2020年01月26日

釜粋@奈良市東向南町

近鉄奈良駅近く、東向商店街にあります、うどん店「釜粋」さんです。以前も近くにお店を構えておられましたが移転されました。移転後ずいぶん経過しますが、移転後は、初めての訪問です。この日は、土曜日の開店直後に訪れました。開店直後ですが、7割がた席は埋まっていたと思います。

お店は、東向商店街の中にあり和風で洗練された外観でこぎれいです。女性客にも入りやすい店舗です。

店内もとてもこぎれいで、島状のカウンター席のみだったと思います。清潔感のあるお洒落な店内となっています。接客のスタッフも女性スタッフで統一され、丁寧な接客をされています。

メニューは、ぶっかけ、つけ麺、カレー、だし(かけ)、ざる、釜揚げ、なべやきなど讃岐うどんにありそうなメニューが一通り揃っています。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっていて、単品もいくつか存在します。またえび天がおススメのようです。

この日は、おススメと書かれていたメニューの一つで、えび天ぶっかけ(冷)1180円を注文。

うどんですので、そこそこ待ちます。そして登場したうどんは、きれいに麺が巻かれたおうどんです。トッピングは、おろし、しょうが、ねぎ。ぶっかけだしは量が多めです。えび天は別皿での提供となります。

うどんは、とてもきれいに角が立ったもので、そのものをまずいただくと、とても心地よい弾力、そして小麦の風味。なかなかの弾力のあるおうどんです。

おだしは、あっさりとした中に、ほんのりと甘みを感じるようなさっぱり風味。夏場に食べるのが一番良さそうなすっきり感があります。そこにおろし、ネギがくわわると爽やかさにプラスれますし、生姜はコクをアップしてくれます。

またえび天が、衣の食感がとてもよく揚げたて感が良いもの。海老の身もプリッとしており、なかなかのものでした。あっさりとしたぶっかけだしと合わせても食べやすいものでした。

久しぶりにいただいた釜粋さんの、ぶっかけうどん。とてもさっぱりとしていて食べやすく何より、麺自体のコシが素晴らしかったと思います。また機会があれば再訪したいと思います。

↓えび天ぶっかけ(冷)
200126-1.JPG

↓うどんのアップ
200126-2.JPG

↓えび天
200126-3.JPG

↓お店の外観です。
200126-4.JPG
posted by たぬき at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年01月23日

大和骨付鳥 一勝・近鉄奈良駅店@奈良市西御門町

「大和骨付鳥 一勝」さんの近鉄奈良駅店です。普段は夜営業のみのようですが、この日はイベントの都合で昼から営業されていましたので日曜日の14時ごろ訪問。こちらは香川名物の骨付鳥に惚れ込んだ方がはじめられたお店のとのことで、一度入ってみたいなと思っていました。

お店は、近鉄奈良駅のすぐ近く、プライムビル2Fにあります。エレベーターで上がるとすぐに入り口です。街中のため店舗駐車場はないと思います。

店内は、とても落ち着いた雰囲気でテーブル席、座敷などがありました。お店は男性店員さんで切り盛りされ丁寧な接客でした。

この日は、とりあえず骨付鳥を食べてみたかったので、ひなどり850円、おやどり900円を1つずつ注文。それぞれ20分ほど焼き上がりに時間がかかるとのことで、霜降りササミのユッケ540円、肝焼き560円を注文。ドリンクは瓶ビールを注文、スーパードライが出てきました。つきだしはポテトサラダです。

肝焼き、霜降りササミのユッケは、すぐに提供くださいます。どちらも鮮度が良く、食感の心地よさが抜群です。肝焼きは味付けも甘辛くビールがどんどん進みます。ササミユッケは弾力のある歯ごたえが素晴らしく、濃厚な黄身とあっさりとしたササミがよく合っていました。

そして骨付鳥。切りやすいようにハサミ、それとキャベツが添えられて提供されます。

おやどりは、皮がカリッと焼かれていて身もかなり強い食感。スパイシーで濃厚な味付けで、まさしくビールの友、大人の味という印象。弾力がかなり強いのでガシガシと食べていく感覚です。

ひなどりのほうは、外はカリッと焼きあげられていますが、中はもちっと柔らかくジューシー。一般受けするのは、こちらかなと思いました。味付けはこちらも濃い目なのでビールとよく合いますし、身のボリューム感もあり満腹度は高い一品でした。

初めていただいた骨付鳥ですが、かなりスパイスの効いた強い味付け、それと食感の個性が癖になりそうな味わいでした。これはビールとよく合う料理だと思います。また本場の香川でも食べてみたいなと思います。

↓左:おやどり、右:ひなどり
200123-1.JPG

↓霜降りササミのユッケ、肝焼き
200123-2.JPG

↓キャベツ
200123-3.JPG

↓瓶ビール、ポテサラ
200123-4.JPG
posted by たぬき at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年01月21日

京都北山ダイニング・イオンモール久御山店@京都府久世郡久御山町森南大内

京都北山ダイニングのイオンモール久御山店です。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。12時前でしたので、そこそこお客さんはおられましたが、待ちなく入ることができました。

お店はイオンモール久御山のレストラン街の中にあります。大きめのイオンモールのため駐車場も完備されています。

店内は、入ってすぐのところがビュッフェ料理の提供スペース。奥の飲食スペースはテーブル席が多く並んでいて、暗めの照明で落ち着いた雰囲気です。前回訪問時は、とても印象が悪かった接客。今回は逆に、笑顔のある接客で安心しました。とても良かったと思います。

料理は、1612円(内税)でビュッフェ食べ放題、ドリンクバーは170円でつけることができます。この日は、ドリンクバーも申し込みました。

料理は和洋中なんでもあるビュッフェレストランとなっています。前回は和食がとても少なかったと思うのですが、今回は、地元久御山産の野菜を使った料理が豊富に並んでいました。最初に訪れた時の好印象を取り戻すものでした。

全体的に、洋中の揚げ物などに関しては、それほど期待するようなものではない感じはするのですが、和の料理、きんぴらや、大根、南瓜、里芋の煮込み、高野豆腐など味付けも薄味で食べやすいものが多かったように思います。

また意外と野菜の天ぷらが揚げたてで、さつまいもや蓮根も食感が良く、なかなか良かったかなと思いました。

ものすごく満足できるぞというビュッフェではないのですが、混雑するイオンモールのレストラン街の中で待ち客なく食べることができて、そこそこ落ち着いてゆっくりできる重宝するレストランのように思います。

↓ビュッフェ料理
200121-1.JPG

200121-2.JPG

200121-3.JPG
posted by たぬき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年01月18日

兵庫・加古川30K@2020

昨年に続き、2月3月のフルマラソンに向けて丁度良い練習になるかなと兵庫・加古川30Kに参加しました。

加古川駅から歩いて10分前後のところが会場なので、私の自宅からは遠いのですがアクセスは悪くは感じません。参加者も多くありませんので会場も混雑せず、トイレ等もスムーズです。

受付は、スマホのアプリ等を利用してするので、シンプルです。参加賞は去年に続いてロングTです。練習や部屋着に重宝します。

スタート時にはパン、おにぎりなどが提供されるほか、アミノバイタルプロ、パーフェクトエネルギーが配られます。20q地点で再度パーフェクトエネルギーが配布され、ゴール後はアミノバイタルゴールド、ゴールド2000ドリンク、そしてパン、おにぎり、スポーツドリンクなどいただけてサポートは万全です。練習用の大会としては、素晴らしいと思います。

コースは加古川の河川敷沿い片道2.5q、往復5qを6往復するというもの。平坦で走路も幅広いので走りやすいですが、風が強いのが若干難点です。

この日は、最高気温が10度くらいで快晴でしたが若干寒いかなという気温でしたので、ロングTを着て走ることに。日差しが強く暑く感じるときもありましたが丁度良かったと思います。

目標は昨年と同じく4分50秒/kmくらいで走ろうかなと思いながらスタート。年末年始のトレーニングの疲労もあるので、身体が重いかなと思っていましたが、走り出すと意外と軽い感覚。1往復を過ぎた5qくらいから、あと10秒/km早くしようと思い、4分40秒/kmで走ることにしました。

途中、予想していなかった知り合いの方が参加されてることに気が付き、この大会は何度もすれ違うので、そのたびに力を与えていただくようでありがたかったです。

結果的には、10km、20qとペースを落とさず走ることができ、さらにラストの数キロはペースを上げて4分10秒台まで上げることができました。このトレーニングが次の京都マラソンに活きてくると良いかなというところです。

この大会は、素朴ですがサポートも充実していますし、時期的にも2月3月のフルマラソンへのトレーニングに最適な気がします。また来シーズン以降も予定が合えば参加したいと思います。

↓会場の様子
200118-2.JPG

↓参加賞Tシャツ
200118-1.JPG
posted by たぬき at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2020年01月16日

丸亀製麺 ビエラタウンけいはんな店@京都府相楽郡精華町光台

丸亀製麺のビエラタウンけいはんな店です。この日は、土曜日の17時台に訪れました。17時ごろですと空いていました。

お店は、複合商業施設のビエラタウンけいはんなの中のレストランが複数建っているエリアにあります。独立した建屋で営業されていて、丸亀製麺の基本的な店舗の造りです。駐車場も完備されています。

店内は木目調の清潔感のある内装。入ってすぐのところで、うどんを注文し、好きな天ぷら、おむすびなどを取り、お金を払うシステムです。お店の方の接客も庶民的ながら丁寧なものでした。

この日は、限定品として牡蠣づくし玉子あんかけと、海鮮たまごあんかけがありました。牡蠣づくしは食べたことがあるので、海鮮玉子あんかけ(並)690円を注文、丸おむすび(梅昆布)、明太子、鮭おむすびを取りました。これだけ取ると1060円とそこそこの価格に。

海鮮玉子あんかけは、牡蠣、ホタテ、カニ、三つ葉がトッピングされ、うどんにたっぷりの玉子あんかけが乗せられています。あったかいあんかけは、この時期とても暖まり、味もほんのりとした甘さ、牡蠣、海鮮の旨味が活きてます。それと白ネギが隠し味のように使われていて、その食感、風味がとてもよく合っています。

うどんも丸亀さんらしく、コシが強めのやや太めのうどん。食感も良くするするといただくことができます。ホタテはやや小ぶりですが、牡蠣も多めに入っていて、お得感のあるうどんでした。

おむすびは、見た目以上に中身まで具がたっぷりと入っているのが好印象。特に鮭の具の量はたっぷりすぎるくらい入っていました。にぎりたての温もりもあり、こちらも暖まる一品です。

丸亀製麺さんは毎年恒例となっている期間限定品も、少しずつ変化があるのがうれしいところです。また時期を見て再訪したいと思います。

↓海鮮玉子あんかけ(並)
200116-1.JPG

↓丸おむすび(梅昆布)、明太子、鮭おむすび
200116-2.JPG
posted by たぬき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年01月14日

スシロー・西大津店@大津市茶が崎

スシローの西大津店です。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。予想よりもすごく混雑していて、アプリの予約で訪問しましたが10分ほど待つことになりました。

お店は県道558号線(旧161号線)沿い、スーパーの「バロー茶が崎」などとの複合店舗の中にあります。複合店舗のために駐車場はたっぷりと完備されています。

店内は、入ってすぐのところが待合スペースで、テーブル席と少しのカウンター席が並ぶスシローの基本形となっています。オープンからそれほど経過していないこともあり清潔感があり、お店の方の接客も丁寧なものでした。

この日は以下のものを注文しました。

〇オマールえびとかにのまぜそば
期間限定の商品。蟹のほぐし身ととびっ子、ブロッコリーがトッピングされ、えびのペーストで混ぜるようになっています。

ペーストは香りからも海老の強さを感じ、濃厚な風味を楽しめます。良かったのがとびっ子のプチプチとした食感。スシローの基本の全粒粉入りの平打ち麺の食感の良さもあり、なかなか満足度の高い一品だったと思います。

〇天然ふぐのたたき、天然ふぐの一味醤油炙り、あわび、倍とろ、えび天チリチーズ
全て期間限定品。あわび、倍とろは100円皿です。倍トロは脂の乗りも良くお得感満載でした。天然ふぐの二つは両方ともあっさりとしていますが、一味醤油炙りはちょうどよい感じの醤油の風味が入っていて良かったです。えび天チリチーズはピリ辛とチーズの相性が良く、食が進む一品です。

〇天ぷら盛合せ
海老3つ、ホタテ2つ、紫蘇、南瓜天が付いて350円。海老がそれほど身が大きくなかったのは残念に思いましたが、揚げたてのカリッとした食感があるので楽しめる一品です。お酒とともにいただきたいものと思いました。

今回いただいた、オマールえびとかにのまぜそばは、魚卵を使った食感の変化が楽しいものでした。期間限定のメニューも多いので、また機会を見て訪問したいと思います。

↓オマールえびとかにのまぜそば
200114-1.JPG

↓天然ふぐのたたき、天然ふぐの一味醤油炙り、あわび、倍とろ、えび天チリチーズ
200114-2.JPG

↓天ぷら盛合せ
200114-3.JPG
posted by たぬき at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年01月12日

バケット・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

サンマルク系列のベーカリーレストラン「バケット」のイオンモール高の原店です。ちょくちょくリピートしているお店です。この日は休日のお昼時に訪れました。休日でも11時台でしたので、待ち客なく入ることができました。

お店は、イオンモール高の原の2Fレストラン街の中にあります。

店内は、それほど広くはありませんがテーブル席が多くあり、そこそこ人数が入れそうです。清潔感もあり、女性客、家族連れには使いやすい雰囲気です。お店の方の接客もトレーニングされた丁寧なものでした。

メニューは、洋食メニューが中心で1000〜1500円くらいのものが多いです。好みに応じて、パン食べ放題、サラダ、ドリンクバーなどを追加することができます。

この日は、お得なランチメニューの中から、おすすめプレートB、1240円を注文。内容は、ミニグラタン、グリーンサラダ、フライドポテト、和風ハンバーグ、グリルチキンの付いたプレートにパン食べ放題付きというものです。

料理の提供までの間、食べ放題のパンを楽しみます。この日いただいたのはゴルゴンゾーラの塩パン、グラタンクリスピー、チョコモンスター、ガーリックチャパタ、和風チャパタ、ホテルロール、トーストロールプレーンなど。最初の3つが期間限定だったと思います。

中でもゴルゴンゾーラの塩パンは、中にたっぷりのチーズが入っていて、濃厚なおいしさを堪能できます。これは個人的にも良かったなと思えるパンで何度もお代わりしてしまいました。グラタンクリスピーはサクサク食感と玉子の風味が合っていてよかったです。

メインの、おすすめプレートBは、大きなディッシュに、こじんまりと料理がいくつか添えられているものです。予想以上にハンバーグがジューシーだったこと、グラタンも濃厚な旨味があって悪くはなかったと思います。ただリピートしていると、この手の料理は何度でも出していただいている感じで、新鮮味は薄かったかなとは思います。

ただ、こちらのお店は、安くでパン食べ放題も楽しめますし、雰囲気も良く、使いやすい店舗だと思います。またショッピングついでに立ち寄りたいと思います。

↓おすすめプレートB
200112-1.JPG

↓パン食べ放題
200112-2.JPG

200112-3.JPG

200112-4.JPG

200112-5.JPG
posted by たぬき at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年01月11日

京都北山ダイニング・イオンモール久御山店@京都府久世郡久御山町森南大内

ビュッフェレストランの「京都北山ダイニング」のイオンモール久御山店です。最近はイオンモールKyotoの店舗を何度か利用していましたが、久御山店には久しぶりの訪問です。この日は、日曜日の11時台に訪れました。

お店はイオンモール久御山の1Fレストラン街の中にあります。入ってすぐのところがビュッフェ料理の提供スペースとなっていて、飲食スペースは奥側、暗めの落ち着いた雰囲気でテーブル席が多く並んでいます。

入って驚いたことは休日なのに、1組目の客だったこと。最初、あれ?やってないのかな・・と思いました。それと接客の女性スタッフが驚くほど不愛想で・・・印象って大事ですよね。最初のインパクトで失敗と思ってしまうほど悪い印象でした。

料理は、1612円(内税)でビュッフェ食べ放題、ドリンクバーは170円でつけることができます。この日は、ドリンクバーも申し込みました。

料理は和洋中、なんでも用意されているタイプです。イオンモールKyotoと比べると、提供スペースが少し狭く、種類が若干少ないかな。それと数年前訪問した際は和惣菜や地場の野菜を活かした料理が多かったように思うのですが、数が減ったようにも思いました。

取ったのは、高野豆腐、五目ヒジキ、野菜の天ぷら、春巻き、野菜の串揚げ、チャーハン、鶏唐揚げ、サラダ、お好み焼き、イカと野菜の炒め物、クリームコロッケ、ハンバーグ、ピザ、餃子、水餃子などなど。

和風のものに関しては比較的優しい味付けで食べやすいものが多かったように思います。ハンバーグ、クリームコロッケなどは冷凍のもので味気ない印象が残りました。全体的にいまいちな料理が多いかなと思った中、まだ普通にいただけたのは唐揚など一部の料理かな。

なんだか接客が悪かったこともあるのですが、料理の質もイオンモールKyoto店と比較しても悪い気がして・・久しぶりに失敗したかなと思ったお店選びでした。

ただ、土日でも、これだけ空いていると・・良いことではないかとは思いますが、ある意味ショッピングついでに、とても使いやすいお店でもあると思います。

↓ビュッフェ料理
200111-1.JPG

200111-2.JPG

200111-4.JPG

200111-3.JPG
posted by たぬき at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年01月09日

やまざき屋@奈良県北葛城郡広陵町馬見北

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

豚骨ラーメンのお店「やまざき屋」さんです。宮崎の風来軒で修行されたとのことで、何年も前から訪れたいなと思いつつ行けてませんでしたが、この日は近くまで来たので訪問しました。土曜日の11時台前半に訪れ、その時間帯ですと混雑もなく、すぐに座ることができました。

お店は、広陵町の真美ケ丘第二小学校の前あたりにあります。白を基調としたお洒落な外観で、ラーメン屋とは思えない雰囲気です。お店の前に数台停められるのと、第二駐車場もあるようでした。

店内もとても清潔感があり、カウンター席、テーブル席、座敷があります。男性職人さんが調理され、女性スタッフが接客をされていました。庶民的ながらも丁寧で居心地の良い接客でした。

ラーメンメニューは、豚骨スープがベースで、基本の豚骨の「山とんとん」、黒マー油入りの「黒とんとん」、うま辛の「赤とんとん」となっています。トッピング、サイズで値段が変わります。また麺が4種類、中太ちぢれA(モチモチ)、中太ちぢれB(コシしっかり)、中太ストレート、細麺から選択できるのも楽しいところです。

その他、ご飯類と、ぎょうざ、あぶりチャーシュー、デザートなどが存在します。高菜、紅ショウガ、にんにくなどがトッピング自由、宮崎のお店でよく見る、たくあんは置かれていませんでした。

この日は、山とんとん780円のチャーシュートッピング+200円を注文。麺は、中太ちぢれ麺A(もちもちタイプ)でお願いしました。選択理由は、宮崎の風来軒がこんな麺だったかな?と思ったからです。麺の硬さ、スープの濃さ、ネギの量など好みを聞かれましたが、すべて普通でお願いしました。

しばらくすると登場するラーメン。白濁したスープは泡立っており、見るからに濃厚そうです。海苔、チャーシュー、メンマ、ねぎ少々がトッピングされています。黒い器などを見ても、風来軒、無鉄砲の系列の見た目そっくりだなと思います。

スープをいただくと、豚骨の旨味がしっかりとした濃厚な味わい。ただ、風来軒と比較すると、こってり感は強すぎず、まろやかな感じでほんのりとした甘みも感じるような仕上がりでした。しかしながらストレートに豚骨の旨味が出ていて迫力があります。

中太ちぢれ麺は、モチモチ感、それとコシもそこそこ感じるタイプで、スープ、海苔との絡みも良いものです。

チャーシューは、ばら肉でやや厚切りのものが使われています。しっかりと味も入っていて、濃厚なスープに負けない存在感があります。量も多めで満足度が高いものでした。

初めていただいた、やまざき屋のラーメン。豚骨のストレートな旨味が活きており、さらにこってりすぎず食べやすいラーメンだったと思います。それほど混雑もしないようでしたので、豚骨を楽しみたいときには重宝するお店だと思います。

↓山とんとん+チャーシュートッピング
200109-1.JPG

↓チャーシュー
200109-2.JPG

↓麺とスープ
200109-3.JPG

↓お店の外観です。
200109-4.JPG
posted by たぬき at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2020年01月07日

本家 第一旭・たかばし本店@京都市下京区東塩小路向畑町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

第一旭のたかばし本店です。

以前はリピートしていたのですが、この数年、行列が半端なくて・・訪問を避けていました。この日は、昼から仕事の打ち合わせの前に、平日の9時台に時間に余裕を持っての訪問。9時台でも15人ほど待っておられました。ほとんどがアジア系の方だったように思います。ただ待ち時間は20分くらいで入ることができました。ちなみに不思議とお隣のお店は行列なしでした。

お店は、京都駅から歩いて10分くらいのところにあります。隣は新福菜館さんの本店です。何年か前から新しくなった、赤と白のストライプ模様のテント看板が目立つので分かりやすいです。

また以前は店内注文でしたが、行列を待っている間に、メニューを渡され注文するようになっていました。これも行列対策の一つなのかな?

店内は、カウンター席、テーブル席が並ぶラーメン食堂といった雰囲気。テーブル席は基本は相席となります。昔から変わらない庶民的な接客で居心地が良いものです。

メニューは、基本のラーメンを中心に、特製ラーメン、チャーシューメン、メンマラーメン、ミニラーメンなどがあります。その他、単品が餃子、焼豚、キムチ、メンマ、ご飯などシンプルな構成です。

この日は、チャーシューメンを注文。

しばらくすると登場するラーメンは、やや濁った色合いの醤油スープ。チャーシュー、もやし、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、豚のコクがしっかりと出た醤油スープ。醤油の濃さも丁度良い塩梅でとてもバランスが良いです。FC系の店舗に行くと臭みを感じたりしますが、臭みはなく、まろやかなコクと後味のすっきり感も両立していて、安心の味わいです。

麺は、中細の低加水ストレート麺を使用されています。しっとり優しい食感の麺はスープの旨味をしっかりと口に運んでくれます。

チャーシューは、赤身肉が中心。以前と比べても脂分が少なくなったような印象です。やや大切りに切られたチャーシューはたっぷり量で満足度が高いものでした。

久しぶりに訪れた、第一旭のたかばし本店さん。やはり京都の原点の味と思えるスタンダードな味わいで安心していただくことができました。また行列の少なそうな時間帯に近くを訪れる機会があれば利用してみたいと思います。

↓チャーシューメン
200107-1.JPG

↓チャーシュー
200107-2.JPG

↓麺とスープ
200107-3.JPG
posted by たぬき at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都