2019年02月17日

京都マラソン2019

今年度の目標として照準を合わせてきた京都マラソン。新年の走り込みや、試し走として選んだ加古川30Kもそこそこ良い感じで、右足の指に痛みがある以外は順調に来ていました。目標は3時間20分台前半くらいとしました。

過去に京都マラソンは3度出ていますが、初めて京都駅から西京極までの予約バスで行ってみました。正直、これはミスだったかなと。すごい並ぶし、座ることが確定でなくて・・ バスの中も立ちっぱなしで、普通に地下鉄と阪急で行けばよかったなと後悔しました。

当日の気温は予報ではスタート時点が5度くらいで、最高気温8度、曇りとのことで、防寒機能付きの長袖Tを着用して走ることに。しかしスタート地点に立つと・・暖かい、快晴。司会進行のキヨピーがすでに9度で給水を十分に取ってくださいと注意を即しておられ失敗!かと思いました。

ただ、スタート後、ゴールまで雲がかかる時間が多く、やはり寒くて服装はミスではなかったです。さすが日本の天気予報。当たります。

スタート後、最初は、混雑が激しいので嵐山付近の5qくらいまでは身体の調子を確認しながらゆったり目のペースで行きます。そのあと、徐々に集団もはぐれてくるので、スピードを上げることに。

きぬかけの道の10〜15qあたりは一番の坂道の難所だと思うのですが、思った以上に身体が軽く、普段から坂道トレーニングを繰り返していたからか順調に通過。そのあとも20qをすぎ、植物園あたりをすぎ、意外と体が軽いなと。さらに北から南の風だったので、これは後半有利だなと・・

賀茂川の河川敷に入り、この付近も予想外に身体が軽くスピードが出ます。30qを過ぎ、35qの京都市役所前あたり、いつもなら35qあたりで一気に身体が重くなるな・・と思っていたら、ここも軽い感じで通過。

うーんなんだこの感じ?と思いながら最後の今出川通の登りにも向かいますが、ここでもキロ4分台をキープできます。本当に快調。最後、京大前から平安神宮にかけては緩い下り坂でもありますし、気分も行けるということで、そのままゴール。

初めてかもしれませんが、前半より後半のほうがタイムの良いフルマラソンとなりました。結果も3時間10分台後半ですが、かなりの出来です。これも周りの人々のおかげだと思います。

京都マラソン、少し狭い道もありますが、応援も活気があって、とても楽しむことができました。また、当選したらこちらの大会に出場してみたいなと思います。自身も次のレースに向けて、また練習・調整していこうと思います。

↓完走メダル
190217-1.JPG

↓参加賞
190217-2.JPG

↓前々日の受付「おこしやす広場」
190217-3.JPG

190217-4.JPG
posted by たぬき at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2019年02月15日

天下一品・押熊店@奈良市押熊町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の押熊店です。何度かリピートしている天下一品です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、押熊町の中央とも言える神功5丁目の交差点をすぐ北上したところにあります。お店の外観はこじんまりとしていますが、赤いテント看板や提灯が目立ち分かりやすいと思います。お店の前と裏手に駐車場があります。

店内は、こじんまりとしながらも意外と多くのテーブル席とカウンター席が並びます。お店の方の接客は庶民的で親しみやすいものです。

ラーメンは、こってり・あっさり・屋台の味(こっさり)から選択することができ、サイズとトッピングなどで値段が変わるようになっています。こちらのお店はトッピングのバリエーションが豊富なのが特徴です。

また単品も他の天一で見ないようなものも多くあり、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューも充実しています。

この日はチャーシューメン(並)925円と、前から気になっていた焼豚ステーキ524円をお願いしました。チャーシューメンはニンニク入りでお願いしました。

最初に焼豚ステーキが登場し、そのあとすぐにチャーシューメンが届きます。

焼豚ステーキは、シンプルにドーンと分厚いチャーシューを塩コショウで味付けたもの。150gあるそうで、ボリューム感たっぷり。暑さも1.5cmくらいはありそうです。

しっかりと外側がカリッと焼き上げられてますが、脂身も多めの部分で柔らかさも抜群でジューシー。ラーメンで使われているチャーシューとも異なる部位です。塩コショウの味付けと醤油ダレの濃い目の味付けもたまらないものがあります。焼豚好き、肉好きには一度試してほしいメニューです。

そしてチャーシューメン。いつもながらの濃厚そうなスープに、辛子入りのニンニクが少々。そしてチャーシューがとても大判で迫力があるのが押熊店の特徴。その他、ネギ、メンマがトッピングされています。

スープは、天一らしい鶏ガラ野菜をとことん煮込んだ濃厚スープ。こちらの店舗は、ほかの店舗と比べると、やや滑らかな舌触りのようにも思いましたが、その濃厚さはさすがのものです。

麺は中細ストレート麺を使用されています。茹で具合も普通くらいで食感が心地よいもの。こってりスープとの絡みも良いものです。

そしてチャーシューは赤身肉を使用され、しっかりとした醤油ダレの味も入っています。そして何より1枚1枚の大きさが迫力あります。これだけでお腹がいっぱいになるようなボリューム感を楽しむことができます。

押熊店は、こってり好きな方だけでなく、チャーシューが好きな方にも楽しめる良店だと思います。単品メニュー、トッピング等も豊富ですので、何度でもリピートすることができそうです。

↓チャーシューメン(並)
190215-1.JPG

↓チャーシュー
190215-2.JPG

↓麺とスープ
190215-3.JPG

↓焼豚ステーキ
190215-4.JPG
posted by たぬき at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2019年02月13日

背脂醤油ラーメン・谷口商店@大阪府枚方市大峰南町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

枚方市にありますラーメン店「元祖背脂醤油ラーメン谷口商店」です。この日は、平日のお昼時に訪れました。こちら私のような滋賀育ちには馴染みのお肉屋さん「肉のげんさん」が経営されているラーメン店のようです。

お店は、枚方市の307号線沿い、津田第二団地前の交差点近くにあります。赤く大きな「谷口商店」と書かれた看板が目印となります。店舗駐車場も完備されています。

店内のレイアウトについて、入った瞬間に思うことは、来来亭さんと似ていること。厨房前に直線的にカウンター席があり、来来亭とは異なり、座敷ではなくテーブル席が並びます。店内の大きさも来来亭そっくりです。店内は清潔感があります。接客は、来来亭さんの良く気の利く元気の良いものを見ているだけに、どうしても比べてしまい・・なんかだるく適当な対応に思えました。そのあたりは残念です。

メニューは、背脂醤油ラーメン、塩、味噌を中心に、背脂醤油赤(ピリ辛)、ちゃんぽんなどが存在します。単品メニューも豊富に存在し、それらと組み合わせた定食メニューも多く存在します。基本的に来来亭さん、そっくりなメニュー構成だと思います。

また肉に関してはこだわりが感じられ、例えば、その日のチャーシューの炊き上がり時間などが店内に表示されていたりします。

この日は、背脂醤油肉ラーメン(並)850円を注文。麺の硬さなどの好みを聞かれますので、すべて普通でお願いしました。

しばらくすると登場するラーメン、濃い目の色合いの醤油スープには背脂と、わずかに一味が浮いています。トッピングはチャーシュー、メンマ、ネギとシンプルなものです。

スープをいただくと、醤油の香りがよく、ベースの鶏ガラの旨味とのバランスも良くなかなかのもの。醤油の甘みが意外とあるのが、来来亭を初めとする京都の背脂醤油系との異なる点でしょうか。ただ一味も入ってますので、後味は引き締まっています。

麺は低加水の中細ストレート麺を使用されています。そこそこコシも良く、しっとりとした噛み心地も良い麺で安心感があります。

チャーシューは、肉のげんさんが厳選したという豚肉を使用されているとのこと。薄切りで、柔らかく味がしっかりと入っています。ただ、そこそこ美味しいチャーシューではありますが、他のラーメン店と比較して、肉屋らしい違いを感じるかというと、そこまでもないように思いました。ここは売りなだけに頑張ってほしかったように思います。

ただ、全体的には、バランスも良く、素直に楽しめる背脂醤油系のラーメンだったと思います。ほんのりとした甘みが特徴的で、他の背脂醤油系にない個性もありますので、これからも頑張ってほしいお店です。

↓背脂醤油肉ラーメン(並)
190213-1.JPG

↓チャーシュー
190213-2.JPG

↓麺とスープ
190213-3.JPG

↓お店の外観です。
190213-4.JPG
posted by たぬき at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2019年02月11日

グレイスガーデン・イオンモール大和郡山店@奈良県大和郡山市下三橋町

イオンモール大和郡山のレストラン街にありますパン食べ放題レストラン「Grace garden」さんです。こちらのショッピングセンターに立ち寄った際には、かなりの頻度でリピートしています。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。

お店は、レストラン街の中にあります。土日でも11時台であれば並ばずに食べられることもありますが、12時台になると待ち客がおられることが多数だと思います。

店内は、入ってすぐのところに食べ放題のパンのサービスエリアがあります。明るく開放感のある清潔な店内にテーブル席が並びます。お店の方の接客も丁寧なものです。

メニューは、パスタ、ハンバーグ、グラタンなど洋食メニューがあり、単品を注文するとパン食べ放題が付いてきます。ランチセットも存在し、サラダ、ドリンク、スープが付いてきます。価格も1000円台前半が多く、良心的な設定です。

この日は、イタリア産モッツァレラチーズとバジルのトマトソースパスタ1100円を単品で注文しました。

待っている間にパンをいただきます。今回食べたのは、明太ロール、チョコ、ツナマヨ、柚子あん、生クリームサンド、マロンパイ、ハムマヨ、ベリーベリーチーズ、スイートポテトパイ、りんごカスタードデニッシュ、紫芋デニッシュ、チェダーチーズなど。

どれも小ぶりサイズなので、いくらでも食べられそうな感覚です。明太ロールがマヨと明太子のソースのバランスが良かったのと、ほかに季節限定として柚子あん、りんごカスタードなどがあったと思います。柚子あんは柚子の風味と甘みのバランスが良かったです。

イタリア産モッツァレラチーズとバジルのトマトソースパスタは、ベースのトマトソースが、そこそこ濃厚なトマトの旨味が活きていてシンプルに楽しめます。バジルは、それほど強くなく、モッツァレラチーズは固まりを数個入れてあるので、パスタとの絡みがいまいちなのはご愛敬。ただチーズの伸びも良く、味としてはバランスが良かったと思います。

こちらのお店は安くで気軽にお腹いっぱい楽しめるのが良いと思います。店舗も明るく雰囲気が良いので、家族連れや女性客にも使いやすいと思います。

↓イタリア産モッツァレラチーズとバジルのトマトソースパスタ
190211-1.JPG

↓パン食べ放題
190211-2.JPG

190211-3.JPG

190211-4.JPG
posted by たぬき at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年02月09日

丸亀製麺・ビエラタウンけいはんな店@京都府相楽郡精華町光台

丸亀製麺のビエラタウンけいはんな店です。何度もリピートしている店舗です。この日は平日の夕食時に訪れました。

お店は、精華町の複合商業施設の「ビエラタウンけいはんな」にあり、独立した一つの建屋で営業されています。お店の外観は、他の丸亀製麺さんの店舗と同じような感じです。駐車場も完備されています。

店内も木目調を基調とした丸亀製麺さんらしい造り。テーブル席やカウンター席もあり、多くの人が入れそうです。お店の方の接客も丁寧なものです。

メニューは、讃岐うどんにありそうなものが一通りある他、期間限定品や店舗限定品なども存在します。

この日は、店舗限定として「味噌煮込みうどん」がありましたので、「海老天味噌煮込みうどん(並)」620円、それと、ちく天、鮭おむすびを取りました。

味噌煮込みうどんですが、この日は寒かったためか、多くの方が味噌煮込みを注文されます。うどん職人さんも一人一人注文されるたびに、鍋に味噌を入れてうどんを煮込んで・・と丁寧に対応されていて・・・とても時間のかかるメニューですね。それほど行列があったわけではないのですが、かなり待ったように思います。もちろん私の味噌煮込みうどんも時間をかけて作ってくださいました。

そしてようやくゲットした味噌煮込みうどん。具は豪華で、海老天のほかにかしわ天も入っていて、生卵、かまぼこ、ネギなどがトッピングされています。

味噌は、やはり八丁味噌を使われているのかな?若干、硬いようなの濃厚な独特の味わい。好みが分かれるかもしれませんが、コクも豊かで個人的には好みだと思いました。海老天、かしわ天にも、その味が染みていて味噌の風味を堪能できます。

うどんも、しっかりと煮込まれているのですが、それでもしっかりとしたコシを保っています。さらに味噌味もしみているので、いつもよりも楽しい麺になっています。また生卵を合わせてやると、若干、味噌の風味がマイルドになるので、食べやすくなります。

ちく天も味噌と合わせると美味しくいただけましたので天ぷらとの相性も良い味噌煮込みうどんだったと思います。

おにぎりは、いつもながらに温かく、そこそこの具の量もあり満足できました。

初めていただいた丸亀製麺さんの味噌煮込みうどん。濃い目の味わいは、冬場に身体が暖まる良いメニューだと思いました。調理にとても時間がかかって大変そうでしたが、頑張って続けてほしいなと思いました。

↓海老天味噌煮込みうどん(並)
190209-1.JPG

↓ちく天、鮭おむすび
190209-2.JPG

↓店舗限定メニュー
190209-3.JPG
posted by たぬき at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年02月07日

バケット・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

サンマルク系列のパン食べ放題レストラン「バケット」のイオンモール高の原店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。11時台に入店したためか待ちはなく、すぐに席に着くことができました。

お店は2Fレストラン街の一番手前(高の原駅に近い方向)にあります。それほど広くはない店舗ですが清潔感があります。テーブル席が並び、そこそこのお客さんは入れそうです。お店の奥側が食べ放題のパンを取るスペースとなっています。お店の方の接客も丁寧なものです。

メニューは、洋食のメイン料理を一品注文すればパン食べ放題が付いてくるようになっています。ほかに、ドリンクバーやサラダなどを別料金で追加することも可能です。価格も1000〜1500円くらいで手ごろなものです。

この日は、和風ハンバーグステーキジャポネソース1290円を注文。

料理を待つ間、パンを取りに行きます。こちらはサンマルクと異なり、どうしてもセルフサービスなので焼き立てから冷めた状態が多いのは弱点だと思います。

この日は最初に期間限定と書かれていたカスターデニッシュ、きな粉トースト、ガーリックチャパタを取り、そのあと、定番のチーズロング、和風チャパタ、よもぎ、レーズンロール、クロワッサンなどをいただきました。

個人的には、チャパタが好きなのですが、ガーリック味にすると食感とガーリックの旨味も楽しめてよかったです。またクロワッサンは定番ながらも食感が良くいつでも楽しめるなと思います。

和風ハンバーグステーキジャポネソースは、和風ソースにオニオン、紫蘇が添えられたもの。ほかになすび、ポテトなどの野菜類が付いてきます。

ハンバーグ自体は、そこそこかなという感じですが、シンプルながらも和風ソース、オニオン、紫蘇の風味のバランスが良いもの。和風ながらも意外と濃い目の味付けで食が進む一品だと思います。

こちらのお店は、価格が安くパンの質も良いので、しっかりとパン食べ放題を楽しむのに適していると思います。またの機会に利用したいと思います。

↓和風ハンバーグステーキジャポネソース
190207-1.JPG

↓パン食べ放題
190207-2.JPG

190207-3.JPG

190207-4.JPG

190207-5.JPG
posted by たぬき at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年02月05日

かつアンドかつ・精華町店@京都府相楽郡精華町光台

かつアンドかつの精華町店です。何度となくリピートしているお店です。この日は祝日のお昼時に訪れました。土日祝のお昼時は少々待つこともあり、この日は5分ほど待ちました。

お店は複合商業施設の「ビエラタウンけいはんな」の中にあり、独立した一つの建屋で営業されています。駐車場も完備されています。

店内は清潔感があり、ゆったりめのテーブル席が並びます。お店の方の接客も丁寧なものです。

メニューは、とんかつのレギュラーメニューが1500円前後のものが多い印象です。日祝はありませんが、平日と土曜日はお得なランチメニューが存在し、その場合1000円未満で食べられるものがほとんどです。ごはん、味噌汁、キャベツ、漬物などはお替り自由となっています。

この日は、今まで食べてなかった「鉄カツ」の中から、「極上ロースの鉄カツ膳」120g、1630円を注文しました。ソースは3種類から選べ「とんてきソース」をお願いしました。

鉄カツは、鉄板の上で熱々状態、ソースがフツフツはじける感じで登場します。最初に生パルメジャーノをトッピングするか聞かれますのでお願いすると、その場で摩り下ろして入れてくださいます。とんかつのほかには、大きなフライドポテトも乗っていました。

とんかつは瀬戸内六穀豚を使用されているということもあり、とても柔らかな脂分がありジューシー。厚みもあるので食べ応えがあります。とんてきソースは濃厚で甘辛く旨味があり、正直、パルメジャーノの追加は必要なかったかなと思えるほど良かったと思います。ボリューム感もあり素直に楽しめるとんかつです。ご飯が良く進む味わいだと思います。

それと、かつアンドかつは、やはりキャベツの切り方が美しく、とても食感良くいただくことができます。ドレッシングは、ゴマと和風から選択できるのですがお替りすると、新しいお皿と交換くださいますので味を比較するのも楽しい感じです。

こちらのお店は何度となくリピートしていますが、広々とした店内は居心地も良いですし、料理もなかなかのもの。これからもまた使いたいお店です。

↓極上ロースの鉄カツ膳
190205-1.JPG
posted by たぬき at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年02月02日

ヨネヤ・南店@大阪市中央区難波

立ち飲み串カツのヨネヤさんの南店です。この日は、土曜日の15時ごろ、中途半端な時間帯に訪れました。こちらは以前は頻繁に使っていましたが、最近は大阪に仕事で行くことが少なく久しぶりの訪問です。

お店はなんばウォークの最も難波寄りにあります。お店は外から様子がよく見えるようになっていて、基本は立ち飲みカウンター席、少しだけテーブル席があります。

メニューは100円ちょっとくらいで串カツや小皿料理が多くあります。アルコールも基本的なものはそろっています。

この日は、串カツのチーズ、とり、たまねぎと、砂ずり、瓶ビール(大)を注文。瓶ビールはキリンラガーと黒ラベルから選べましたので、黒ラベルにしました。

久しぶりに食べたのですが、このお店のとり、チーズは鉄板のような優良メニューに思います。チーズは量も多く、熱々とろける食感、とりは骨付きで肉のボリュームもたっぷり。ソースとの相性もとても良い一品です。

砂ずりは食感が良く、さらに抹茶塩のようなものをつけてくださいます。コリコリ食感と、付け塩との相性でビールが進みます。たまねぎも以前と変わらず大きめで食べ応えがありました。

結局、10分ほどの滞在。サクッと飲んで、サクッとうまい串カツを食べて、乗り換えの電車にサクッとのる。それができるこちらの店舗は使い勝手がやはり良いと思います。

↓チーズ、砂ずり、とり
190202-1.JPG

↓玉ねぎ
190202-2.JPG

↓瓶ビール
190202-3.JPG
posted by たぬき at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年02月01日

グレイスガーデン・イオンモール大和郡山店@奈良県大和郡山市下三橋町

パン食べ放題のレストラン「グレイスガーデン」のイオンモール大和郡山店です。こちらのイオンモールを利用するたびにリピートしています。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店はイオンモール大和郡山のレストラン街の中にあります。

店内は、それほど広くはないのですが、テーブル席が多く並び、そこそこの人が入れそうです。清潔感のある明るい店内で、店員さんの接客も丁寧なものです。

メニューは、パスタ、ハンバーグ、グラタンなど洋食メニューがあり、単品を注文するとパン食べ放題が付いてきます。ランチセットも存在し、そちらはさらにサラダ、ドリンク、スープが付いてきます。価格も1000円台前半が多く、良心的な設定です。

この日は、単品で「福岡産明太子と大葉のクリーム仕立て和風パスタ」1100円を注文しました。

パスタが登場するまでの間、パン取り放題を楽しみます。こちらのパンは、ミニパンサイズで食べやすいもので種類を楽しむことができます。ただミニパンなので、冷めやすく焼き立て感がすぐになくなるのは損なところだと思います。

この日は多くいただき、明太チーズ、豚まん、クリームチーズ、三日月みかんのチーズ、お芋と栗、あまおうイチゴのメロンパン、カレーパン、レアチーズ、マヨ、チョコクロワッサン、ゆずアンパン、えびすかぼちゃデニッシュなどをいただきました。

これまでよりチーズ系が多く出ていたことと、あまおうイチゴや三日月みかんなどは季節限定だったようです。あまおうイチゴはイチゴの甘みが活きていましたし、三日月みかんは柑橘系の風味とチーズがバランス良かったと思います。

明太子と大葉のクリーム仕立て和風パスタは、大葉は本当に少々という感じです。クリーム明太子パスタとしては、とてもシンプルな印象で、明太子、クリームソース、刻み海苔を絡めたもの。クリームソースがそこそこ美味しく明太子のピリッとした辛みが効いているのですが、ものすごい特徴は少ない一品かなと思いました。

ただ、こちらのお店は良心的な価格で、多くの種類のパンも食べることができて、明るい店内でゆっくりと過ごすことができます。いつでも使いやすい店舗だなと思います。

↓福岡産明太子と大葉のクリーム仕立て和風パスタ
190201-1.JPG

↓パン食べ放題
190201-2.JPG

190201-3.JPG

190201-4.JPG

190201-5.JPG
posted by たぬき at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2019年01月29日

仲本食堂@京都府木津川市木津南垣外

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

木津川市の市役所前、もともと仲本食堂があった場所は人気のイタリアン「リストランテナカモト」となりましたが、少し前から2Fで仲本食堂さんが再開されています。

最近は、リストランテナカモトの仲本シェフが監修されてラーメンを出されているとのことで一度行ってみたいなとずっと思いつつ、ようやくの訪問。

お店は、リストランテナカモトの隣に掲げられている白い暖簾を通り、階段を上がると2Fにお店を構えておられます。店舗駐車場はありませんので車の方はコインパーキング等を利用することになります。

店内は、リストランテナカモト同様に、食堂とは思えない小ぎれいさ。奥にワインセラーなんかがあったりして、こちらも立派なイタリアンのような店構えです。お店は、女性店員さんたちが切り盛りされていて、庶民的で親しみやすいものです。

メニューは、木津川ネギ塩ラーメン、熟成醤油ラーメンの2種類。それと仲本の焼き餃子。ラーメン、餃子、ライスをセットにした定食のみとシンプルなものです。

この日はラーメン単品と餃子をお願いしようとしたら、定食のほうが安くライス抜きもできますとのことで、木津川ネギ塩ラーメン定食890円(ライス抜き)でお願いしました。

しばらくするとラーメン、餃子ともに提供されます。また山城ネギと柚子胡椒を合わせたペーストが添えられて、好みでラーメンや餃子にとのことです。

ラーメンは、澄んだ色合いで表面にネギから取ったグリーンオイルが浮いています。トッピングは炙りバラチャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、海苔となっています。

地元の食材にこだわられているようでスープは雉祥で有名なナカムラポートリーさんの鶏ガラから取られているようです。鶏ガラのコクもそこそこあり、優しい味わいの塩スープ。そこにグリーンオイルと白髪ねぎの旨味が溶け込むように調和しています。とてもバランスの良く、ねぎの旨味たっぷりの塩スープです。

麺は、麺屋棣鄂さんの中細麺を使用されています。麺屋棣鄂さんのよくある麺と比べると表面のツルっとした食感が特徴的です。

豚バラの炙りチャーシューも厚切りで口の中でトロける食感。とても高レベルのチャーシューでした。

また餃子のほうもプリプリの皮に具沢山で、食べ応えあり。ニンニクを使われていないそうですが、それを感じさせないくらいの癖になる味わいの一品です。

初めていただいた仲本食堂さんの木津川ネギ塩ラーメン。リストランテナカモトさんが監修されたこじゃれたラーメンは、スープ、麺、具が調和した完成度の高い一杯だと思います。また気が向いたときに食べに訪れたいと思います。

↓木津川ネギ塩ラーメン定食(ライス抜き)
190129-1.JPG

↓木津川ネギ塩ラーメン
190129-2.JPG

↓チャーシュー
190129-3.JPG

↓麺とスープ
190129-4.JPG

↓仲本の焼き餃子
190129-5.JPG

↓お店の外観です。
190129-6.JPG

190129-7.JPG
posted by たぬき at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都