2018年12月24日

進々堂・府庁前店@京都市上京区釜座通椹木町下る夷川町

京都の老舗ベーカリーの進々堂の府庁前店です。この日は土曜日のお昼時、ランチタイム始まってすぐの時間帯に訪れました。

お店は、京都第二赤十字病院のすぐ前あたりにあります。赤のテント看板ですぐに進々堂と分かる見た目です。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は入ってすぐのところがパンの販売スペースとなっていて、右手がレストランスペース。レストランスペースは、それほど広くはないのですがカウンター席とテーブル席が並んでいます。お店の方の接客も丁寧なものでした。

ランチメニューは、洋食の単品メニューが複数あり、それにパン食べ放題やドリンクなどを付けることによって値段が変わるようになっています。他にもワンプレートメニューや、サンドなどの軽食類も存在します。

この日は、スパゲティ スモークサーモンときのこのレモンクリームソースロックス添えのパン食べ放題・ドリンク付セット1700円を注文。ドリンクはアイスコーヒーでお願いしました。

こちらのお店はパンは、お店の方が複数の種類を常にテーブルまで持って来て選ばせてくださいます。バケットやフランスパンの部類が多かったように思います。

この日は、プレーンのバケット、クロワッサン、ベーコン、うぐいす豆、クルミとレーズン、ガーリックフランス、明太フランス、チーズパンなどを取りました。それぞれ焼きたてから少し時間が経っているようなものもありましたが、食感もよく食べ応えあるものが多かったです。

スパゲティは、真ん中にクリームチーズとスモークサーモンを混ぜたロックスが乗っていて、それをソースに溶け合わせると濃厚な旨みを堪能できるというもの。とてもクリーミーなソースでしたがレモン風味が効いていて爽やかな後味もあります。サーモン、キノコもふんだんに使われていて食べ応えのある一品でした。

進々堂さんのレストランでは、かなり久しぶりにいただきましたが、雰囲気もゆったりとしていましたし、種類豊富なパンを楽しむことが出来て、とても満足することが出来ました。近くに来る機会があれば、また利用したいなと思います。

↓スパゲティ スモークサーモンときのこのレモンクリームソースロックス添え+パン食べ放題
181224-1.JPG

↓パン食べ放題
181224-2.JPG

181224-3.JPG

181224-4.JPG
posted by たぬき at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年12月23日

プルンニャ+cafe@京都府木津川市相楽城西

アルプラザ木津に10月にオープンしましたイタリアンとパン食べ放題のお店「プルンニャ+cafe」さんです。以前はウィルムという、なかなか人気のイタリアンのお店でしたが、そちらが閉店されて、こちらのお店に変わりました。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、アルプラザ木津の小さなレストラン街の1つとして入っておられます。入ってすぐのところにスイーツ等の販売スペースがあり、奥がテーブル席が並ぶレストランとなっています。お店の方は少人数でやっておられますので忙しそうでしたが、丁寧な接客でした。

メニューは、パスタセットが980〜1280円、お肉セットが1500円、パスタ×お肉セットが2000円となっています。それぞれメイン料理とサラダ、ミニスープ、パン食べ放題が付いてきます。その他にデザートセットもありました。

この日はパスタセットのカルボナーラ980円を選択しました。

最初にサラダとコーンスープが提供されます。続いてパンは、お店の方が複数種類を持ってテーブルまで来てくださるので好みのものを選ぶことが出来ます。そしてカルボナーラの登場。

カルボナーラは、とても濃厚な旨味のあるソースで、独特の酸味のようなものも感じ、これがよいコクを出しています。ペッパーとのバランスも良く、ベーコンも多く使われていて、980円でパン食べ放題も付いていることを考えると、かなり高レベルだと思います。

パンは城陽のベーカリー「プルンニャ」さんのものを使われているようです。こちらのパンがまた食感が素晴らしい。この日はココア、抹茶、くるみとレーズン、チーズベーコン、イチジクのパンなどをいただきました。どれも香りも良く、ふんわりとした食感、素材そのものの風味も活きていて好印象でした。

人気店の後にできたお店でしたので、どうなのかな・・?と思っていましたが、安くて料理の質もパンの質も良く、とても良いお店だと思います。また機会があれば他のメニューも試してみたいと思います。

↓カルボナーラ
181223-1.JPG

↓パン食べ放題、ミニスープ、サラダ
181223-2.JPG

181223-3.JPG

↓メニュー
181223-4.JPG

181223-5.JPG
posted by たぬき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年12月21日

鎌倉パスタ・松井山手店@京都府京田辺市山手西

鎌倉パスタの松井山手店です。鎌倉パスタさんはショッピングモールのレストラン街に入っておられることが多いですが、こちらは店舗型のお店です。この日は平日のお昼時に訪れました。

お店は、山手幹線と第二京阪が交わるあたりにあります。お店の外観はサンマルク系列だけあり、サンマルクを和風にしたような見た目です。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は靴を脱いで入るようになっています。和風で掘りごたつ風の座敷とテーブル席があり、広々としています。接客もトレーニングされた丁寧なものでした。

メニューは、単品のパスタが1000〜1500円くらいのものが多かったと思います。それに追加料金で、サラダ、ドリンクやパン食べ放題、デザートなどを好みで付けることができます。平日はランチセットもあり、1000〜1500円でサラダ、ドリンク付。+80円でパン2個追加。+180円でパン食べ放題にすることができます。

この日は、ランチセットの中から、炙りチャーシューの和風パスタ1390円+パン食べ放題180円をお願いしました。ドリンクはアイスココアをお願いしました。

こちらのパン食べ放題は、店内のコーナーに取りに行くシステムとなっています。サンマルク系列は良く使用しますが、定番のパンに加え、鎌倉パスタオリジナルなのかなと思えるものもいくつかありました。

この日は、小エビのフォカッチャ、チーズボール、チャパタ、よもぎロール、ブルーベリーロール、獺祭酒粕米粉ロール、バジルロールなどを取りました。

小エビのフォカッチャは小エビの風味とマヨのバランスが良かったです。獺祭の酒粕パンは、酒粕の風味が意外と弱かったように思いますがモチモチ食感が楽しいものでした。

サラダは、小エビを使ったシンプルなものが提供されました。

和風パスタは、真ん中に黄身が乗り、チャーシュー、キャベツ、刻み海苔、ネギなどがトッピングされています。こちらのお店は生パスタが売りと言うこともあり、心地よい食感の噛み心地がとても良いです。

和風スープは、ほんのり甘みがある醤油風味で、黄身を混ぜ合わせるとマイルドな感じが加わります。海苔やネギも加わるので、和風であっさりとした印象です。具がチャーシューと言うこともあり、和風な醤油ラーメンのような感覚もありました。

チャーシューは炙りと書かれていましたが、炙りが本当に入っているのかな・・という感じのもの。赤身肉で食べやすく量はソコソコでしたが、想像していたものと比べると残念な感じはありました。

こちらのお店は、全体的には、とても落ち着いた空間で、パンも焼きたてで美味しく、とても使いやすいお店だと思います。また気が向いたときに使ってみようと思います。

↓炙りチャーシューの和風パスタ
181221-1.JPG

↓サラダ、アイスココア
181221-2.JPG

↓パン食べ放題
181221-3.JPG

181221-4.JPG
posted by たぬき at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2018年12月19日

和食さと・堅田南店@滋賀県大津市今堅田

「和食さと」の堅田南店です。こちらのお店は、たまに利用するお店です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、国道161号線沿いの今堅田の交差点近くにあります。和食さとの基本的な外観で、駐車場が地階にあり、2階がレストランとなっています。

店内は広々としており、ゆったり目に作られたテーブル席が並びます。お店の方の接客も丁寧なものだと思います。

メニューは、和食の和膳、定食メニューを中心に、丼もの、麺類、鍋料理などがあるほか、人気のしゃぶしゃぶ(さとしゃぶ)なども用意されています。季節限定メニューも充実しています。

この日は、北海海鮮丼セット1548円を注文。海鮮丼とミニ麺4種のうちから1種でしたが+100円で麺のサイズを普通にできましたので、普通サイズのざるそばを選択しました。

しばらくすると登場する料理。海鮮丼は、いくら、サーモン、ほっき貝、紫蘇、錦糸卵、ワカメなどがトッピングされています。

まずお蕎麦の方をいただきますと、蕎麦の風味もそこそこ感じますし、食感も心地よく、チェーン店にしては良い感じです。おつゆの方も昆布の効いた和風の味わいで無難な印象。あっさりといただくことができます。

海鮮丼の方は、サーモン、貝については、ネタが若干小さいような気もします。ただいくらはたっぷり量入っていて、なんとなく、いくら丼のような感じもします。ご飯の量も適量で、いくらの量も多いので、予想外に満足のいく一品だったと思います。

和食さとさんは、よく利用するのですが、比較的あっさりと食べやすいメニューが多く使いやすい印象です。また機会を見て訪れたいと思います。

↓北海海鮮丼セット(ざるそば(普通サイズ))
181219-1.JPG
posted by たぬき at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年12月16日

ブレッドガーデン・イオンモールKYOTO店@京都市南区西九条鳥居口町

イオンモールKyotoにありますサンマルク系列のパン食べ放題のお店「ブレッドガーデン」さんです。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

最近、京都駅付近で用事があるときにリピートしていますが、土日のお昼時でも、こちらのお店は待ちがないので意外と使いやすいなと感じています。

お店はイオンモールの4Fレストラン街の中にあります。外からも中が見渡せるような開放的な造りとなっています。店内は入ってすぐのところにパン取り放題のサービスコーナーがあります。テーブル席が並び、多くの人が入れるようになっています。この日の接客は、丁寧なものだったと思います。

メニューは、洋食メニューが豊富に揃っています。それらとパン食べ放題やドリンクバーなどを必要に応じてプラスできるようになっています。単品メニューは1000〜2000円くらいのものが多いと思います。

この日は、プレミアムハンバーグステーキ&ミックスグリル1360円+パン食べ放題セット180円をお願いしました。

待っている間、パンを取りに行きます。基本的なパンの種類は変わらないのですが、季節限定で新しいパンもいくつかあります。セルフサービス式なので、焼きたてから若干冷めたパンが多いのが残念ですが、焼きたてのものは焼きたての札が建てられています。

この日は、キノコチャパタ、マロンクリームロール、さつま芋トースト、ホテルロール、ミニクロワッサン、黒ゴマと黒糖、チーズロング、シュガーロールなどを取りました。

ホテルロールと、シュガーロールはちょうど焼きたてでしたので、食感も、フワフワ感も最高のもので、シュガーロールは、甘い系と思ってましたがマーガリンも効いたちょうど良い塩梅の味付けで好みでした。

栗やさつま芋、黒糖などを用いた季節限定品も秋らしくてよかったと思います。

ハンバーグ&ミックスグリルは、意外とボリューム感があります。若干形が悪いのですがハンバーグとチキン、ソーセージ、それと玉ねぎ、フライドポテトなどのグリル野菜が多めに載っています。

ソースはガーリックが効いた濃いめの味付けのもので、タマネギをふんだんに使ったジューシーなハンバーグとの相性が良かったと思います。チキンもカリッと焼かれていて、食感も良いものでした。シンプルな料理ですが、ボリューム感もあり満足度は高かったと思います。

こちらのお店は、京都駅から近く、土日でも比較的混雑も控えめなので、とても使いやすい店舗だと思います。また機会を見て訪問したいと思います。

↓プレミアムハンバーグステーキ&ミックスグリル
181216-1.JPG

↓パン食べ放題
181216-2.JPG

181216-3.JPG

181216-4.JPG
posted by たぬき at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年12月15日

進々堂・三条河原町店@京都市中京区中島

京都の老舗ベーカリーの進々堂の三条河原町店です。この日は土曜日のお昼時、ランチタイム始まってすぐの時間帯に訪れました。街中ですが、待ち時間もなくスムーズに入ることができました。

お店は、河原町三条の交差点近くにあります。お店の外観は、進々堂の基本的な外観と同じで、分かりやすいものです。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は入ってすぐのところがパンの販売スペースとなっていて、右手がレストランスペース。レストランスペースは、訪れたことのある府庁前店と比較しても広くてゆとりがありました。お店の方の接客も丁寧です。

ランチメニューは、洋食の単品メニューが複数あり、それにパン食べ放題やドリンクなどを付けることによって値段が変わるようになっています。他にもワンプレートメニューや、サンドなどの軽食類も存在します。

この日は、ハンバーグステーキきのこデミグラスソースのパン食べ放題・ドリンク付セット1550円を注文。ドリンクはアイスコーヒーでお願いしました。

パン食べ放題は、お店の方が複数の種類をテーブルまで持ってくださるシステムです。

この日は、トマトとバジル、明太子、クロワッサン、ベーコンエピ、ガーリック、バターロール、クルミなどを取りました。それぞれ焼きたてから少し時間が経っているようなものもありましたが、食感もよく食べ応えあるものが多かったです。

ハンバーグは、きのこソテーがトッピングされ、野菜類とポテトサラダが添えられたもの。濃厚なデミグラスソースが良好で、ハンバーグ自体の肉質も良く意外なほど本格的なもの。ジューシーで食べ応えがあったと思います。

こちらのお店は街中ですが、予想以上にゆったりと過ごすことができます。店員さんの接客も良く、料理も良いですし、なによりパンが美味しいと思います。また近場に用事があれば使ってみたいお店の一つです。

↓ハンバーグステーキきのこデミグラスソース
181225-1.JPG

↓パン食べ放題
181225-2.JPG

181225-3.JPG

181225-4.JPG

181225-5.JPG
posted by たぬき at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年12月14日

高安 是空@京都市中京区室町通六角下ル鯉山町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の人気ラーメン店「高安」さんの系列店の「高安 是空」さんです。この日は土曜日の開店時間に訪れました。開店時間と言うこともあり、特に混雑もなくいただくことが出来ました。

お店は、四条烏丸近く、室町通、蛸薬師通の交差近くにあります。お店の外観は、小さな町家を改築したような建屋となっています。一見、ラーメン店と分かりにくいのですが、お店の前に小さな看板が立てられています。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、とてもこじんまりとしていて1Fはカウンター席がいくつかあるのみ。2Fも席があるようでしたので、そちらにテーブル席などがあるのかもしれません。また内装も和風で、とても落ち着いた清潔感があります。女性客にも入りやすい雰囲気です。お店の方の接客も丁寧でした。

ラーメンメニューは、高安の豚骨鶏ガラを使ったスープのみで、それぞれトッピングで値段が変わるようになっています。単品は名物のからあげなどがあり、ラーメン、からあげ、ごはんをセットにした定食もあります。

この日は、牛トロチャーシュー全部のせラーメン1040円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、大きな牛トロが一本と、たっぷりのチャーシューが乗っています。スープは白濁しており、煮玉子、ネギ、水菜、糸唐辛子がトッピングされています。スープに香味油のようなものが少し浮いています。

スープをいただくと、ほんのりとした甘さも感じるようなクリーミーな味わい。そこに香味油の香りが加わり、とても食が進む味わいです。豚骨、鶏ガラのコクもしっかりしていて、濃すぎず飲みやすい高レベルなスープだと思います。

麺は低加水の細めのストレート麺を使用されています。しっとりしながらも食感も楽しい麺です。

チャーシューは、かなり厚切りのものがたっぷりと入っています。その肉質は、とても柔らかく口の中でホロホロと崩れるもの。脂身も多すぎずボリュームがあるのに食べやすいものです。とても完成度が高いです。

それと牛トロは、濃いめの味付けでジューシー。まろやかなスープとの相性も良い存在感たっぷりの一品でした。

またニラ辛子などがトッピング無料となっています。少し入れるだけでもスープの味がとても引き締まります。こちらも好みに応じて使えるのが良いところです。

こちらのお店のラーメンは、スープの味、具のボリューム感やお店の清潔感など、とても素晴らしいものがあると思います。アクセスも良い立地ですので、気が向いたときにふらっと食べたいお店です。

↓牛トロチャーシュー全部のせラーメン
181214-1.JPG

↓牛トロチャーシューとチャーシュー
181214-2.JPG

↓麺とスープ
181214-3.JPG

↓お店の外観です。
181214-4.JPG
posted by たぬき at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年12月12日

北海道らぁ麺 ひむろ@さいたま市大宮区宮町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

さいたま市の大宮駅前にあります「北海道らぁ麺 ひむろ」さんです。この日は仕事後の夕食時に訪れました。関東にチェーン展開されているお店のようです。

お店は、大宮駅東口から歩いてすぐのところにあります。味噌桶を形どったオブジェが目印になります。街中のため店舗駐車場は存在しません。

お店の入り口右手に食券機があり、そちらで購入後に店舗内に入り注文するシステムとなっています。店内は、カウンター席のみでしたが、2階3階もあるようでしたので、そちらにテーブル席などがあるのだと思います。お店の方は若い男性スタッフで切り盛りされていて、庶民的な雰囲気でした。

メニューは、札幌味噌、旭川醤油、函館塩と、3段階の辛さの味噌ラーメン(みそオロチョン(味噌+辛味噌、辛さレベル1)、キムチ(レベル2)、鉄火麺(レベル3))があります。他に味噌ダレつけ麺もあります。それぞれトッピングなどで値段が変わります。「でっかいどう」+320円という麺、スープ2倍の大盛りメニューも人気のようです。また単品、おつまみメニューなども充実していました。

この日は札幌味噌らぁ麺780円+チャーシュー増し+200円と、仕事後でしたので瓶ビール500円をお願いしました。瓶ビールはサッポロの赤星でした。

しばらくすると登場するラーメン、白めに濁った色合いの味噌スープに、チャーシュー、ネギ、モヤシ、細めのメンマ、タマネギ、ひき肉などがトッピングされています。

スープをいただくと、とてもまろやかな味わい。味噌の風味も濃いめで、ざらつきのような舌触りを楽しめます。濃いめですが、こってりと言うほどでもなくバランスの良い味わいだと思います。スープに、わずかに唐辛子が浮いていますが辛さはそれほどでもなく、あくまで後味の引き締め程度に使われている印象です。

麺は、札幌らしい黄色が買った太目の縮れ麺を使用されています。熱々のスープの中でも負けないコシの強さがあり、食感がとても楽しいもの。ネギ、タマネギ、モヤシなどと絡めると噛みごたえがさらに心地よいですし、ひき肉と絡むと旨みが口の中に広がります。

チャーシューは、強めに醤油ダレで味付けされたバラ肉が使われています。口の中でトロける脂身でとてもジューシー。そこそこ厚さもあるので食べ応えがあります。

はじめていただいた、こちらの札幌らぁ麺。スープもしっかりとしていますし、バランスも良く、味噌ラーメンを食べたいなと言うときには重宝しそうなお店です。関西にも、こんなお店が増えると良いのになと思いました。

↓札幌味噌らぁ麺+チャーシュー増し
181212-1.JPG

↓チャーシュー
181212-2.JPG

↓麺とスープ
181212-3.JPG

↓瓶ビール
181212-4.JPG

↓お店の外観です。
181212-5.JPG
posted by たぬき at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2018年12月10日

食堂 多万里@さいたま市大宮区大門町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

さいたま市の大宮駅前、高島屋の裏手にある食堂「多万里」さんです。ずいぶん以前に出張で大宮に来た際から、ずっと気になっていたお店です。この日は出張で来ていましたので、平日のお昼時、開店と同時に入りました。

お店は、高島屋の裏口のところにあります。お店の外観は、昭和の大衆食堂そのもの。ただ平日にもかかわらず開店前には行列ができています。それと他のラーメン店と異なり、そのお客さんの多くは、おそらく年齢層50〜70代くらいの地元の方ばかり。それも女性客が多いのです。お店の駐車場は存在しません。

店内入ってすぐのところにお店のおばさんが座っていて、そこで最初にメニューを注文すると札をくださいます。店内はテーブル席が並んだ大衆食堂そのもの。すぐに満席になるので、基本は相席となります。お店は、おばさんたちで切り盛りされ、とても温かみのあるものでした。

メニューは、醤油、塩、味噌のスープがあり、トッピングがいくつかバリエーションあります。大盛りは100円増し。他に、ライス、丼もの、焼そば、野菜炒めなどと、定食メニューもあります。

この日は、ラーメンメニューの中で最も高いチャーシューワンタンメン950円を注文。

しばらくすると登場するラーメンは、澄んだ濃い色合いの醤油スープ。そこにチャーシュー、ワンタン、ナルト、メンマ、グリーンピース、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、鶏ガラ醤油の王道を行くような素朴な味わい。あっさりしすぎず、醤油もそこそこしっかりと濃い味わいがありますが、後味はすっきりとしています。とても飲みやすい味わいです。

麺は、やや縮れの細麺を使われています。この麺が本当に柔らかくて、素麺にも近いような優しい食感です。グリーンピースやワンタンなどとの絡みも良く、個人的にはとても好みの食感でした。

チャーシューは赤身肉が中心の昔ながらの豚肉と言う感じのもの。大判のものが3枚入っており食べ応えがあります。ワンタンもシンプルな中身が挽肉のみのタイプのものです。シンプルなだけにスープとの相性も良く、素直に味を楽しむことができます。

またメンマも、とても柔らかく古風なラーメンと合っていました。

初めていただいた「多万里」さんのラーメン。優しい食感の麺、素直にいただける温まるスープの味わい、具もそれぞれシンプルなものですが、雰囲気も合わさり、とても美味しくいただけました。何年でも通えそうな優しい一杯で地元のみなさまに愛されていることがよくわかるお店でした。

↓チャーシューワンタンメン
181210-1.JPG

↓チャーシュー、ワンタン
181210-2.JPG

↓麺とスープ
181210-3.JPG

↓お店の外観です。
181210-4.JPG

↓メニュー
181210-5.JPG
posted by たぬき at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2018年12月09日

奈良マラソン2018

年末に毎年出場しています奈良マラソンに今年も参加してきました。

今年度は調子良く練習できていたのですが直前に脚を痛めてしまいちょっとテンションダウン。直前1週間は練習を完全にストップして臨みました。

そのため目標は、とりあえず去年と同じペースで走ってみる。脚が痛むようなら、あとは歩いて完走めざす。に設定しました。それと最高気温が8〜10度の予想。曇り予想でもありましたので、防寒機能のある長袖Tを着て走りました。

スタート後、常に脚の痛みを見ながら走ります。最初の平城宮跡付近の地点で早くも、やっぱり若干痛むなと思いながら通過。ただ、その痛みは身体が暖まったからか感じなくなっていましたので、そのまま去年ペースで走り続けることに。

気温は曇りになると寒く感じるのですが、太陽が直射になると暑く感じる不安定な天候。ただ、基本的に曇りの時間帯が多く防寒の服装で走ったのは正解だったかなと思います。

20qを超えて、天理の山越え、その下り坂。ここで脚が痛むようならペースを落とし歩こうかなと考えていましたが、若干の痛みは感じるのですが、そのまま行けそうなので、ここも去年ペースで通り過ぎることに。

結局そのまま復路の天理の山越えも乗り越えて・・30q前後まで。そのあたりから、やはり痛みがあるな・・と考えながら走ります。35qくらいまではぎりぎりキロ4分台を保ち、去年のペースくらいで走れていましたが、35qくらいから脚の痛みと、やはり身体全体が重くなってきて、去年のペースは維持できなくなってきます。

去年と同じく3時間30分以内は行けるかな、無理かな・・と考えていましたが、不思議と多くの知り合いが沿道におられたこともあり元気回復。40キロ付近でキロ4分台に復活し、なんとか3時間20分台後半でゴールすることができました。

奈良マラソンは、毎年出ていますが、ハードな坂道が多いながらも沿道の応援も多く、大会の運営も素晴らしく何度でも出場したい大会だなといつも思います。脚が痛んでますのでしばらく練習は休もうと思いますが、タイムも悪くなかったですので、また練習を積んで次の大会を目指したいなと思います。

↓完走タオル、メダル
181209-1.JPG

181209-2.JPG

↓前日受付、松井絵里奈さん。
181209-3.JPG

↓大会後いただいたものなど。
181209-4.JPG
posted by たぬき at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会