2017年10月02日

丸亀製麺・イオンモール高の原店@木津川市相楽台

イオンモール高の原にフードコート内に出店されています「丸亀製麺」さんです。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、イオンモール高の原の4Fフードコートにあります。いつもそこそこお客さんはおられて、繁盛していると思います。行列ができていることもあります。

こちらのフードコートは広々としていますし、座席も簡易的なものから、ちょっぴりファミレス風のゆったりシートもあったり、一人用のカウンター席タイプがあったり、使いやすいと思います。ただ土日は、混雑度も高いのが席選びの難点です。

メニューは、讃岐の基本のかけ、ぶっかけ、ざる、釜玉などが揃っていて、その他に季節限定商品が必ずあります。好きなうどんを注文して、天ぷらや、おにぎりなど好みのサイドメニューを取ってから精算するシステムです。

この日は、期間限定の牛すき釜玉(並)640円と、ちくわ天110円、かしわ天140円を注文。

牛すき釜玉、商品の写真を見るととても大判な牛肉ですが、それと比べると、小さめのお肉で、若干貧相な感じもします。うどんは、丸亀さんらしく角の立った綺麗なおうどん。そこに生卵がトッピングされています。

生卵を混ぜて、少々の出汁醤油を絡めていただきます。生玉子の濃厚さはさすが!うどんのコシの良さもさすが!というところですね。牛肉の方は、これまたジューシーで見た目以上に脂が乗っていて美味しいのですが、味付の甘辛さが強くて、若干、釜玉の味と合わないかなと思いました。

天ぷらは、かしわ天も、ちくわ天も、いつも通り高レベルの揚げたて感のある食感。満足のいく一品です。

今回の期間限定品、牛肉はとても美味しいのですが、若干、釜玉のマイルドな味の中で違和感があるようにも思いました。しかしながら牛肉はジューシーで、うどんもレベルは高いです。いろいろな期間限定品が出ますが、ハマり品のようなものもあるので、また次の新しい期間限定品の時には食べてしまいそうです。

↓牛すき釜玉(並)
171002-1.JPG

↓ちくわ天110円、かしわ天
171002-2.JPG
posted by たぬき at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年10月01日

麺家にぼ木屋@京都市中京区河原町六角東入山崎町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

河原町通から六角を東方面に行くとありますラーメン屋さん「麺家にぼ木屋」さんです。この日は、お昼時に、偶然お店の前を通りがかったので食べることにしました。

お店の外観は、シンプルで和風な印象。提灯が目立つので分かりやすいと思います。街中のため店舗駐車場は存在しません。

お店の前のメニュー表を見て、あれ?と。奈良市の長田屋さんそっくりですね。なにか関係あるのでしょうか。先日訪れた奈良市のイオンモール登美ヶ丘に入っておられる「とり壱」さんもそっくりに思いました。同じ資本なのか、系列なのか、そんなところでしょうか。

店内に入ると、お店入ってすぐのところに食券機があり、そちらで最初に購入するシステムです。お店は、素朴な感じの中年男性一人で切り盛りされています。カウンター席のみの店内は、オープン間もないため清潔感があります。

メニューは、濃厚煮干し鶏そば(こってり)、煮干しそば(あっさり)、濃厚煮干し辛鶏そば、まぜそば、超濃厚煮干しつけ麺、超濃厚煮干し辛つけ麺となってます。それぞれ特製にすると、チャーシュー、味玉、海苔が増量になります(+250円)。

この日は、超濃厚煮干し鶏そば(こってり)950円を注文。カウンター席には、煮干し油、岩塩、煎り胡麻、辛味などの薬味が置かれています。この辺りも先ほど書いた二店舗とそっくりです。

それと気になることが。店内のホワイトボードに店長さんのメモのようなものが書かれているのですが、こってり:和出汁:鶏スープ 1:2とか・・メニューごとのスープ構成が。なんか初心者なのかな・・というようなメモがお客さんにも見えるところに書かれているのはどうかなと思いました。まぁ美味しければ、なんでも良いのですが(笑)

登場したラーメンは、茶濁したスープに鶏肉、チャーシュー、煮玉子、穂先メンマ、海苔、刻みタマネギ、キクラゲ、ネギが浮いています。見た目もトッピングも長田屋さんそっくりですね。

スープをいただくと、ほんのりとした甘みが活きた鶏ガラスープに、強すぎず煮干しの風味が効いています。バランスが良く飲みやすい味わいです。鶏ガラも超濃厚と言うほどではないのですが、まったり濃いめで粘度もそこそこあり、こってりが好みの方にも受ける味わいだと思います。

チャーシューは、半レア気味なものを使われていて、脂身は少ないのですが柔らかく食べやすいです。鶏肉も薄味で柔らかくあっさりとした印象。どちらも量はたっぷり入っているので食べ応えあります。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。しっとりとした食感、麺との馴染も良く、たまに絡む刻みタマネギとの相性も良いものです。このスープと麺は海苔と絡めても美味しくいただけるバランスの良いものだと思います。

ちょっと素人っぽいなぁ?なんて思っちゃう店長さん、接客も不慣れな感じでしたが、味は作られた味なのかもしれませんが、とてもバランスが良く食べやすいラーメンだったと思います。個人的には、長田屋さんやとり壱さんより好みかなと思いました。

↓超濃厚煮干し鶏そば(こってり)
171001-2.JPG

↓チャーシュー、鶏肉
171001-3.JPG

↓麺とスープ
171001-4.JPG

↓メニュー
171001-5.JPG
posted by たぬき at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年09月29日

ブーランジェヤマダ@京都府相楽郡精華町光台(2)

精華町の光台、ビエラタウンけいはんなにありますパン屋さん「ブーランジェヤマダ」さんです。近くにある人気のスイーツのお店「ル・パティスエ ヤマダ」さんが出店されているベーカリーです。

この日は、土曜日の夕刻ごろ訪れパンを購入しました。夕刻時のため、商品が少なかったのは残念です。

お店は、ビエラタウンけいはんなの一番端の方にあります。きれいな外観で駐車場は完備されています。お店の接客も丁寧なものだと思います。

この日いただいたものは以下の二つです。

〇自家製和牛ビーフカレー
小さめのパンですが、自家製カレーがスパイシー感があり本格派。そしてパンの食感もふんわり感と、噛むときの強さがあって、とても良いもの。癖になる美味しさがありました。

〇チーズフランス
二種類のチーズがふんだんに使われたフランスパン。こちらも小ぶりなパンですが、チーズの濃厚な旨みを堪能できます。食感が強めのフランスパンの小麦の風味も、とても良い香りがするもので、チーズとの相性も良く思いました。

今回は、小さめの、パンを2つ頼んでみましたが、やはり味のレベルは上々だなと言う印象です。少々値が張る感じもしますが、また機会を見て訪れたいなと思います。

↓自家製和牛ビーフカレー、チーズフランス
170929-1.JPG
posted by たぬき at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年09月27日

古潭らーめん・京都ヨドバシ店@京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都ヨドバシのレストラン街にあります大阪の老舗ラーメン店「古潭らーめん」さんです。この日は偶然、ヨドバシの中ででも食べようかとウロウロしていると、9/15にオープンされたところということで、ちょうど一週間後に通りがかり、入ってみました。

お店は、京都ヨドバシ6Fのレストラン街の中にあります。夕方の17時から18時ごろでしたが、そこそこ満席に近いような状態でした。

店内はオープン直後のために綺麗です。店内入ってすぐのところにカウンター席があり、奥はテーブル席が並んでいます。小さめの店舗ですが、そこそこ人数は入れそうです。お店の接客も丁寧なものでした。

メニューは、基本の古潭らーめん(しょうゆ)が620円、みそスープは+20円、しおスープは+70円。他に旨辛担々麺があり、トッピング等で値段が変わるようになっています。また単品やセットメニューも存在します。

この日は、チャーシューらーめん(しょうゆ)740円を注文。

登場したラーメンは、茶濁したスープ、表面に細かな脂が浮いています。トッピングは、チャーシュー、もやし、ネギ、刻み人参となっています。

スープはあっさりとした醤油スープ。豚骨のコクと、おそらく確実に鶏ガラも使っておられると思え、鶏ガラ特有のコラーゲン質のトロミ、味を感じます。そのため弱さを感じず、あっさりした中に旨みを堪能できます。また野菜の風味も感じます。

麺は、中太くらいのストレート麺を使用されています。やや柔らかめの茹で具合は、安心する食感です。

チャーシューは、赤身肉の部分を使われています。脂分が少なく、やや硬い感じの昔ながらのチャーシューです。しかしながら豚本来の味わいを楽しむことができます。また、たっぷり入っているもやしが、ラーメンのあっさり感を増してくれるように思います。

久しぶりに入った古潭さん。大阪での仕事帰りに、ずいぶん前は、たまに入っていたのに、最近入ってないなと思いながらいただきました。安心できる味、優しい味で、いつでもすんなりとお腹に染みわたるラーメンだと思います。

↓チャーシューらーめん(しょうゆ)
170927-1.JPG

↓チャーシュー
170927-2.JPG

↓麺とスープ
170927-3.JPG
posted by たぬき at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年09月26日

ブルディガラ エクスプレス・スバコJR京都伊勢丹店@京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町

京都駅のスバコJR伊勢丹に入ってますベーカリーショップ「ブルディガラ エクスプレス」さんです。この日は、翌日の朝昼用にと帰宅時にパンを購入しました。

お店は、スバコJR伊勢丹ですので、JRや近鉄の改札からも近く、とても使いやすい立地です。さらに、こちらのお店はスバコの入り口付近ですので、乗換えで時間が少ないときにも、すぐに購入できます。

こちらのベーカリーは、商品がショーケース内に入っていて、お店の方に注文を伝えて、購入するようになっています。お店の方の接客もスムーズでこなれたものでした。

この日購入したのは、たらも259円、ドッグオム481円、プティポワソン185円、バトンカリー222円の4つ。そこそこ良い値段しますね。

バトンカリーは、細長いスティック状のカレーパンです。カレーのスパイスがしっかり効いていて、それと独特のエビのような風味が効いていて、それがなかなか美味しい。スティック状なのに、中のカレーのルーがしっかり入っていて、満足度は高いです。

たらもは、辛子明太子が入った、ちょっぴりピリ辛感のあるスティック状のパンです。ポテトの風味も感じる生地が個性的で良かったです。

ドッグオムは、使っているウィンナーとベーコンが、とてもジューシー。硬めのパン生地を噛んで、ウインナーを噛み切るとジュワっと脂分が口の中に広がります。玉ネギやパセリのアクセントも良かったです。

プティポワソンは、食感が持っちりとしていて、中にナッツ類と魚介類かな?が入っている独特な風味。チーズもたっぷり乗っていて、個性的ですが癖になりそうな一品でした。

こちらのお店のパンは、どれも特徴的で、工夫があり味も上々だったと思います。生地がハード系のパンが多めなのかなと思いましたが、アクセスも良いので、また機会を見て、他のパンも試してみたいなと思います。

↓バトンカリー、たらも、ドッグオム、プティポワソン
170926-1.JPG
posted by たぬき at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年09月24日

名前のないラーメン屋@京都市中京区恵比須町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都、木屋町三条付近にあります「名前のないラーメン屋」さんです。前から気にはなっていたのですが、人気店かな・・と避けていましたが、この日は、日曜日のお昼時を少し過ぎた時間帯。お店の前に行ってみると、席が空いていましたので入ってみました。

お店は、姉小路通沿いの「CEO木屋町ビル」の地下1Fにあります。店名の通り、お店の看板などが一切出ていませんので、事前に調べて行かないとお店に着くのはむつかしいかもしれません。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、入ってすぐのところに食券機があります。カウンターのみの店内ですが、ゆったりとした造りで、とても清潔感のある店内です。雰囲気は、ラーメン店と言うより、カフェのような雰囲気で、女性1人客でもゆっくりできそうです。

メニューは、らーめん、つけめん、カレーつけめんの3種類がメインとなっています。券売機で、それぞれのメニューを選ぶと、スープの濃さや、トッピングを選択する画面に行くことが出来て、分かりやすいと思います。

私は、らーめん→濃厚スープ(濃厚、重層、淡麗の3つの中から選択)→トッピング牛もつ(牛もつ、黒豚チャーシュー、黒毛和牛の3つの中から選択)を選択しました。それと追加で黒豚チャーシューをお願いしました。

ラーメンを待っていると、目の前で、牛もつ、黒豚チャーシュー、黒毛和牛などをグリルしておられます。かなりジューシーそうな雰囲気で、食欲がそそられるものです。

登場したラーメンは、濁った色合いのスープに、牛もつ、チャーシュー、水菜、ネギ、キャベツ、プチトマトがトッピングされています。プチトマトは炙られています。

スープをいただくと、濃厚な鶏がら魚介の風味がしっかりしています。個性的に感じるのは、酸味が意外とあって、人によっては好みが分かれるところかな?と思いまいした。

麺は、全粒粉入りの平打ち気味の麺を使用されています。意外と柔らかめの茹で具合で、個人的には好みかなと思いましたが、この手のお店だともう少し硬めの茹で具合の方が人気出るのかもしれませんね。

そして牛もつ、こちらは目の前で炙られたばかりの香ばしさ、それと脂身がたっぷり入っていて、とろける食感、本当に楽しいものだと思いました。黒豚チャーシューの方も、しっかりと醤油ダレの味が染みていて、大きめで脂身もそこそこ、しっかりと食べ応えのあるレベルの高い一品だったと思います。

はじめて入ったこちらのお店ですが、人気店の割には混雑も少なく、落ち着いて雰囲気で、濃厚な鶏魚介系ラーメンを楽しめ、なかなか良かったと思います。また気が向いたときに入ってみたいお店です。

↓らーめん(濃厚、牛モツ、黒豚チャーシュートッピング)
170924-1.JPG

↓牛モツ、黒豚チャーシュー
170924-2.JPG

↓麺とスープ
170924-3.JPG
posted by たぬき at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年09月23日

無鉄砲しゃばとん@奈良市六条町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良の西ノ京にあります、無鉄砲系列のお店「しゃばとん」さんです。二郎系?のお店のようでしたので、避けていましたが、この日は日曜日のお昼時、店舗前を通ったときに、偶然、駐車場が空いていましたので入ってみました。

お店の外観は、黒い店舗と赤いラーメン暖簾で分かりやすいと思います。お店の前と近隣にも駐車場がいくつか存在するようです。

店内は入ってすぐのところに食券機があり、そこでメニューを決定するシステム。店内は、カウンター席が多めですがテーブル席などもあり、そこそこ人数が入れそうです。お店の方の接客は丁寧なものでした。

メニューは、豚そば(豚骨ベースにもやし、キャベツトッピング)、豚まぜそば(汁なし)、あっさり中華そば(豚骨+魚介、ややあっさり)、魚そば(あごだし+少量の豚骨)がメインです。豚そばも野菜レスにすると、普通の豚骨ラーメンのようにいただくことができます。

この日は、二郎系なガッツリ系という気分でもありませんでしたので、豚そば肉増し(野菜レス)950円をお願いしました。また単品のスペアリブ300円が珍しかったので、注文しました。豚そばは、注文時にニンニクの有無、ネギを入れるか聞かれましたので、ニンニクもネギも入りでお願いしました。

しばらくすると登場するラーメンは、鉢を覆うように一面にチャーシューが覆っています。メンマ、ネギ、海苔がトッピングされ、ニンニクは別皿で提供されます。また大きめのスペアリブも提供されました。

スープは、やはり無鉄砲系ということで、濃厚な豚骨の旨みが効いています。ただ、無鉄砲さんの系列の中では、やや濃いめも控えめという印象でした。スープの中にはミンチ肉も入っていて、その旨みは高レベルでしっかりしたものです。

麺は、太目の平打ち縮れ麺を使用されています。もともと二郎系や、まぜそばのようなものを扱っておられるので、この麺なのだと思いますが、野菜レスのラーメンにしても、もちもち食感が楽しいものです。量も多めのように感じてボリューム感があります。

チャーシューは、やや脂身が多めでジューシーです。無鉄砲系列のお店は、チャーシューのボリューム感がいまいちな感じがするのですが、こちらのお店はたっぷり量でボリュームたっぷり。濃いめのスープもあり、食べていると意外とヘビーだなと思うくらいの満足度がありました。

またスペアリブは、直前に炙られた食欲をそそる香り、それとペッパーの味付けがよく、厚切りで食べ応えがある一品です。ガッツリと食べたい方は、ぜひとも注文してほしいなと思う一品でした。

二郎系を考慮された無鉄砲さんのお店と言うことでしたが、普通の豚骨ラーメンを注文すると、やはり高レベルで豚骨の旨みをしっかりと活かしたスープを堪能することが出来ました。チャーシューもたっぷり量ですので、しっかり食べたいときは、このお店は良いなと思いました。

↓豚そば肉増し(野菜レス)、スペアリブ
170923-1.JPG

↓チャーシュー
170923-2.JPG

↓麺とスープ
170923-3.JPG
posted by たぬき at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2017年09月20日

石窯パン工房・キャパトル 登美ヶ丘店@奈良市東登美ヶ丘

奈良や京都南部などで人気のパン屋さんキャパトルさんの登美ヶ丘店です。こちらのお店と、奈良店、八幡店には訪れたことがあります。ただ登美ヶ丘店は、人気の明太フランスが、最近、明太子のボリュームやパンの大きさが小さくなったように感じて、行く機会が減っていました。

お店は、ならやま大通り沿い学園前方面から押熊、奈良市街方面に向かうレーンにあります。駐車場は完備されていますが、ほぼ常に満車状態で、駐車場で待たされることが多いです。

店内は、入ると広めのパンの販売スペースがあり種類も豊富です。またイートインスペースも存在します。平日以外は、どの時間に訪れても多くのお客さんがおられて混雑していることが多いです。お店の方の接客は、よくトレーニングされたものだと思います。

この日購入したものは以下のものです。

匠のカレーパン。このお店の定番の一品。人気商品のため、陳列されてなくて、レジでお願いすると買えるようになっている日が多いです。揚げたてのサクッとしてジューシーな食感と、カレーの具の濃厚な旨みがたまらない一品です。

チリソー。ミニ揚げパンの一品。揚げたサクッとした食感に、ウインナーが一本入っています。ややピリッとしたソースのアクセントも良く、サクッと食べられる小腹を満たすのにも良いものです。

ほうれん草とベーコンのフォンデュ。チーズがとてもふんだんに使われていて、ベーコン、ほうれん草の旨みが上手に絡み合っています。ハード系でしっかりとした食感も楽しいものです。

明太子フランス。しばらく少なかった明太子のボリューム復活したかなと思いました。もともとフランスパンの食感も良いので、レベルが高い一品です。明太子がふんだんに使われているので、食べ応えがあります。

一時期、明太子フランスのボリュームが少なくなっていて残念でしたが、この日は復活していたように思いました。他のパンは、種類も豊富で、どれもレベルが高いものですので、また使う機会がありそうです。

↓ほうれん草とベーコンのフォンデュ、明太子フランス
170920-1.JPG

↓チリソー
170920-2.JPG

↓匠のカレーパン
170920-3.JPG
posted by たぬき at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年09月18日

門扇・伏水酒蔵店@京都市伏見区平野町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

伏見の日本酒を楽しめる屋台村「伏水酒蔵小路」の中にありますラーメン店「門扇 伏水酒蔵店」です。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、近鉄の桃山御陵前駅、京阪の伏見桃山駅から商店街を歩いて、少しだけ南に入ったところにある「伏水酒蔵小路」の中にあります。外観が古風な造りですので分かりやすいと思います。

店内は、複数の屋台形式の店舗が入っておられます。居酒屋系が多くて、昼間から飲んでおられる方が多い様子。昼間でも、にぎわっています。その中に門扇があります。門扇さんは、カウンター席とテーブル席が少しだけ。お店の方の接客は庶民的ですが、丁寧なものでした。

メニューは、基本の鶏らーめん750円、酒粕らーめん850円、酒鶏らーめん850円の3つが中心。他にも担々麺や、カレーらーめん、味噌鶏らーめんなど複数のラーメンがあるほか、飲み屋さんとしての単品メニューも豊富に存在します。一味、胡椒、胡麻などがトッピング自由となっています。

この日は、鶏チャーシュー麺950円を注文。チャーシューは豚肉なく鶏肉を使われているとのことです。

しばらくすると登場するラーメン。白濁した鶏スープに、鶏モモ肉、ネギ、白菜と刻んだ大根、人参がトッピングされています。

スープをいただくと、鶏ガラの旨みがしっかりと効いていて、旨みがたっぷりと感じられます。炙りが入っているトッピングがあるかなと思うような、独特の深い香るような旨みがあり、このスープなかなか良いなと思いました。鶏ガラスープと言うと、こってりドロドロを想像しちゃいますが、そうではなくバランスの良いあっさり系ながらも旨みたっぷりのスープだと思います。

麺は、麺屋棣鄂さんの麺を使用されているとのことです。細めのストレート麺で、麺屋棣鄂さんにしては、加水率が高い印象。しっかりとしたコシのある麺で、刻み野菜との相性も良いものです。

鶏モモ肉はとてもあっさりとした味付けです。スープを邪魔しないような味付けですが、スープ自体があっさりしているので、これで良いかなと思いました。柔らかく鶏の旨みを堪能できます。量も多く満足度高いです。

こちらのお店、何気なく入りましたが、ラーメンの質も良く、まわりの屋台村の雰囲気も良いので、ラーメンを食べるだけでなく、ちょいと飲んで〆のラーメンに、こちらのお店とか、いろいろ使い勝手が良さそうだなと思います。また機会があれば訪れてみたいお店です。

↓鶏チャーシュー麺
170918-1.JPG

↓鶏肉
170918-2.JPG

↓麺とスープ
170918-3.JPG

↓お店の外観です。
170918-4.JPG
posted by たぬき at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年09月17日

かつアンドかつ・精華町店@京都府相楽郡精華町光台(4)

かつアンドかつの精華町店です。定期的にリピートしつつある、カツ料理のチェーン店です。ダスキン系列のようです。

お店はビエラタウンけいはんな内のレストランエリアにあります。駐車場は完備されています。

店内は、新しいので清潔感があり、広めのテーブル席でゆったりと座れます。多くのお客さんが入れそうな店舗となっています。接客もとても丁寧で好感が持てるものです。

メニューはカツ料理を中心に、期間限定も含めて豊富に存在します。また昼食時には、お得なランチメニューも存在します。

この日は、ランチメニューの中から、これまで普通の御膳メニューみたいなものばかり食べていたなと、ロースカツカレーランチ870円を注文しました。こちらはヒレカツも選択可能です。味噌汁が付いていて、キャベツおかわり自由、ご飯大盛り無料、福神漬、らっきょうが付いてきます。

しばらく待つと登場するカレーは和風な盛り付けとなっています。真ん中に、ロースカツが乗っているシンプルなタイプです。

こちらのカレー、ややドロッとした濃厚なコクのあるタイプ。特に具が入っているわけではないのですが、本当にカツと合わせて作ったという感じで、コクのルーがカツと合います。

カツはとてもジューシーで脂身がたっぷりなんですが、濃厚なルーと合わせると、食べやすくなる印象。ご飯との相性もよく、どんどん食べ進めることができます。特にカツのジューシーさは、さすがカツ料理のお店だなと言う印象です。

キャベツはいつも通り切り方も美しくシャキシャキ食感が楽しいもの。ドレッシングが二種類選択できたのですが、胡麻ドレッシングの方で2杯もおかわりしていただきました。ここのキャベツは本当に食感を楽しめるものだと思います。

初めていただいた、かつアンドかつさんのカレーメニュー。濃厚でコクのあるドロ系カレーは、とてもカツとの相性も良いものでした。またカレー気分の時には食べてみたいなと思います。

↓ロースカツカレーランチ
170917-1.JPG
posted by たぬき at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ