2017年06月15日

節@東京都府中市寿町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

東京の府中駅近く、京王線の高架下にあるラーメン店「節」さんです。この日は、仕事後の夕食時に訪れました。

お店お外観は、明かりが少なめなので、暗い感じもします。黄色い「節」と書かれた看板が目印です。

店内は、カウンター席と少しのテーブル席がある狭めのスペース。食券制となっていて、入ってすぐのところに食券機があります。お店は若い男性店長さんとスタッフで切り盛りされていて、元気で活気のある接客でした。

メニューは、お店の名前の付いた「節そば」(魚介豚骨)、「白豚骨」(博多系)、黒豚骨(白豚骨にマー油入り)、つけ麺などがあります。それぞれ、トッピング等で値段が変わるようになっています。他に、ご飯類が存在します。驚くことに、このお店、替玉は何度でも無料のようです。また紅ショウガ、辛子高菜などがトッピング自由となっていました。

この日は、豚骨気分でしたので、白豚骨の焼豚増し920円と瓶ビールを注文。瓶ビールはキリンラガーでした。白豚骨は塩ベース、醤油ベースの選択が出来ますので、塩でお願いしました。また麺の硬さ、味の濃さなど好みを聞かれます。そのため、味濃いめ、他は普通でお願いしました。

注文後、かなり早くにラーメンが登場。白濁したスープは泡立っています。トッピングは海苔、ネギ、キクラゲ、チャーシューとシンプルなものです。

スープをいただくと、豚骨のコクがしっかりと出ています。若干の豚骨の臭みもあり、逆にそれが豚骨の旨みをプラスしてくれるように思えます。ものすごくこってり、粘度が高いというようなスープではないのですが、豚骨特有のコクと癖を上手く出している、濃いめのスープだと思います。

麺は、博多らしい細麺を使用されています。普通の茹で具合で注文しても、こりこりと楽しい食感です。またキクラゲなどと合わせても食感の変化を楽しむことが出来ます。

チャーシューは、味付けは強くないのですが、柔らかくなかなかのもの。脂身もありますが脂分はそこそこ抜かれているので食べやすいと思います。量も多めでした。

こちらの白豚骨ラーメンは、粘度は、それほどではないものの、ドーンとくるしっかりとした豚骨の旨みを楽しめる一杯だと思います。豚骨を素直に楽しみたいときにおススメできる両店だと思います。

↓白豚骨(塩)・焼豚増し
170615-1.JPG

↓チャーシュー
170615-2.JPG

↓麺とスープ
170615-3.JPG

↓瓶ビール
170615-4.JPG

↓お店の外観です。
170615-5.JPG
posted by たぬき at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2017年06月12日

府中大和家@東京都府中市宮西町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京王線の府中駅近くにありますラーメン店「府中大和家」さんです。横浜家系を名乗るチェーンのラーメン店のようです。この日は休日のお昼時の訪れました。

お店は、大国魂神社のすぐ近くにあります。お店の見た目は派手目な印象で、黒字に赤色の「家系最強」の文字が目立ちます。

店内は、こじんまりしていますが、テーブル席カウンター席が並び、そこそこ入れそうな印象。接客もトレーニングされている感じで、悪くなかったと思います。食券制となっていてお店入ってすぐのところの食券機で注文するようになっています。

メニューは、スープが基本の豚骨醤油だけでなく、豚骨塩も選べます。631ラーメンという、のり6枚、チャーシュー3枚、味玉1つが人気商品のようですが、その他トッピングなどで値段が変わるようになっています。トッピングもほうれん草、うずら、ネギ、もやきゃべ、チャーシュー、半熟味玉、のり、メンマなど豊富なものから選べるようになっています。

その他、つけ麺が存在したり、魚介豚骨ラーメンが存在したりしました。テーブルに置かれている刻みタマネギ、豆板醤、ニンニク、千切り生姜、粗挽き唐辛子などはトッピング自由になっています。

この日は、豚骨醤油のチャーシューメン880円、瓶ビール500円を注文。麺の硬さ、スープ、脂の濃さなど聞かれますので、スープのみ濃いめで、あとは普通でお願いしました。

瓶ビールはアサヒスーパードライでした。またサービスでおつまみメンマを付けてくださいます。うれしいサービスです。このメンマもちょっとピリ辛に味付けられており、おつまみに最適です。

しばらくするとラーメンの登場。白濁したスープ。そこに大判のチャーシューが4枚。海苔3枚、ほうれん草、うずらがトッピングされています。

スープをいただくと、とてもまろやかで豚骨の旨みが出たスープ。表面の脂分は浮いていますが、後味は、あっさりとしてるほうだと思います。横浜でいただいた家系や他の家系ラーメンと比べても、どちらかと言うと豚骨のまろやかさが前面に出て、飲みやすいスープのように思いました。

麺は、中太の縮れ麺を使用されています。一本一本が短めなのも特徴的です。かなりモチモチとした強い食感を楽しめる麺です。

チャーシューは、味付は控えめですが、かなり大判のものがドーンと入っています。脂の乗りもそこそこですが、強すぎず食べやすい印象。満足度は高いです。

うずら、ほうれん草もまろやかな豚骨スープと合いますし、サービスの刻みタマネギをスープに投入してやると、タマネギの旨みと豚骨スープがよく合って、良かったと思いました。海苔も大判なので、麺とスープと絡めて食べるのが楽しかったと思います。

適当に入ったお店ですが、味もしっかりしてると思いました。横浜家系と言うと、もっと野性味がある印象ですし、本当に家系のファンからすると亜流な感じの店舗かもしれませんが、個人的には、まろやかな豚骨風味が美味しく満足できたお店です。

↓豚骨醤油チャーシューメン
170612-1.JPG

↓チャーシュー
170612-2.JPG

↓麺とスープ
170612-3.JPG

↓瓶ビール、おつまみメンマ
170612-4.JPG

↓お店の外観です。
170612-5.JPG
posted by たぬき at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@関東

2017年06月09日

樽平・府中店@東京都府中市宮西町

府中の駅近くにあります大衆居酒屋さんの樽平さんです。この日は、夜にさく飲みで訪れました。

お店は、大国塊神社近くにあります。外観からはこじんまりとした焼き鳥屋さんかな?と言う印象です。

しかし、店内に入ると、けっこう大きなスペースがあり、テーブル席、一人客のためのカウンター席もあります。かなり大人数が入れる印象。接客も、元気と丁寧さを兼ねたもので、良かったと思います。

メニューは、焼き鳥、串焼きを中心に、居酒屋メニューが並びます。ドリンク類も一般的な居酒屋と比べると安いと思います。

この日は、最初にお得なちょい飲みセットAセット(おまかせ焼鳥4串+プリミアムモルツ生中)1000円を注文。その4本の串は、本鳥、かしら、はつ、つくねでしたので、追加で、皮、ぽんじり、軟骨、シロなどを注文しました。串はタレか塩か聞かれますので、塩でお願いしました。

またドリンクがメガサイズを注文することが出来て、こちらもかなりビッグサイズのジョッキでお得だったと思います。

最初に届いたお得セットの4本ですが、それぞれネギを間に挟んでおられます。ただ、その一つ一つの身の大きさは大きめサイズ。つくねもモチモチ食感で良かったのですが、それ以上に、本鳥のしっかりとした鳥の旨みを感じられる食感は、なかなかのもの。

追加でいただいた、塩の焼鳥は、ぽんじりのジューシーな脂の乗りと身の大きさが特に魅力あります。鶏皮は脂分が多く、シロは逆に弾力が強いのですがさっぱりと食べやすく食感が楽しいもの。それぞれお酒が進みます。

こちらのお店、しっかりと食べて飲んでも3000円台。安くて使いやすく、近場ならば、何度でも利用したい魅力のあるお店だと思います。大衆的で親しみやすい飲み屋さんだと思います。

↓つくね、はつ、かしら、本鳥(ちょい飲みセットAセット)
170609-1.JPG

↓皮、ぽんじり、軟骨
170609-2.JPG

↓シロ、ぽんじり
170609-3.JPG

↓プレミアムモルツ(生中)、突出し
170609-4.JPG

↓黒メガジョッキ
170609-5.JPG
posted by たぬき at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年06月07日

辛麺屋桝元・木屋町店@京都市中京区東木屋町通四条上ル鍋屋町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

辛麺屋桝元さんの木屋町店です。宮崎のご当地グルメになると思うのですが「辛麺」のお店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。辛麺のお店と言うと、京都では長く今出川の「京都まなび舎」さんがされていますが、個人的にも、それ以来の訪問です。

お店は、祇園四条から歩いてすぐのところに有ります。お店の外観は入り組んでいるので分かりにくいですが、赤い派手目の暖簾で分かりやすいと思います。駐車場は街中のため存在しません。

店内は、カウンター席を中心に、テーブル席も少しあります。厨房で調理されている男性店員さんと、中国系の女性スタッフさんで切り盛りされていました。慣れないながらも、丁寧な接客でした。

メニューは、元祖辛麺、トマト辛麺、カレー辛麺の3つがメインで、それぞれ辛さとサイズなどで値段が変わるようになっています。麺の種類(こんにゃく麺と、中華麺)、ニンニクの量など自由選択できます。このお店の、こんにゃく麺と言うのは、そば粉と小麦で作られた麺で、本当のこんにゃくではなく、こんにゃく風の食感の麺です。

他にサイドメニューなどもいくつか存在します。

この日は、元祖辛麺のスタンダードサイズ、3辛750円の、なんこつトッピング+150円、それと瓶ビール550円をお願いしました。瓶ビールはスーパードライでした。

登場した辛麺。インパクトのある見た目です。スープ表面には、溶き卵、唐辛子、ミンチ肉、ニラが浮き、真ん中になんこつがトッピングされています。

スープをいただくと、強烈なニンニクのパンチが最初にあります。辛さは3辛では普通くらいかなと思いますが、そこそこ刺激的かな。溶き卵やミンチ肉が辛さやニンニクの強さをやわらげてくれます。

麺は、本当にこんにゃくと思えるような、弾力のある麺を使用されています。韓国麺のような独特の食感は、辛いスープを絡めるので癖になるような味と食感を楽しめます。

それと、なんこつは、本当にトロトロのものが入っています。こちらは口に入れるだけで溶けるような食感で、とても楽しいものです。これだけでお酒のおともにしたいなと思える一品でした。

久しぶりにいただいた、宮崎の辛麺のお店。独特の味わいながらも癖になるようなスープと麺の食感が楽しいお店だと思います。また気が向いたときに訪れてみたいお店の一つです。

↓元祖辛麺スタンダードサイズ(3辛)+なんこつトッピング
170607-1.JPG

↓麺とスープ、なんこつ
170607-2.JPG

↓瓶ビール
170607-3.JPG

↓お店の外観です。
170607-4.JPG
posted by たぬき at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年06月06日

たんとと和くら・イオンモール橿原店@奈良県橿原市曲川町

「たんとと和くら」のイオンモール橿原店です。この日は休日のお昼時を少し過ぎた時間帯に訪れました。

こちらのお店は、イオンモール橿原店の1Fレストラン街の中で営業されています。イオンモールのため駐車場は完備されています。

お店の外観以上に店内は、こじんまりとした雰囲気があって、座席は狭めかもしれません。お店の方の接客は、庶民的ながらも丁寧なものでした。

メニューは、夜は居酒屋メニューのようなものも豊富なようですが、昼は定食屋さんという感じです。定食メニューは、牛たんを中心に、牛カルビ、モツ、海鮮類(焼き魚など)を組み合わせて定食メニューが中心で、値段は安いものは1000円以下から。高いものは、厚切りの牛たんの増量メニューになどで3000円くらいとなっていました。

この日は、牛たん焼きと縞ほっけ定食1790円をお願いしました。ご飯は麦めしで、味噌汁、漬物が付いてます。ご飯の量は選択できるので普通でお願いしました。

登場した定食メニューは、麦めしに、漬物、縞ほっけと、おろし、サラダと牛たん焼き、味噌汁が付いています。

牛たん焼きは、これだけで、とても美味しいもので、厚切りメニューにしませんでしたが十分の迫力。濃いめの味付けでご飯とも合いますし、肉の中はレア気味でジューシー。歯ごたえも良く、満足できる一品だと思います。

縞ほっけの方も予想外に良かったかな。このような定食系のお店だと、やよい軒のしまほっけ定食が好みなのですが、それに負けないくらい脂が乗っていて、ご飯が進むものでした。半身ですが、牛たんとセットなので、満足度は高いです。

麦めしも食感が楽しいですし、味噌汁も大根や人参がしっかり入っていて、意外と具だくさん。悪くないかなと思います。

なんとなく入った、お店なのですが、昼定食をいただくお店としては、十分楽しめたように思います。名物の牛たん焼きだけでなく、魚も美味しかったので、いろいろなメニューが楽しめそうなお店だと思いました。

↓牛たん焼きと縞ほっけ定食
170606-1.JPG
posted by たぬき at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年06月04日

第30回青山高原つつじクォーターマラソン大会

今シーズンラストレースに選んだ大会。青山高原つつじクォーターマラソン大会です。前回は、おそらく10年前くらいに出場したことがあります。

この日は、特に目標もなく、本気で走る訳でなく、あくまでファンランということで出場。起伏の激しいコースだということは前回に出場して分かっていましたので、タイムは狙えないので、とにかく景色を楽しもうと思って臨みました。

前回出場した際は、天気が悪くて見渡せなかった高原の景色。この日は、快晴です。青山高原の風力発電の風車群、そして展望台に立てば伊勢湾まで見渡せます。本当にきれいな景色。

また第30回の記念大会とのことで、Tシャツのデザインも凝っていました。これはデザインを公募されて選考の上きめられているそうですが、今回デザインされた方は、出場されている女性ランナーさんとのことでした。

クォーターマラソンの部は、その名の通り1/4マラソンなので10.55kmです。面白いのは、10kmコースが設定されているようで、他の5km、3kmのスタート地点から、0.55km下がった場所からスタートします。しかもこの0.55kmが超絶登り坂でスタート直後からきつい(笑)

その後もアップダウンの激しい高原特有のコース。風力発電があるものだから、当然、風も強い。なかなかの難コースです。しかし景色は本当に美しく、大迫力の風車の近くを走り、伊勢湾を見渡し、高原の美しい新緑の景色の中、楽しんで走ることができます。

この日はファンランでしたので、終始ながしペースで走りました。タイムも50分を少し過ぎていたのですが、順位的には意外と上位だったような。やはり他のランナーさんも、このアップダウンに苦しんでタイムを落とされているのでしょうか。

しかし、この大会は快晴だと本当に気持ち良い大会だと思います。また良く年以降もタイミングが合えばシーズンのラストファンランで出場してみたいなと思います。

↓風力発電の風車群
170604-1.JPG

170604-2.JPG

↓伊勢湾が見渡せます。
170604-3.JPG

↓参加賞のTシャツ
170604-4.JPG
posted by たぬき at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2017年06月02日

来来亭・枚方藤阪店@大阪府枚方市藤阪南町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

来来亭の枚方藤阪店です。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、藤阪駅の目の前にあります。ローソンや他の飲食店との共同施設のようになっていて、駐車場も完備されています。

お店の外観は、来来亭の基本のような大きな黄色い看板が目立つので分かりやすいと思います。外壁が黒色なのは珍しい感じでシックに思いました。

店内も来来亭の基本の構造と同じくカウンター席と座敷が並びます。接客は、来来亭の元気すぎる接客とは異なり、適度な元気さで、それはそれで気配りも効いている雰囲気で良かったと思います。それとカウンター席に座って気づいたのですが、来来亭カラーの青色カウンターではなく、木目調でした。

メニューは、基本の背脂醤油系のラーメン620円を中心に、こってりラーメン、旨辛麺、味噌ラーメン、塩ラーメン、赤味噌ラーメン、冷麺なども存在します。それぞれトッピングやサイズで値段が変わります。

また単品メニューも豊富で、それらとラーメンを組み合わせた定食メニューも豊富に存在します。このお店では、がっつりセットと言う、ごはん系と唐揚げなどを組み合わせたボリュームメニューを売りにされているようでした。

この日は、チャーシュー麺770円を注文。麺の硬さやスープ、チャーシューの好みなどは、全て普通でお願いしました。

登場したラーメン、一般的な来来亭と比べて、見た目で思うことは、背脂が若干少な目。それとチャーシューが大判と言うことです。トッピングは、チャーシューの他、ネギ、メンマとシンプルなものです。

スープをいただくと、来来亭の中でも鶏ガラのコクが控えめで、あっさりとした味わい。ただあっさりながらも頼りない訳ではなく、醤油と鶏ガラのコクのバランスの良いすっきり感のある味わいを楽しめます。後味も一味が入っていることでピリッと引き締まっています。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。普通ぐらいの硬さの茹で具合で、しっとり感のある食感が楽しいものです。

チャーシューは、他の来来亭さんと比べて大判のものを使用されています。来来亭の場合、小さめのチャーシューを麺や背脂と絡めて食べるのが楽しい気がするのですが、これはこれでチャーシューのボリューム感をしっかりと感じて楽しめるものでした。

初めて訪れた藤阪の来来亭さん。すっきり感のあるスープに大判のチャーシューたっぷり。他の来来亭さんと比べると、個性を感じますが、なかなか高レベルだったと思います。多くの方に愛されそうな味わいのお店だと思います。

↓チャーシュー麺
170602-1.JPG

↓チャーシュー
170602-2.JPG

↓麺とスープ
170602-3.JPG

↓お店の外観です。
170602-4.JPG
posted by たぬき at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2017年05月31日

TAIWAN BAR 台湾ケンタ・コモスクエア店@愛知県豊田市喜多町

おすすめ度:★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

豊田市にあります「TAIWAN BAR 台湾ケンタ」さんです。この日は、休日のお昼時に訪れました。

お店は、新豊田、豊田市の駅からトヨタスタジアム方面に進んだコモスクエアという複合施設の1階にあります。1階はレストランが並んでいますので、分かりやすいと思います。

店内は、カウンター席とテーブル席が並んでいます。外観以上に人は入れそうです。TAIWAN BARと名乗っておられるだけあり、飲み屋使いが出来そうな雰囲気です。スタッフの皆様の接客も丁寧なものでした。ただ、お昼時は混雑しているので、料理の提供時間がとても長いことはマイナス点かなと思いました。

メニューは、看板メニューの台湾メンが1辛〜10辛まで辛さが選べます。1〜5辛が台湾メン500円、6〜10辛が赤の台湾メン550円として売られています。トッピングもいろいろなものが選べます。他にも居酒屋使いできそうな単品メニューが豊富にあり、お昼のセットメニューも存在したと思います。アルコールもアジア系を中心に豊富に存在しました。

この日は、赤の台湾メン 6辛550円にトッピング、台湾ミンチ増し+150円をお願いしました。それと台湾ビール390円をお願いしました。

まず台湾ビールが提供されます。こちらは口当たりが軽い、日本のビールに似たピルスナータイプで、とても飲みやすいです。

続いて赤の台湾メンの登場。かなり小さな器で登場します。周りを見ていると単品で台湾メンをたのまれている方は大サイズでお願いされている方がほとんどです。単品の方は大サイズの方が良いかもしれません。

見た目のインパクトは強くて、スープ表面は脂分と唐辛子が多く浮いています。そして豚ミンチ、にんにく、ニラがトッピングされています。

スープをいただくと、飲んだ瞬間にグッと来るスパイシー感。ただ辛いだけではなく、独特の香辛料などの旨みもあるように思います。にんにくや脂分の強さもあるので、パンチ力抜群のスープです。

麺は多加水の縮れ麺を使用されています。強めの食感で、豚ミンチや唐辛子をしっかりと絡めてくれます。豚ミンチは粒が大きめで食感もしっかりとしています。スパイシー感の際立つスープの中で、中和するような役割を果たしています。

かなりのインパクトのある、こちらの台湾メン。迫力があるのですが6辛だと、辛さ、スパイシー感が強くて、若干単調な味わいになったように思います。また違うときに訪問する機会があれば、もう少し辛さ控えめの味で楽しんでみたいと思います。

↓赤の台湾メン6辛+台湾ミンチ増し
170531-1.JPG

↓麺とスープ
170531-2.JPG

↓台湾ビール
170531-3.JPG
posted by たぬき at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2017年05月29日

カリー工房・ガーデンモール木津川店@京都府木津川市州見台

ガーデンモール木津川のフードコートにあります「カリー工房」さんです。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

こちらのフードコートはとても小さくガーデンモール内の平和堂の食品売り場に近い場所にあります。ラーメン屋さんなどと並んで、一番奥に「カリー工房」さんが、あります。こちらのフードコートはお昼時でも、ものすごく混雑することはないように思います。接客は、フードコートらしい素朴な雰囲気です。

メニューは、カレーが基本が430円で、トッピングで値段がアップしますが、一番高いカツレツカレーでも630円とお手軽価格。他にもたこ焼き、ソフトクリームなども扱っておられたりします。

この日は、一番高いカツレツカレーを注文。約6分待ってくださいと言われますので、待ちますとベルが鳴り、鶏に行くシステムです。

カツレツカレー、見た目はいたってシンプル。ご飯の上にルーがかかり、カツが乗っています。福神漬等は自由にトッピング可能となっていました。

こちらのルーを食べてみると、意外と酸味とコクがあって、あれ?予想以上に行けるなと。スパイシーさもあるし、フードコートですが悪くない印象です。ただ具はほとんど入っていないので、物足りない感じもしますが。

カツレツは、身が薄めで、インスタント感が強いものです。ただ、揚げたてのカリッとした衣の食感は美味しく、カツレツ自体も大きめなのでボリューム感はあります。

全体的にも、カレーのルーが意外と美味しくボリュームもあるので、フードコートのカレーとしては及第点以上かなという印象です。ガーデンモールの買い物ついでにふらっと立ち寄って時間をつぶすのにも良いお店だと思います。

↓カツレツカレー
170529-1.JPG

↓メニュー
170529-2.JPG
posted by たぬき at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年05月28日

パリクロアッサン・木津店@京都府木津川市相楽城西(2)

アルプラザ木津のパン屋さん「パリクロアッサン」さんです。近場では、アピタ精華台のお店も同系列のパン屋さんです。

この日は、以前から好みの「ダブルチーズフォンデュ」(日によってはチーズフォンデュフランスのような名前で売られています。、おそらく使われているチーズの種類で名前を変更されていると思います)がありましたので、それを取りました。

その他、のび〜るチーズのミックスピッツァ、明太ポテトブレッドを購入、それぞれ150〜200円前後で買いやすい価格です。

まず、ダブルチーズフォンデュですが、外にもチーズがまぶされ、カリッと焼きあがった食感とチーズ味が良い感じ。そして中身はトロけるチーズフォンデュのような濃厚な味わい。このパンが、ここのお店では一番おいしいかな?といつも思います。

明太ポテトブレッドも好みの味ですが、ポテトの柔らかさに明太子のアクセントが効いていて、バランスも良いし、満足できる一品だと思います。

のび〜るチーズシリーズは複数種類置かれていますが、こちらのミックスピッツァの方が、サラミ風のハムやタマネギ類の野菜も使われていて、まさしく味はピッツァ風。食べていて楽しい一品だと思います。

こちらのパン屋さんは、お手軽で、価格も安く使いやすいお店だとおみます。これからもしょっちゅう使うお店の一つだと思います。

↓ダブルチーズフォンデュ、のび〜るチーズのミックスピッツァ、明太ポテトブレッド
170528-1.JPG
posted by たぬき at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ