2017年02月15日

ビッグボーイ・奈良平城店@奈良市押熊町

ビッグボーイの奈良平城店です。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。こちらの店舗でいただくのは、かなり久しぶりです。

お店は奈良平城店と言っても、ならやま大通り沿いの押熊のレストランが並んでいるエリアにあります。駐車場は完備されてます。

店内はファミレスらしく、ゆったりとしたつくりです。席もそこそこゆとりがあります。

メニューは、ハンバーグ、ステーキを中心に洋食メニューがいくつか存在します。曜日替わりのランチメニューも日曜日以外は実施されています。好みに応じてサラダ、スープ、ライス&カレー、ドリンクバーなどを付けることができます。

この日は、大俵ハンバーグ&角切りステーキ、サラダ、スープ、カレー、ライス、ドリンクバー付きをお願いしました。ハンバーグは150gで、ソースを4種類から選べたのでガーリックソースにしました。合計1700円くらいだったと思います。

ハンバーグを待つ間にスープバー、サラダバーなど好みのものを取ります。サラダは、それほど品目は多くないのですがデザート含め一通りあるので十分かな。カレー用には白米だけでなく、ターメリックライスも置いてありますので、そちらを取りました。スープも数種類から選べました。

カレーは、具がとても少ないですね。それとかなり甘口。お子様が多いからだと思いますが、もう少しスパイシーな方が好みかなと。

そして大俵ハンバーグ&角切りステーキが登場します。この手のステーキ系ファミレスには良くある追加で焼くための鉄板も付いてきます。角切りステーキには火が通ってそうなので、この鉄板必要なのかな・・と思っていましたが・・

大俵ハンバーグ、切ってみると、中はかなりレアなんですね。ハンバーグにしては珍しいなと。焼がしっかりしている方が安心できるので、しっかりと鉄板で追加焼きしていただきました。ハンバーグ自体は肉質も良い感じですし柔らかみもあり、なかなかのもの。それとガーリックソースが、かなりガーリックが強調された味で特徴的でした。

ステーキの方は、脂のジューシーさもそこそこ。それなりと言う感じではありましたが、ソースが濃厚な味でライスと相性は良かったです。

なんだかんだとサラダバーも第二弾、第三弾と取ってしまい・・お腹は満腹。

まれに使うビッグボーイさんですが、ハンバーグもそこそこ美味しく、サラダバーの楽しさもあるので、悪くないなと思います。この付近はよく通りますので、また気が向いたときに入ってみようと思います。

↓大俵ハンバーグ&角切りステーキ
170215-1.JPG

↓サラダ、カレー、スープなど
170215-2.JPG
posted by たぬき at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

天下一品 ・押熊店@奈良市押熊町(3)

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

押熊の天一さんの再訪記録です。こちらのお店はオリジナルメニューやトッピングの自由度など高く何度でも楽しめるお店です。

この日は、こってりチャーシューメン(並)878円に、くずチャーシュートッピング+157円を注文。麺の茹で具合など聞かれますが普通。ニンニクは入れていただきました。

登場したラーメン。大きなチャーシューが花びら状に鉢に乗り、さらにきざみチャーシューがたっぷり、これでもかと盛られています。スープはいつもながらの濃厚そうな鶏ガラ野菜スープ。そこにニンニク辛子味噌が入り、メンマ、ネギがトッピングされています。

スープは、きざみチャーシューがたっぷり入っているためか、若干温度がぬるいように思いました。それと、こちらのお店にしては、濃度がやや薄く感じたような。ただ、それでも十分粘度があり、鶏ガラ野菜の旨みを詰め込んだようなこってりとしたスープです。

そこに、くずチャーシューがスープや麺をすくうごとに絡みます。くずチャーシューは、ちょうど醤油ダレの味がしみ込んだ部分で濃いめの味で、しっかり食感。こってりスープの中でも存在感があります。

麺は、中細ストレート麺を使用され、柔らかめの茹で具合。チャーシューは、かなりの大判で赤身肉のため柔らかさには欠ける気がしますが味がしっかり入っていて好感持てるものです。

こちら天下一品の押熊店は、豊富なメニュー構成もありますし、ラーメン自体も具などしっかり作られていて好感が持てるお店だと思います。また気が向いた際に再訪したいと思います。

↓こってりチャーシューメン(並)+くずチャーシュートッピング
170214-1.JPG

↓くずチャーシュー、チャーシュー
170214-2.JPG

↓麺とスープ
170214-3.JPG
posted by たぬき at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2017年02月13日

雉祥@京都府木津川市相楽袋樋

木津川市の山田川駅近くにあります鶏料理専門店の「雉祥」さんです。この日は、久しぶりに訪問。お昼時に訪れました。

こちらはお店の外観は料亭という雰囲気です。全室、個室対応となっています。外観からすると身構えがちですが、接客は丁寧ながらも、とても庶民的な親しみやすさがあり、居心地が良いと思います。

お昼も夜と同じく完全予約制となっています。お昼の料理は、雉のコース4500円、鶏のコース3750円、雉の昼御膳3000円、鶏の昼御膳2300円など。夜に扱っておられる鴨料理をされているかは確認しませんでした。

この日は雉のコース「雉肉のおもてなし」をお願いしました。雉肉は詳しくなくても、毎回、丁寧にお店の方が味や食べ方など教えてくださいます。

この日いただいたものは以下の通り。
〇先付け:笹身お造り
小さめの笹身にギュッと旨みが濃厚に詰まっています。旨みがたっぷりなのに後味はあっさりとした食べやすい一品。
170213-1.JPG

〇前菜:季節のサラダ
季節の野菜と、雉の手羽先、手羽元のサラダ。手羽先、手羽元ともに記事は火が通ると身が締まるようで硬いのですが、旨みがたっぷりです。野菜も地物を使われ、彩りも味付けも爽やかな一品でした。
170213-2.JPG

〇焼き物:雉タタキ
左が胸肉、右がモモ肉。モモ肉の方が薄味ということで、先にそちらから食べてくださいと説明くださいます。どちらも数種類のキャベツが和えてあります。胸肉は濃厚な旨みと、つるんとした食感。モモ肉はあっさりながらも、噛んだ瞬間にあふれる深い味がたまらない一品です。
170213-3.JPG

〇お口直し:寿司
胸肉のお寿司。最初から醤油で味付けされています。こちらも非常に濃厚な味を楽しめます。
170213-4.JPG

〇鍋物:雉すき焼き
雉肉を使ったすき焼き。野菜や豆腐、糸こんにゃくなどもたっぷり。雉肉は脂身の部分が食感も柔らかくトロける美味しさがあります。こちらはご飯もおかわり自由で満腹になります。
170213-5.JPG

170213-6.JPG

〇菓子:抹茶アイス
抹茶のアイスに、餅、ポン菓子、苺を合わせたもの。上品で優しい味わいです。
170213-7.JPG

夜の利用と比べると、昼は、とても良心的な価格で雉料理が楽しめます。こちらは外観で感じるほど敷居も高くなく、味、接客もとても素晴らしいと思います。また他の鶏肉料理も楽しみに訪問したいと思います。
posted by たぬき at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年02月12日

丸亀製麺・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

ちょくちょく立ち寄ります丸亀製麺のイオンモール高の原店です。この日は年末のお昼時に訪れました。この日もそこそこの客入りだったと思います。

この日は、明太釜玉(並)410円と鶏天110円、あなご天170円を取りました。ちなみに丸亀には鶏天と、かしわ天が存在し、鶏天は限定メニューなどでよくあるタルタル鶏天ぶっかけなどにつかわれるものです。違いは、鶏天がモモ肉、かしわ天は胸肉だと思います。

明太釜玉は、ネギ、刻み海苔、明太子、玉子が乗せられて提供されます。それを混ぜ合わせていただきます。丸亀さんは何年前からか、玉子(黄身)が特に濃厚で美味しく感じられて、もともと麺自体は秀逸なので釜玉系のうどんの味は素晴らしく思います。明太釜玉は、明太子の旨みも合わさり万全の美味しさを堪能できます。

天ぷらはいつも通りの好印象。あなご天は大きいし、鶏天は味付けは若干やさしめに思いましたがジューシーで良かったです。

いつ訪れても、満足できる丸亀製麺さん。また何度となく訪れることになりそうです。

↓明太釜玉うどん(並)
170212-1.JPG

↓穴子天、鶏天
170212-2.JPG
posted by たぬき at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年02月10日

幸楽苑 ・京都久御山店@京都府久世郡久御山町田井向野(2)

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

国道1号線沿い久御山田井の交差点のところにあるお店「幸楽苑」さんです。以前は黄色い看板のいわゆる「中華そば幸楽苑」でしたが、少し前に改装され緑色の看板の「らーめん幸楽苑」となっています。

「らーめん幸楽苑」は、通常の店舗とは少し異なる限定らーめんなどを取り扱われています。

お店はファミレス風で、駐車場も広々としています。店内も広々と明るい雰囲気。テーブル席とカウンター席があり、幅広い客層に対応できそうです。それと、このお店は、接客が丁寧で、とても良い印象があります。

らーめん幸楽苑のメニューは、黒醤油らーめん、野菜ちゃんぽんや、東海・近畿地区限定のとんこつらーめんなどが中心となっていて、中華そば幸楽苑で人気のらーめん司は取り扱っておられません。値段は500円前後で比較的安くなっています。

他にもセットメニューや、サイドメニューがとても充実しています。

この日は東海・近畿地区限定の、とんこつチャーシューめん590円とギョーザ200円を注文。

ギョーザ、つづいてラーメンが登場します。

とんこつチャーシューめんは、背脂の浮いて白濁した豚骨スープに、ネギ、ゴマ、海苔、高菜、チャーシューがトッピングされています。背脂はかなり大きめです。

スープをいただくと、あごだしを使われているとのことで、そこそこの魚介の風味をしっかりと感じます。ベースの豚骨のコクがしっかりとしていますが、濃厚というほどではなく、滑らかなスープです。ほんのりとした甘みと魚介、豚骨の旨みがバランスの良いスープだと思います。

麺は細麺タイプを使用されています。柔らかにカールしたような細麺は、食感も程よく食べていて楽しいものです。

チャーシューは、やや薄切りのものが多めに入っています。味付けは控えめですが、柔らかさもあり、なかなかのものだと思います。

ギョーザは、片面が焼かれたもので、具がみっちりと詰まっています。この具の多さが食べ応えにつながります。

幸楽苑さんは、京都・滋賀のお店で何度となく入っていますが、値段の割にラーメンもギョーザもしっかりしている印象です。また機会を見て様々なメニューを試してみたいと思います。

↓とんこつチャーシューめん
170210-1.JPG

↓チャーシュー
170210-2.JPG

↓麺とスープ
170210-3.JPG

↓ギョーザ
170210-4.JPG

↓お店の外観です。
170210-5.JPG
posted by たぬき at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年02月08日

築地銀だこ・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

築地銀だこさんのイオンモール高の原のお店です。この日はお昼時に訪問しました。イオンモール高の原のフードコートはやはり混雑していました。

メニューを見て、期間限定で出されていた3種のチーズ明太子680円を注文。パセリパウダーをかけて良いか聞かれましたのでかけていただきました。

シンプルな一品でベースのタコ焼きに、チーズ3種と明太子入りのマヨネーズソースが掛けられたもの。アツアツのタコ焼きの表面はカリッとしていますが、その周りのチーズはトロける。そこに明太子の旨みも交じり濃厚で素直に美味しい。小腹を満たすだけでなくお酒にも合いそうな濃いめの味わいです。

表面を割った中身はトロ〜っと出てきますので、食感と味の変化を一度噛んだだけで楽しめます。

とてもシンプルなメニューですが、たこ焼きそのものが美味しいからこそできる味かなと思います。

銀だこさんのタコ焼きはレベルが高く、また気が向いたときに食べてみたいと思います。

↓3種のチーズ明太子
170208-1.JPG
posted by たぬき at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年02月06日

グッドワン@京都府相楽郡精華町祝園西

JR、近鉄の祝園駅前にあります、せいかガーデンシティ内のフードコートにあるカレー屋さんです。この日は休日のお昼時に訪れました。

こちらのフードコートは、とてもこじんまり。その中に数店舗入っておられます。しかしながらお昼時は、そこそこ食べている人はいます。このお店は、ラーメン店の「凡蔵屋」さんのスタッフの方が、こちらのカレー屋さんも切り盛りされています。

メニューは、基本のビーフカレー500円にトッピングなどで値段が変わります。アメリカンドッグやポテト、からあげと言ったスナック類も販売されています。

この日は、グッドワンカレー750円を注文。

しばらく待つと呼ばれるのでカレーを取りに行きます。ライスにパセリパウダーが掛けられたスタンダードな日本スタイルのカレーです。トッピングは、からあげ2つ、ウインナー2本、エビフライです。

こちらのカレーの味は想像しうるフードコートのスタンダードな味という感じで、ややスパイスが効いています。ビーフは、わずかに入っている程度です。お店のメニューにはボリューム満点と書かれていましたが、ライスの量はそれほど多くなく、ボリューム系とは言い難いです。

トッピングも、そんなに凝ったものではありませんが、からあげ、ウインナーは、ジャンクな美味しさを楽しめます。それぞれ2つ入っているのでお得な感じもしました。

何気に食べてみたこちらのカレー。可もなく不可もなくというような味ですが、癖がないので、いつでも楽しめそうです。買い物や、乗り換えの待ち時間などに使えそうなフードコートのカレーだと思います。

↓グッドワンカレー
170206-1.JPG

↓メニュー
170206-2.JPG
posted by たぬき at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年02月04日

もりもり寿し・イオンモール橿原店@奈良県橿原市曲川町

イオンモール橿原店で、ショッピングついでに立ち寄った「もりもり寿し」さんです。以前、別の店舗でいただいたときも好印象でしたので入ってみました。この日は休日のお昼時に入りました。

お店は、イオンモールの1Fレストラン街の中にあります。それほど広くはないのですが回転レーンに沿ったテーブル席は、そこそこゆとりをもって設計されています。カウンター席もあったと思いますが、そちらに座りませんでしたのでよく分かりません。接客は、庶民的ながらも丁寧なものでした。

こちらは、いわゆるお皿の色によって値段が変わるシステムの回転寿司やさんです。本日のおススメとして北陸産のものもかなり多かったと思います。またこのお店は三点盛、五点盛などの、少しお得なセットメニューが多く存在します。また海鮮丼も取り扱っておられます。

この日いただいたものは、以下のものです。

〇のど黒塩炙り(金沢産)、能登三点盛り(すずき、真あじ、目鯛)、光物三点盛り(サゴシ、アジ、コハダ)、白えびかき揚げ(富山産)
この中では、のど黒塩炙り、柔らかいし脂も乗っているし、塩加減もほどほど。とても食べ応えのあるものですね。すずき、目鯛は鮮度が良いのか、とても食感が素晴らしいものでした。光物はそれぞれ脂もそこそこ乗り無難に美味しいです。

白エビのかき揚げは、白エビの量は、それほどでもないのですが、野菜も多く使われていて、カラッと揚げられていてなかなかのものでした。

〇ほたるいか三点盛り、ほたるいか軍艦、がすえび
前回、いただいた、ほたるいかが美味しかったこともあり、重複しての注文。ほたるいか自体はみずみずしく弾力性もあり、旨みたっぷり。黒造り、沖漬は濃厚な旨みを封じ込めたような一品で楽しくいただけます。

がすえびは、食べたことがなかったのですが、見た目がなんかいまいちのようにも思えたのですが、プリプリ食感。甘みもあって、良かったです。

こちらのお店、関西にある回転寿司チェーンの中では値は張りますが、ネタの良さはなかなかのものがあって、また食べてみたいなと思えるお店です。こちらの店舗はショッピングモール内にあるので、買い物ついでにも良いと思います。

↓のど黒塩炙り、能登三点盛り(すずき、真あじ、目鯛)、光物三点盛り(サゴシ、アジ、コハダ)、白えびかき揚げ
170203-1.JPG

↓ほたるいか三点盛り、ほたるいか軍艦、がすえび
170203-2.JPG
posted by たぬき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年02月01日

元喜神・押熊店@奈良市押熊町(3)

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

元喜神・押熊店です。久しぶりの訪問、お昼時に訪れました。駐車場は満車で、店内もほぼ満席状態となっていました。この日は鶏白湯タンタンめんのチャーシュートッピングを注文。辛さを1辛〜3辛まで選択できましたので1辛でお願いしました。

登場したラーメンは、白濁した鶏白湯スープに、挽肉がたっぷりと入ったもの。ネギ、白髪ネギ、チャーシューがトッピングされています。

スープをいただくと、鶏白湯の旨みはしっかりしているのですが、入れられている辛味の酸味が意外と強く個性的です。個人的には、鶏白湯本来の旨みが少し奪われているかなと思いましたが、悪くはないと思います。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。ひき肉や白髪ネギとの絡みもよく、食感や味の変化を楽しめます。挽肉は特にたっぷりと入っているので、ボリューム感もあります。

チャーシューは、脂身の柔らかなものを使用されています。ジューシーで、なかなかのものでした。

久しぶりに訪れた、こちらのお店。鶏白湯のベースが素晴らしいので、本当は、鶏白湯らーめんを素直に味わうのが良いかな?と思いましたが、タンタンめんも個性的です。この味にはまる人には良い一品かなと思いました。

↓鶏白湯タンタンめん+チャーシュートッピング
170201-1.JPG

↓チャーシュー
170201-2.JPG

↓麺とスープ
170201-3.JPG
posted by たぬき at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2017年01月29日

天下一品・御殿浜店@滋賀県大津市御殿浜字中庄(2)

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の近江大橋近くにある御殿浜店です。

この日は秋ごろの京都新聞に、限定のこってりカレーラーメンの記事が載っていましたので、一度食べたいなと訪れました。

こちらは、大津市がご当地グルメとして出しておられます「おおつ近江米カレー」企画に、天下一品が、大津市にある直営店のみで参加しておられるものです。こってりスープに合うように様々な思考をこらせてカレーラーメンを作られたとのことで食べてみたいなと思っていました。こってりカレーラーメンは一日20食限定で2017年2月末までの提供のようです。

こってりカレーラーメン、注文すると変わっているのが、まず、ニラニンニクを提供されること。それと紙エプロン、カレーライス用のスプーン、カレーラーメン専用のアンケート用紙などが渡されます。

登場したカレーラーメン、近江米ライスと共に現れます。カレーラーメンのスープは、まんまドロ系のカレーが乗っていて、具は牛肉、トマト、オクラなどとなっています。ごはんの方には、漬物、らっきょうなどが乗っています。

このスープをいただくと、こってりスープの鶏ガラ野菜の味を感じますが、それ以上に辛口のカレーが勝っています。カレーもかなり粘度があるので、麺を持ち上げるのが重いほど・・。カレーはスパイシーなのですが、絶妙にこってりスープとのバランスがよく、スパイシーながらもコクのある仕上がりとなっています。

提供されたニラニンニクを入れると、またまたこれが、かなりニンニクが強く効いていて、しっかりと味を変化させてくれます。

そして、重い麺を食べるのが疲れてきたら、ご飯に麺ごと、こってりカレースープを投入。この近江米と、こってりカレーが素晴らしく合う。正直、麺よりも、やはりライスだなと思える味わいでした。

具の中にある、トマト、オクラもなかなか美味しく、個人的に、こってりカレーラーメンはヒットでした。期間限定ですが、また別の直営店にも食べに行ってみたいと思います。

↓こってりカレーラーメン
170129-1.JPG

↓ニラニンニク、スプーン、アンケート用紙
170129-2.JPG

↓麺とスープ
170129-3.JPG

↓近江ライスにカレースープを麺ごとかける
170129-4.JPG

↓メニュー、新聞記事など
170129-5.JPG

170129-6.JPG
posted by たぬき at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀