2018年08月07日

MILAN・京田辺店@京都府京田辺市宮津宮ノ下

奈良、京都、大阪の県境付近に多く出店されているカレー店「MILAN」さんの京田辺店です。複数の店舗を訪れたことがあるのですが、最近は近場で綺麗な店舗でもあるこちらばかり利用しています。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。

お店は、近鉄宮津駅の近くにあります。こぎれいな黒と黄色を基調とした外観のお店は分かりやすいと思います。お店の横に駐車場も完備されています。

店内はテーブル席が多めで、広々としています。調理などはすべてインド、ネパール系の方がされていて、接客を日本の若いスタッフさんがされています。このお店は接客も丁寧だと思います。

ランチメニューは、最も安いAランチ850円からあります。サイドメニューやナンの種類などで値段が変わるようになっています。基本のプレーンナンは、おかわり自由です。

この日は基本のAランチを注文。内容は、プレーンナンおかわり自由、カレーは日替わりかチキンカレーとのことで、この日の日替わりメニュー「うずら玉子のキーマカレー」をお願いしました。他に、サラダ、スープ、ドリンクが付きます。ドリンクはラッシーをお願いしました。辛さも選べますので1辛にしました。

しばらくすると登場する料理、いつもながらに大きめのナンです。

スープは、独特のスパイシーな味わいのもので個性的な味わいでした。コクもあり、美味しかったと思います。サラダはシンプルな味わいです。

そしてカレーは、このお店の基本のキーマにうずら卵を加えたものだと思います。キーマは、そこそこのスパイシー感がありますが、マイルドな後味もありちょうど良い食べやすさ。ひき肉は少なめですが、ウズラ卵のプチっとした心地よい食感が癖になりそうです。

ナンは、いつも通り味も入っていて、ふんわりおいしいもの。ついついおかわりしてしまう美味しさだと思います。ボリューム感もありますし、ガッツリ食べたい方にもおススメ出来るナンだと思います。

こちらのお店は、居心地も良く味も安定していますので、ついついリピートしてしまうお店です。京都南部のカレー店では、おススメできるお店の一つだと思います。

↓Aランチ(うずら玉子のキーマカレー)
180807-1.JPG
posted by たぬき at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年08月03日

ココス・都跡店@奈良市四条大路

ファミレスのココスの都跡店です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、三条大路沿い、三条大路5丁目の奈良から大阪方面へ向かうレーン沿いにあります。郊外型ファミレスチェーンという感じで、駐車場も完備されています。

店内は、広々としていて、ゆったり目のテーブル席が多くあります。基本的なファミレスと言う感じですが、お店の方の接客は、とてもトレーニングされていて丁寧で好感が持てるものでした。

メニューは、ハンバーグ、ステーキ、スパゲッティ、カレーなどを中心とした洋食が多いですが、和食も存在します。値段もお手頃なものが多いように思います。

この日は麺メニューの中から気になった「いくらと有頭エビとホタテの冷やし麺」1190円と、グリルソーセージとフライドポテト390円を注文。

最初にソーセージ&フライドポテト、つづいて冷やし麺が提供されます。

冷やし麺は、洋風の白いお皿に、中華麺が盛られ、その上に有頭エビ、桜エビ、帆立、いくらなどがトッピングされています。

冷たいソースはビスクソースと、クリームソースが使われていますが、濃厚な海老の風味がドーンと表面に出ていて旨みたっぷり。クリームソースの方にも海老の旨みが効いています。その中で、光るのが、甘みのあるいくらで、そのバランスは素晴らしいものです。

麺は、中細くらいの多加水縮れ麺を使用されています。そこそこコシも強く、食べやすいものですし、冷えた旨みあるスープとの絡みも良いものでした。

具の有頭エビやホタテも大きいものが入っていますし、桜エビ、いくらも多めに入っています。なので、予想以上に満足できる味わい。ファミレスでこの麺類はヤバいなとおもえる美味しさでした。

そして、グリルソーセージとフライドポテト。こちらはフライドポテトこそ普通なのですが。ソーセージは、ファミレスなので期待していなかっただけに・・あれ?ジューシー。うまいぞ、プチプチ食感なかからじゅわぁの脂分。普通に運転していなければビール追加したくなるものでした。こちらも予想外の美味しい一品でした。

久しぶりに訪れたココスさんでしたが、今回いただいたメニューは、どちらも大満足の一品だったと思います。この味わいなら、また訪れたいなと思います。

↓いくらと有頭エビとホタテの冷やし麺
180803-1.JPG

↓具と麺のアップ
180803-2.JPG

↓グリルソーセージとフライドポテト
180803-3.JPG
posted by たぬき at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年08月01日

ラーメンこんじき・本店@京都市上京区今出川町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

「ラーメンこんじき」さんの本店です。この日は、平日のお昼時を少し過ぎた時間帯に訪れました。

お店は、京都市営地下鉄、今出川駅を降りてすぐのところに有ります。お店の外観は、けっこう雑多な印象でしたが、白を基調とした看板やお店の前のメニュー表などでラーメン屋と分かる感じです。街中のため店舗駐車場は存在しません。

お店は入ってすぐのところに券売機があり、そちらで購入するシステムとなっています。座席はカウンター席のみで、質素ながらも清潔感はあります。お店の方の接客は庶民的な雰囲気でした。

メニューは、鶏白湯ラーメンの塩と醤油、それとまぜそばは、元祖と台湾から選べます。トッピングなどで値段が変わるようになっています。また単品メニューもいくつか存在しました。

この日は、特製鶏白湯ラーメンの醤油(並)1100円をお願いしました。特製は、チャーシュー、煮玉子、海苔などが全部乗せになるようです。

登場したラーメンは、鉢からあふれるチャーシューで迫力系の一杯。濁った色合いのスープで、トッピングは、チャーシュー、煮玉子、海苔、ネギ、穂先メンマ、揚げタマネギとなっていて、唐辛子が振りかけられています。

スープを飲んだ瞬間に思うこと。鶏特有の重みある濃厚系スープで、天下一品に近い味わい。ただ天一より甘みが強く、それを唐辛子で後味を引き締められている印象です。揚げタマネギの風味が活きていて、独特の旨みを感じます。

麺は、中細ストレート麺を使用されています。そこそこコシの強いタイプです。濃厚なスープとの絡みも良いのですが、スープの量が少ないのが残念にも思いました。

チャーシューは、大判のものがこれでもか!とたっぷりと。脂身と赤身のバランスも良く、ジューシーかつ食べ応えも十分です。煮玉子も黄身のトロける食感が良いものです。どちらも満足度はたっぷりあるトッピングだと思います。

初めていただいた、こちらのラーメン。濃厚なスープとたっぷりのトッピングは迫力があります。これだけ具がたっぷりだと、もう少し、スープが欲しいところ。ただ天一を思い出す濃厚スープは迫力があり、こってり好みの方には受けるラーメン店だと思います。

↓特製鶏白湯ラーメンの醤油(並)
180801-1.JPG

↓チャーシュー
180801-2.JPG

↓麺とスープ
180801-3.JPG

↓お店の外観です。
180801-4.JPG
posted by たぬき at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年07月30日

一風堂・京都ポルタ店@京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

一風堂の京都ポルタ店です。この日は、土曜日のお昼時、開店時間の11時ごろに、京都駅に居ましたので、開店と同時に入りました。

お店は、京都ポルタの中でも、東側のエリアの地下鉄改札付近にあります。オープンして、それほど経過していないため、とてもこぎれいな見た目だと思います。

店内も、清潔感がある綺麗な雰囲気。カウンター席と、島状のカウンター席、テーブル席があり、そこそこに人数が入れそうです。スタッフさんの数も多く、女性スタッフが多め、そして海外の観光客相手のためか、中国系のスタッフさんもおられました。それぞれトレーニングされた、とても良い接客をされていたと思います。

ラーメンメニューは、他の一風堂さんと同じで、白丸元味(基本の豚骨)、赤丸新味(香味油、辛味噌入り)、からか麺(肉味噌入り辛味)の3つが存在し、それぞれトッピング等で値段が変わります。他に、ご飯類、ひとくち餃子などの単品も存在します。また紅ショウガ、辛子もやしなどがテーブルに置かれトッピング自由となっています。

この日は、赤丸チャーシュー(チャーシュー4枚増し)1130円を注文。チャーシューは豚と鶏が選べるようでしたが、そのまま豚で。麺の硬さは聞かれませんでしたので、普通なんだと思います。

登場したラーメンは赤い器で提供されます。豚骨スープには背脂、刻みタマネギが浮き、香味油がかけられ、辛子味噌が乗せられています。チャーシュー6枚、ネギ、キクラゲなどがトッピングされています。

スープをいただくと、一風堂さんらしい、豚骨のベースがしっかりとした旨みある味わい。背脂や刻みタマネギの旨みもありますし、香味油が食をそそります。辛子味噌は後味をしっかりと引き締め、そして意外とピリッとした辛味が残る印象です。

麺は、細麺ストレートを使用されています。普通の茹で具合でも硬めのコリコリ食感。豚骨ラーメンの、硬め食感が好みの方には喜ばれる感触だと思います。

チャーシューは、何も言わなかったのですが、二種類のバラ肉、赤身肉が入っていたのは好印象。バラ肉の方は、脂分が意外と強くないのですが、柔らかくジューシーさを堪能できます。赤身肉の方は、柔らかく仕上げられつつ、豚にしては食べやすいあっさり感がありました。

初めて訪れた京都ポルタの一風堂さん、駅ナカでもありますし、雰囲気はとても清潔感があり、女性の一人客でも使いやすいお店だと思います。私も、機会があれば、他の味も試してみたいと思います。

↓赤丸チャーシュー
180730-1.JPG

↓チャーシュー
180730-2.JPG

↓麺とスープ
180730-3.JPG
posted by たぬき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年07月28日

讃岐製麺・宇治店@京都府宇治市大久保町旦椋

セルフ式讃岐うどんチェーンの一つの「讃岐製麺」さんの宇治店です。「ザめしや」を経営されている「ライフフーズ」さんの系列となります。以前は良く使っていたのですが、久しぶりに日曜日のお昼時に訪れました。

お店は、大久保田原の交差点近く、奈良から京都方面へ北上するレーン沿いにあります。お店の外観は、もともと「ザめしや」だったので、その雰囲気を残しています。駐車場は、隣接するブックオフとの共同として完備されています。

店内は、テーブル席が広々と並ぶ食堂風。ザめしやそのものです。久しぶりに訪れたこの日は、接客が丁寧だったこと、他にも天ぷらや、惣菜だけでなく、おでんなども選べたり、かけつゆもセルフ式になっていたり、本場を意識したものに変わっているなと好印象でした。

メニューは、讃岐うどんにありそうなものは一通りそろっている他、期間限定メニューなども存在します。

この日は、明太釜玉(並)400円、穴子天140円、海老の野菜かき揚げ130円、手作り玉子焼き160円を取りました。

まず、うどんですが、刻みネギ少々、そして、とろ玉と明太子がたっぷり乗せられた状態で渡されます。うどんは太目で、角はきれいに立っています。

これらを混ぜ合わせると明太釜玉の完成。正直混ぜ合わせているときも思うことが、明太子の量が多くて、ライバルの丸亀さんとかよりずっと多い。そのたっぷりさがうれしいものです。

麺も、とても良い弾力があり、そこに玉子と明太子の旨み、そしてテーブル席にある出汁醤油をかけると、素直に美味しい釜玉うどんがいただけます。麺が意外なほど良いので、素直に美味しいな、もう一度食べたいなと思える一品でした。

玉子焼きは、うどんの出汁を使われているとのことで旨みはたっぷり。柔らか味もありますし、大きさも十分で、おススメの一品だと思います。

穴子天は、ボリュームたっぷりですが、さっぱりとした食べやすさもあって、これからの季節には良さそうです。逆に海老の野菜かき揚げは、脂分も多めでボリューム感と重さを感じる一品でした。

久しぶりに訪れた讃岐製麺さんでしたが、うどん自体が、とても美味しく感じましたし、接客もとても良いものでした。またサイドメニューなども増えているようでしたので、機会を見てまた訪れたいなと思いました。

↓明太釜玉(並)
180728-1.JPG

↓手作り玉子焼き
180728-2.JPG

↓海老の野菜かき揚げ、穴子天
180728-3.JPG
posted by たぬき at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年07月27日

長田屋@奈良市小西町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄奈良駅ちかくのアルテ館にありますラーメン店「長田屋」さんです。この日は日曜日のお昼時に訪れました。

お店の外観は、赤のラーメン提灯や紫色の暖簾がかかっていて分かりやすいと思います。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席が中心でテーブル席が少しあり、お店が新しいこともあり清潔感があります。店長さんと女性店員さんの二人で切り盛りされ接客も丁寧なものです。お店入ってすぐのところに食券機があり、そこで購入するシステムとなっています。

メニューは、濃厚煮干し中華そば、煮干し中華そば(あっさり)、濃厚辛煮干し中華そば、オマール海老そば、濃厚煮干しつけそば、濃厚煮干し辛つけそばがあります。夏季限定の冷やしそば(塩とノーマル(醤油?)から選択可)もありました。トッピング等で値段が変わるようになっています。

他にご飯類が豊富に揃っています。またテーブルには薬味が、黒七味、胡麻、辛味のほか、煮干し粉末、煮干し油などが置かれています。

この日は以前、訪問した際に気になっていたオマール海老そば850円の特製(全部乗せ)+200円を注文。全部乗せは海鮮つくね、海苔、煮玉子などが追加トッピングになるようです。

登場したラーメンは、黄濁したスープに鶏肉、煮玉子、穂先メンマ、海鮮つくね、ネギ、海苔がトッピングされ、スープには、刻みタマネギ、揚げ玉ねぎ、パセリパウダーなどがかけられています。

スープをいただくと、なるほど!と思える海老のコクがしっかりと効いています。よくあります海老ガツン!という風味でなく、海老ほんのりという味わい。それが、こちらのまったりとした甘みのある鶏白湯スープともマッチしていて、バランスの良い味わいだと思います。

麺は細めのストレート麺を使用されています。食感もそこそこ良く、スープの粘度もありますので、絡みも良いものです。

鶏肉は、そこそこ厚切りで、あっさりとした食べやすいものです。また予想以上に美味しいなと思えるのが海鮮つくねで、揚げてのカリッとした食感、その中身は海老の風味も強くスープとの相性もとても良い一品です。このつくねをもっと増量してみたいなと思えるトッピングでした。

初めていただいた長田屋さんのオマール海老そば。海老の味がガツン!と来るようなものではなく、控えめで優しいものでしたが、ベースの鶏スープとのバランスも良く、とても良い一品だったと思います。また再訪したいと思います。

↓オマール海老そば特製(全部乗せ)
180727-1.JPG

↓海鮮つくね、鶏肉
180727-2.JPG

↓麺とスープ
180727-3.JPG

↓お店の外観です。
180727-4.JPG

↓メニュー
180727-5.JPG
posted by たぬき at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2018年07月26日

金ちゃんラーメン・城陽店@京都府城陽市平川横道

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

金ちゃんラーメンの城陽店です。この日は平日のお昼時に久しぶりに訪れました。

お店は、近鉄久津川駅近く、京都銀行の隣にあります。お店の外観は、赤いテント看板が分かりやすいです。以前は「免許皆伝」の文字がデカデカと書かれていたのですが、消されていますが何故なのでしょう?お店の前に駐車場も完備されています。

店内は、広々としていて、昔ながらのラーメン店という雰囲気です。カウンター席、テーブル席が多くあり、ゆったりとした配置となっています。お店は老夫婦と思われる男女で切り盛りされていて、庶民的ながらも丁寧なものだったと思います。

メニューは、しょうゆラーメン680円を中心に、札幌みそ、九州白湯が+50円で存在します。トッピングや、サイズで値段が変わります。面白いトッピングとしてコロッケが存在します。

単品メニュー、ランチタイムの定食メニューなども充実しています。

この日は、九州白湯ラーメン730円のチャーシューメン+200円を注文。

しばらくすると登場するラーメンは鉢一杯のチャーシューが迫力あります。スープは白濁した豚骨スープで表面に背脂が浮いています。他にモヤシ、ネギ、メンマ、紅ショウガなどがトッピングされています。

スープの味わいは、まろやかな豚骨スープで、豚骨の旨みはそこそこ。モヤシが多めなので、その水っぽさや苦みが出ているのが少し残念です。塩分は、やや強め、背脂も浮いているので、ジャンクな脂分も感じます。ただ、その脂の強さなどは強すぎず、全体的にはまろやかな豚骨スープと言う雰囲気で、意外といけるスープと言う印象です。

麺は細めのストレート麺を使用されています。低加水てやや柔めの茹で具合が、九州のラーメンを唄うにもかかわらず京都ラーメン風という感じで親しみが持てます。

チャーシューは、濃いめの味付けをされたバラ肉がたっぷりと入っています。若干硬さがあるのですが、量も多く食べ応えがあります。また最初からトッピングされている紅ショウガが、意外とスープや麺と合わせると良いアクセントとなりました。

久しぶりにいただいた、金ちゃんの城陽店。九州白湯ラーメンは、そこそこまろやかな豚骨の風味も良く、意外と美味しいなと思えるラーメンだったと思います。背脂も多く浮いていて、脂分多めのジャンクな味わいが好みの方には良いお店だと思います。

↓九州白湯チャーシューメン
180726-1.JPG

↓チャーシュー
180726-2.JPG

↓麺とスープ
180726-3.JPG

↓お店の外観です。
180726-4.JPG
posted by たぬき at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年07月24日

カンテボーレ・高の原店@京都府木津川市相楽台

イオン系列のベーカリーショップのカンテボーレさんです。こちらはイオンモール高の原のお店です。この日は、平日の仕事後、割引価格になっていましたので、購入しました。

お店は、イオンモール高の原の食品売り場のすぐ隣にあります。こじんまりとしたスペースですが、種類豊富な焼きたてパンがあり、また隣に簡易のイートインスペースもあります。ドリンク等を注文してのイートインでの食事も可能です。お店の方の接客もテキパキとしたものです。

この日は、以下のものを購入しました。

〇厚切りロースカツサンド
近場ではフジパン系列のパリクロアッサンの木津店さんで、ロースカツサンドがあります。パリクロアッサンさんは500円。カンテボーレさんは380円だったと思います(夜間割引でもっと安くで購入)。

肉質は、パリクロアッサンには負けているように思いましたが、厚切りで、そこそこジューシーなロースカツとシンプルな、濃いめのソースの味付けが良かったです。値段が安いですが、そこそこ味わいたっぷりなロースカツサンドだと思います。

〇ロースハムとタマゴサラダの塩パンサンド
カンテボーレさんの塩パンは初めてだと思うのですが、サックサク食感が意外と美味しい。具は、野菜、ロースハム、玉子とシンプルなものですが、パン生地が良いので、食が進む一品でした。また買ってみたいなと思えるものです。

カンテボーレさんは、イオンモールでの買い物ついでに、手軽に購入できる良いパン屋さんだと思います。また仕事帰りやショッピングついでに使いたいと思います。

↓厚切りロースカツサンド、ロースハムとタマゴサラダの塩パンサンド
180724-1.JPG
posted by たぬき at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年07月23日

一刻魁堂・ならファミリー店@奈良市西大寺東町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

一刻魁堂の「ならファミリー店」です。この日は平日のお昼時を過ぎた時間帯に訪れました。

お店は、ならファミリー6Fのレストラン街の中にあります。店内の一部の席からは、平城宮跡を見渡せたり、眺めの良い店内です。ならファミリーは駐車場も完備されています。

店内は、それほど広くはないのですが、テーブル席、カウンター席も並び、そこそこ人数が入れそうです。お店の方の接客も元気で良いものでした。

ラーメンメニューは、一刻しょうゆ、一刻みそ、一行こってりを中心として、野菜タンメン、台湾らーめん、台湾まぜそば、さきがけしょうゆ、濃厚こってりというメニューも存在します。

メニュー構成は、とてもバラエティー豊かだと思います。トッピングなどで値段が変わるほか、単品メニューも充実していて、それらとラーメンの組み合わせセットも有ります。また平日限定か分かりませんが、ランチタイムはライス無料サービスのようです。

この日は、おススメと言われました「さきがけしょうゆ」723円のチャーシュートッピング+150円を注文。麺を極太、中太から選択できましたので、極太でお願いしました。「さきがけしょうゆ」は普通の一刻しょうゆよりも、コクと濃厚さが売りの醤油スープのようです。ちなみに濃厚こってりに興味がありましたが、そちらは夕刻からの提供と言うことで断念。

登場した「さきがけしょうゆ」は、予想以上の迫力系。鉢一杯のチャーシューに、香味油のようなものがかけられています。揚げ玉ねぎ、もやし、ネギ、メンマがトッピングされ、スープには刻みタマネギ、背脂が浮いています。また、お好みでと柚子昆布酢を渡されます。

スープをいただくと、なるほど醤油の味が強く塩加減強め。醤油の味が若干尖っているくらいの強さがあります。ただベースのスープは豚骨だと思いますが、しっかりとした旨みが活きていて後味はまろやか。それと玉ねぎの風味がとても良い感じでスープににじみ出ていて、旨みたっぷりです。

多加水の極太麺は、予想外に柔らかめの茹で具合。極太なので、ワシワシと食べる感じはあるのですが、柔めの食感は意外と馴染みやすく個人的には好きかなと思いました。

またチャーシューは大判のものがたっぷりと入っています。赤身の部分で、食感は硬めですが、ボリュームはあります。もやしなどもたっぷり入っているのでお腹の満足度は高いものです。

初めて入った、こちらのお店。よくイオンなどにチェーン展開されているので期待せずいただきましたが、なかなか味も悪くなくボリューム系で良かったと思います。がっつり食べたい方におススメできるお店だと思います。

↓さきがけしょうゆ+チャーシュートッピング
180723-1.JPG

↓チャーシュー
180723-2.JPG

↓麺とスープ
180723-3.JPG

↓お店の外観です。
180723-4.JPG
posted by たぬき at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2018年07月20日

銀座ライオン・京都四条烏丸店@京都市下京区四条通室町東入ル函谷鉾町

銀座ライオンの京都四条烏丸店です。この日は、平日の夕刻ごろに訪れました。こちらに訪問するのは、かなり久しぶりです。

お店は、四条烏丸交差点近く、四条ビルの地下1階にあります。銀座ライオンさんらしい黄色い看板があるので分かりやすいと思います。店舗駐車場は街中のため存在しません。

店内はテーブル席が多めに存在します。それぞれのテーブル席がゆったりとした造りとなっていますし、テーブルとテーブルの間隔も広いので、騒がしさをそれほど感じずゆったり飲むことが出来そうです。お店の方の接客も丁寧なものでした。

メニューはビアホールらしいメニューが多く存在し、京都四条烏丸店限定の商品もいくつか存在します。

ビールはサッポロビール系のものがプレミアム系からスタンダードな黒ラベルまで多くあります。ビール以外のドリンクも充実していると思います。また平日の16:30〜18:00はサンキューヱビスタイムとして、ヱビスのいくつかのメニューが小ジョッキですが390円になるようです。

この日は以下のものを注文。ビールは、ヱビス(琥珀&ブラック)(サンキュータイム390円)とサッポロ黒ラベル大ジョッキを注文。

ヱビス(琥珀&ブラック)は濃厚なロース呂麦芽の旨み、黒ビール特有の旨みがありますが後味すっきりでレベル高いですね。黒ラベル大ジョッキは素晴らしいボリューム。美味しい切れ味、旨みのあるビールをたっぷり!と言う満足の一杯です。

〇ビヤホールウインナー
スタンダードな感じのウインナーですが、とてもジューシーで少しスパイスの効いた感じもあり、本当にビールがすすみます。ビールのみの方におススメ出来る一品です。

〇スペアリブの西京焼き
こちらのスペアリブは見た目以上に食べた瞬間に感じるのは「和風」の一言。西京味噌の旨みが浸透していて、肉質も柔らか味があります。黒七味を付けていただくと、和風な味に一層の磨きがかかる印象です。厚切りの肉でボリューム感もたっぷりです。

こちらのお店、駅からも近く、昔から意外と空いていることが多かったように思うのですが、偶然でしょうか。店内もゆったりとしていますし、落ち着いてビールを楽しめる優良店だと思います。

↓黒ラベル大ジョッキ
180720-1.JPG

↓ヱビス(琥珀&ブラック)
180720-2.JPG

↓ビヤホールウインナー
180720-3.JPG

↓スペアリブの西京焼き
180720-4.JPG

↓お店の外観です。
180720-5.JPG
posted by たぬき at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ