01月17日

ジョイフル・京都精華町店@京都府相楽郡精華町光台

ファミレスのジョイフルの京都精華町店です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、光台のアピタ前のレストランが集まった食彩プラザの中にあります。駐車場は完備されています。看板もあるので比較的わかりやすいお店だと思います。

店内は、いわゆるファミレスのゆったりとした席の配置で広々としています。接客は、コスパで売られているファミレスということもあり、店員さんの人数が少な目のようには思いましたが、素朴な接客態度だったと思います。

ジョイフルさんは、とにかくメニューが安いのが印象的。ハンバーグやグリルを使ったランチなども、500円ちょっとで食べられるものがほとんどのように思います。

この日は、洋風ツインハンバーグ590円を注文。内容は、チーズ&ペッパーのハンバーグとライスが付いてくるもの。ハンバーグ2つで、これは安いなと。

登場したハンバーグは非常にシンプルですね。片方にはチーズ&トマトが掛けられ、もう一つにはペッパーが振りかけられています。わずかに、ポテトとコーンなどが添えられています。ライス無料はうれしいところです。

このハンバーグ、ナイフを入れると、ものすごく肉汁が溢れ出てくるんですよね。おそらく何かを注入されているのだと思うのですが、それにしても、意外と旨いと正直思いました。意外と脂っこすぎるのかなと思いきや、肉もそこそこ旨みがあるし、焼き具合も良い感じ。個人的にはチーズ&トマトで味付けられているハンバーグより、シンプルなペッパーの方が肉の旨みを楽しめて良かったと思います。

ハンバーグが美味しいので、ライスも進みます。なんだかんだとすぐにいただいてしまえるランチメニューでした。

非常に安いジョイフルさんのメニュー。味もそこそこで、意外と楽しめると思います。ランチタイムなどにゆっくりとするのにも良いお店だと思います。

↓洋風ツインハンバーグ
170117-1.JPG
posted by たぬき at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年01月16日

麺酒房 文楽・奈良東向通店@奈良市東向南町

近鉄奈良近くの東向商店街にあります出石蕎麦のお店「文楽」さんです。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店は、東向商店街の中にありますので、分かりやすいと思います。店内は、落ち着いた空間となっています。カウンター席やテーブル席があり、一人客や大勢のお客さんにも対応できるようになっています。接客も素朴ながらも丁寧なものでした。

メニューは、出石の皿そばがメインですが、それ以外にも普通のおそば、丼物、一品料理など豊富にあります。昼からでも飲みに使えそうにも思いました。皿そばや、そばと単品をセットにしたメニューも豊富に存在します。

この日は、季節限定と書かれていました焼き鯖寿しと皿そば1400円を注文。

登場した皿そばは5皿で、薬味に生卵、ゴマ、ワサビ、ネギ、とろろ、たくあんなどが付いています。生玉子は、黄身と白身が分けられる器になっています。皿そばとは別皿で焼き鯖寿しも提供されます。

こちらのお蕎麦、濃いめの色合いです。蕎麦の風味もそこそこ良いように思います。コシも強めで麺の食感も良いものです。おつゆ自体は、とてもあっさりとした落ち着きのある味わいです。黄身を入れると、まろやかな味になります。この味わいが、お蕎麦と絡み合うととても美味しいですね。つるっと五皿イケてしまう感じでした。

それと、期待していなかった焼き鯖寿しですが、これがとても美味しくて・・ 鯖の脂の乗り方も良いのですが、アクセント的に入っているゴマの風味とかも香りが素晴らしく、もっとこの焼き鯖寿し食べたいなと思える内容だったと思います。

こちらのお店、奈良になぜ出石?と思える店舗ですが、味はしっかりとしていますし、個人的には良かったなと思えるお店です。観光ついでに立ち寄れる立地でもありますので、いろいろな方に使い勝手が良いお店だと思います。

↓皿そば
170116-1.JPG

↓焼き鯖寿し
170116-2.JPG

↓お店の外観です。
170116-3.JPG
posted by たぬき at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年01月15日

魔法のたまご・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

イオンモール高の原のフードコートに新しくオープンしました「魔法のたまご」さんです。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。

こちらのお店はフードコート入って右手の手前の方にあるので、分かりやすいと思います。以前、ハンバーグやさんだったところで営業されています。

このイオンモールのフードコートは、いつでも繁盛していますが、席もゆったりとした席が用意されていたり、壁側にはカウンター席があったり、用途に応じて使いやすくなっています。お店の方は、オープン間もないこともあり、不慣れな様子がありましたが、丁寧な接客でした。

メニューは、オムライスが500円台から存在し、ケチャップ、デミグラス、ミートソースなどのソースを選べるようになっています。ふんわりタマゴカレーオムライスは、やや高く700円台となっています。オムライスに付けるトッピング等も選択でき、それらにより値段が変わるようになっています。また後日、石焼ビビンバも販売されるようです。

この日は、ふんわりタマゴオムカレーの中から、カレーオムライス720円を注文。こちらオープンフェアで、半額の360円でいただくことが出来ました。

見た目はとてもシンプルなカレーソースのかかったオムライスです。カレーソースもシンプルなもので、わずかに牛肉が入っています。

ふんわりタマゴオムライスのふんわり感は、フードコートにしては、まずまずのところですが、記事が若干薄いかな。。と思いました。カレーの方の味付けもシンプルながら、若干のスパイシー感もあり、悪くないと思います。ボリューム的には、こんなものかな?という印象でした。

全体的には、とてもシンプルで想像に近いカレーオムライスがいただけると思います。個人的には、ここのイオンモールさんには、ポムの樹さんも入っておられるので、値段的に700円台だと、苦戦しないかな・・とは思いました。ただお手軽にいただけるフードコート特有の楽しさはあると思いますので、サクッとふんわりオムライスを食べたいときには使えるお店だと思います。

↓カレーオムライス
170115-1.JPG

↓メニュー
170115-2.JPG
posted by たぬき at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年01月04日

丸亀製麺・イオンモールKYOTO店@京都市南区西九条鳥居口町

丸亀製麺のイオンモールKYOTO店です。この日は日曜日の夕食時に小腹が減っていたのでサクッといただこうと訪れました。

お店は、イオンモールKYOTOのフードコート内にあります。こちらのフードコート、他のイオンモールと比較すると、空いているように思いました。この日だけ偶然だったのでしょうか。混雑もそれほどではなかったので席も取りやすく良かったと思います。

お店は、繁盛店ということもあるので多くの店員さんが切り盛りされていました。接客は、フードコート店としては普通な印象です。

メニューは、讃岐うどんによくあるメニューが一通りそろい、期間限定のおうどんもあります。好きなうどんを注文し、受け取り、天ぷら、おにぎりなど好みのものを取り精算するシステムです。

この日は、おろし醤油うどん(並)と、ちくわ天、まいたけ天、半熟たまご天を注文。おろし醤油うどんに使うだし醤油は精算時に渡されます。

おろし醤油うどんは、いわゆるおろしがかかった生醤油うどんです。うどん自体は丸亀さんらしく角の立った美しいうどんです。コシも良く、風味も良いものです。そこに出汁醤油をかけていただきます。出汁醤油も香りも良く濃いめの味わいで好みなのですが、この日残念だったのは、水切りが十分でなく、水で薄まっちゃうところでした。それがなければ爽やかで美味しいうどんだったのになと思いました。

天ぷらは、やはり安心でさすがの品ですね。特に、まいたけ天は大きくて串に刺された状態で出てくるのですが。本当にボリュームたっぷりで食べ応えありました。揚げたてのパリパリ感も良く、天ぷらだけでも楽しめそうなお店だと思います。

こちらは京都駅から近いので比較的使いやすい丸亀製麺だと思います。ショッピングついでの利用に、気軽にいただけるお店だと思います。

↓おろし醤油うどん(並)
170104-1.JPG

↓ちくわ天、まいたけ天、半熟たまご天
170104-2.JPG
posted by たぬき at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年12月29日

蓮@京都市伏見区深草一ノ坪町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

伏見稲荷の駅を降りてすぐのところに有るラーメン店「蓮」さんです。この日は日曜日のお昼時に訪れました。

お店は、本当に駅を降りてすぐのところに有ります。駅前のため店舗駐車場は存在しないようです。

店内は狭めで1Fはカウンター席のみ、2Fにも席があるようでしたが入りませんでしたので、どのような席かはわかりません。伏見稲荷が観光客であふれかえっているので店内もアジア系のお客さんが、かなり多かったと思います。お店の方の接客は、庶民的なものでした。

メニューは、つけ麺とらーめんで構成されています。どちらも全粒粉入りの麺を使用されています。らーめんの方は、鶏出汁を使用したスープのようです。それぞれトッピングで値段が変わるようになっています。また季節ごとに限定らーめんが存在するようです。

この日は、焼豚麺1000円を注文。

登場したラーメンは、濃厚そうな鶏ガラ醤油スープに、メンマ、ネギ、キクラゲ、チャーシューがトッピングされています。

スープをいただくと、鶏がら醤油味に魚介の風味も合わさっています。鶏ガラのコクがしっかりと効いた濃いめの味わいで、スープに若干のトロミも感じます。少し癖を感じるくらいの塩分の強さを感じますが、クドイほどではありません。力強いスープです。

麺は全粒粉入りの細麺を使用されています。食感がコリコリとしていて食べていて楽しい麺だと思います。スープとの相性も良いものです。

そしてチャーシュー。しっかりと味の入った、柔らかみのあるものが多く入っています。しかも大きめです。豚肉本来の味を楽しめるもので、レベルが高い一品です。量も多く満足度は高いです。

こちらのお店は、案内に英語、中国語等が記載されていて、観光客向けの店舗かなとも思いましたが、味は癖がありつつもしっかりしていたように思います。土日は観光客で満席状態が多いように思いますので、平日を狙っていくと良いかもしれません。

↓焼豚麺
161229-1.JPG

↓チャーシュー
161229-2.JPG

↓麺とスープ
161229-3.JPG
posted by たぬき at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2016年12月28日

大阪王将・東生駒店@奈良県生駒市小明町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

王将の東生駒店です。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店は、168号線沿いの南下ルート、東生駒駅へ向かう途中にあります。自動車のディーラーに囲まれたようなエリアで、スーパーのサンディと共同の駐車場を使われています。お店の外観は、大阪王将のお城の形のロゴが使われたか看板が大きく掲げられているので分かりやすいです。

店内は、入ってすぐのところに持ち帰りスペースがあります。店内はカウンター席とテーブル席が並びます。中華料理店としては比較的きれいで清潔感のある店内です。接客も庶民的で居心地の良いものでした。

メニューは、大阪王将の基本メニューがあり、中華料理が豊富に存在します。それと注文後に気が付いたのですが、東生駒店限定メニューもいくつかありました。こちらは、麺類が多く、中でも「東生駒店は手作りチャーシューが美味しい!」とアピールされ、チャーシューメンが数種類ありました。最初から気づいていたら、こちらにしたのにな・・と少し後悔。いつか注文してみます。

この日は、以前JR奈良店でいただいた極太麺シリーズが美味しかったので、極太味噌ラーメン780円と元祖焼餃子240円を注文。

極太味噌ラーメンは、かなり大きめの器で登場します。濃い色合いの味噌スープに、もやし、白髪ネギ、タマネギ、ほうれん草、豚肉、ゴマがトッピングされ、ほんのりとゴマの香りが漂います。またスープには辣油のような辛味油が浮いています。

そのスープの味わいは、味噌の風味がしっかりしていますが、程よい酸味と、ほんのりとした辛さがあります。酸味がそこそこ感じられ、それが個性的な味わいを出しています。濃すぎず意外と飲みやすい仕上がりとなっています。

麺は太麺ストレートを使用されています。モチモチとした食感がよく、さらに野菜類と合わさると食感の変化も楽しめます。JR奈良店では極太担々麺が美味しいなと思ったのですが、こちらの味噌ラーメンもスープが上々の出来で、やっぱり大阪王将の麺類、悪くないなと思いました。

餃子は、安心の味わい。ニンニクが効いて具だくさんな餃子は、カリッと焼かれていて、皮のパリパリ感も良い感じ。満足できます。

大阪王将は、値段こそ京都王将より高い感じがしますが、料理はより洗練されたものを提供されているように思います。料理の満足度も高く、いろいろな方に使いやすい中華料理店だと思います。

↓極太味噌ラーメン
161228-1.JPG

↓麺とスープ
161228-2.JPG

↓元祖焼餃子
161228-3.JPG

↓お店の外観です。
161228-4.JPG
posted by たぬき at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2016年12月27日

頑固麺@京都市伏見区深草西浦町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

伏見の人気ラーメン店「頑固麺」さんです。この日はお昼時、実は以前も訪れた人気うどん店に行くと行列でしたので、近場にあった、こちらに入りました。

お店は、以前「昭屋」さんがされていたところに出店されています。新しいお店かなと思っていたら、もう3年近く営業されているようです。お店の駐車場は街中のため存在しません。

店内は、昭屋さん時代と、ほぼレイアウトは変わってないのかな。カウンター席とテーブル席が少しあるこじんまりとしたスペース。暗めの店内で落ち着いた雰囲気です。

こちらのお店は食券制となっています。ラーメンメニューは、基本はドロドロ濃厚白湯スープとなっていて、鶏豚、ニボ鶏豚の二本立てに、特製メニュー(特製ソース付き、味玉、フライドオニオン入り)が存在します。特製ソースは、鶏ガラ・豚骨のペーストで、さらにスープを濃厚にするもののようです。他に数量限定で、醤油ラーメン、背脂醤油が存在します。単品メニューとそれらとラーメンを組み合わせたセットメニューも存在しました。

この日は、特製鶏豚780円のチャーシュー増し+200円を注文。

登場したラーメン、見るからに濃厚そうなスープに大判のチャーシュー、タマネギ、フライドオニオン、煮玉子、メンマ、ネギがトッピングされています。また別の器で特製ソースが提供されます。

スープをいただくと、鶏ガラ豚骨、それと野菜をとことん煮込んだような超濃厚スープ。天一のさらにこってり版という印象です。野菜がふんだんに使われていると思うのですが、ドロドロ濃厚系ですが、脂っこさやくどさがなく、とても飲みやすい印象です。またフライドオニオンや、大きめに切られたタマネギが良いアクセントとなっていて、スープに味の変化を与えてくれます。

麺は、低加水のストレート麺を使用されています。食感も程よく、好印象。スープがドロドロ系なだけに、すぐにスープがなくなっていく印象です。

途中で、特製ソースを投入すると、さらにドロドロ感が増します。鶏・豚の旨みがさらに濃縮されたような印象の味に変化します。

チャーシューは、ややレア気味の大判なものがたっぷりと入っています。こちらの脂分が少なめなので、濃厚なラーメンの中でも比較的食べやすい印象です。量もたっぷりで満足度は高いです。

何気なく入ったお店ですが、こってり系のラーメンとしては、かなり素晴らしい出来の一杯という感想です。こってり系が好みの方は訪れる価値のあるお店だと思います。

↓特製鶏豚+チャーシュー増し
161227-1.JPG

↓チャーシュー
161227-2.JPG

↓麺とスープ
161227-3.JPG

↓特製ソース
161227-4.JPG

↓お店の外観です。
161227-5.JPG
posted by たぬき at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2016年12月26日

手打そば 香吟@京都府木津川市州見台

木津川市の新興住宅地の州見台にある、お蕎麦屋さん「香吟」さんです。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店は、州見台の中心の通りの、くら寿司さんの向かい側あたりにあります。普通の住宅を改築されたような店舗ですが、色が朱色で目立ちます。お店の前に数台、車が停められるようになっています。

店内は、カウンター席が数席と、奥に座敷があります。最大で20人くらいは入れる感じかなと思いました。お店は、ご主人と奥様がされており、丁寧なものでした。

メニューは、冷たいおそばとして、ざるそば750円、温かいおそばとして、かけそば700円が基本で、トッピングや、量で値段が変わります。他にセットメニューもいくつか存在し、ご飯ものや、天丼などと組み合わされています。こちらはお得な価格帯です。

この日は、天ざるそば(大)1200円をお願いしました。注文後に作り始められるので、けっこう時間を待つことになります。

登場したお蕎麦、意外と大きな器です。天ぷらも予想より多めです。

こちらのお蕎麦は、そば粉9、つなぎ1の割合とのこと。かなり細めのお蕎麦です。まず、お蕎麦のみでいただくと、ほんのりとした蕎麦の香りが漂い、食感もそこそこ良い感じです。このお店のおつゆは、昆布などの和風だしの効いた甘めの仕上がりになっています。シンプルなワサビと白ネギのみの薬味ですが、ワサビを少し効かせると丁度良いかなという印象でした。

天ぷらの方は、野菜がシシトウ、カボチャ、人参、茄子、玉ねぎ、さつま芋など豊富で、それに海老天が2つ入っています。どれも揚げたてのサクサク感が心地よいですし、野菜も大きめ。満足のいくものでした。

こちらのお店、住宅街の中にありますが、落ち着いた雰囲気もあり、接客も優しく、ゆったりと過ごせるお店だと思います。ついつい、長居してしまいそうな雰囲気があります。

↓天ざるそば(大)
161226-1.JPG

↓お蕎麦のアップ
161226-2.JPG

↓お店の外観です。
161226-3.JPG
posted by たぬき at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ