2020年03月10日

肉そば麺達@兵庫県加古川市加古川町寺家町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

加古川駅近くのラーメン店「肉そば麺達」さんです。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。訪れた時間帯が14時前くらいだったので、混雑もなく入ることができました。

お店は、加古川駅から南下して徒歩5分もかからない場所にあります。お店の外観は白を基調としていて清潔感のある雰囲気です。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内も清潔感があり、カウンター席、テーブル席が並びます。男性の職人さんが調理を担当され、接客は女性スタッフがされていました。庶民的ながらも丁寧な接客でした。

メニューは、名物肉そばを中心に、和牛サーロインステーキそば、あぶらかすそば、牛すじそば、中華そば、油そばなど。加古川の食肉卸の会社がプロデュースされているそうで、肉系のものが多いです。

単品もいくつか存在し、それらとラーメンを組み合わせたセット、ランチタイムサービスメニューも充実しています。またニンニクチップ、ごまなどがトッピング無料です。

この日は、名物肉そば864円と瓶ビール545円を注文。瓶ビールはサッポロラガーでした。

しばらくすると登場する肉そば。濃い目の色合いの醤油スープに大きめの背脂が浮いています。トッピングはチャーシュー、煮玉子、ナルト、メンマ、ネギとなっています。肉そばという名前から想像する肉もりもりという感じではなく、いわゆるチャーシューメンといった雰囲気です。

スープをいただくと、醤油の深みのあるコクが活きた、やや濃いめの味わい。ベースの動物系のコクもしっかりとしています。醤油が濃い目ですが、ほんのりとした甘みもあり、濃さ、すっきり感のバランスはとても良いと思います。背脂も多すぎず飲みやすい印象です。

麺は、低加水の中細ストレート麺を使用されています。そこそこコシを残した茹で具合で、しっとり感と程よい食感を楽しむことができます。

そして、チャーシューは、味はやや濃いめ。そしてほどよい柔らかさと豚の脂のジューシーさを活かしたもので、高レベルな仕上がり。さすがに食肉卸さんのプロデュースだなと思えるレベルのものでした。このチャーシューを食べるために訪れても良いくらい良かったと思います。また煮玉子も味がしっかりと染みていてよかったです。

こちらのお店、肉そばと書かれていますので、もっと肉肉しいメニューを想像していましたし、肉肉したメニューを増やした方が繁盛するのかな?とも思いました。ただ、今回いただいた肉そばは、ラーメンとして、とてもバランスが良く高レベルの一杯だったと思います。チャーシューの味は素晴らしく、また加古川に来ることがあれば再訪してみたいお店となりました。

↓名物肉そば
200310-1.JPG

↓チャーシュー
200310-2.JPG

↓麺とスープ
200310-3.JPG

↓瓶ビール
200310-4.JPG

↓お店の外観です。
200310-5.JPG
posted by たぬき at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@兵庫

2020年03月08日

ラーメンきたろう@京都府京田辺市大住中島

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京田辺市にありますラーメン店「きたろう」さんです。この日は、かなり久しぶりに土曜日のお昼時に訪れました。12時台で小さな店内は5人ほどのお客さんが埋まっていたと思います。

お店は、京奈和自動車道の田辺北インターの近くにあります。道端にポツンとあるプレハブの建屋でお世辞にも入りやすい雰囲気ではありませんが、これでも何年か前に外装を改装されていて綺麗になっています。お店の横に駐車スペースが確保されています。

店内は、カウンター席のみで10人も入れないと思います。昔は店長さん一人でされていましたが、今は女性の方が接客を担当されています。素朴な雰囲気の店内です。

メニューは、醤油、豚骨(醤油、塩から選択可)、塩バター、味噌などの基本的なものから、カレー、麻婆麺(混ぜ麺)、とり塩、かもねぎ、イベリコ、こく辛、こってり、冷やし(夏季限定)、塩ちゃんぽん(冬季限定)、味噌ちゃんぽん(冬季限定)など創作ラーメン的なものが並びます。それぞれサイズやトッピングなどで値段が変わります。

また単品が少しある他、ラーメンと単品を組み合わせた定食メニューも存在します。

この日は、こってりラーメン850円+チャーシュー特盛り+380円を注文。

しばらくすると登場するラーメン、見るからにドロッとしてそうな白濁したスープ。そこにチャーシューがたっぷり、メンマ、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、本当にドロドロ系であんかけのような強い粘度を感じます。おそらく、スープの下の方は粘度の少ない豚骨系のスープが入っていましたので、このお店の基本の豚骨スープを基本に片栗粉のようなものと、他の味付けなどを加えてこってり感を上げておられるのだと思います。

味はこってりすぎずまろやかなのですが、その粘度の高さで独特の重みを感じる味わい。味のバランスが良いので、こってりにしては、とても食べやすいスープだと思います。

麺は、中細のちぢれ麺を使用されています。やや柔らかめの茹で具合で粘度の高いスープとの絡みも良いものです。

チャーシューはばら肉を使用されていて、大判のものと、細切れの焦がしタイプの2種類。どちらも脂身が多めでジューシー。細切れの方は、より濃厚な醤油ダレが効いていてパンチ力のある味わいです。なかなかレベルの高いチャーシューだと思います。

久しぶりに訪れた「きたろう」さんですが、多くの創作ラーメンがありましたので、また再訪してみたいなと思えました。また気が向いたら通りがかりに入りたいと思います。

↓こってりラーメン+チャーシュー特盛り
200308-1.JPG

↓チャーシュー
200308-2.JPG

↓麺とスープ
200308-3.JPG

↓お店の外観です。
200308-4.JPG
posted by たぬき at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年03月07日

ラーメン大和・四条畷店@大阪府四條畷市砂

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大阪外環状線沿い、四条畷にあります豚吉グループのラーメン店「ラーメン大和」さんの四条畷店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。開店直後に訪れましたが、続々とお客さんが来られにぎわってました。

お店は、外環状線沿いの南下レーン沿い、一号線との交差を少し南下したところにあります。とても大きな看板が分かりやすいです。お店の前に駐車場は完備されています。

店内は、木目を基調とした温もりのある造りとなっています。テーブル席、カウンター席が多く存在し、大人数が入れそうです。また入ってすぐのところにトッピング等の無料サービススペースがあります。お店の方の接客も庶民的ながら丁寧なものでした。

ラーメンメニューは、基本のヤマトラーメン(豚骨醤油)を中心に、塩とんこつ、味噌、旨辛みそ、あっさり中華そば、あっさり塩が存在します。単品もいくつか存在し、ご飯ものとラーメンを組み合わせたセットメニューも存在します。麺大盛りは無料です。

その他、キムチ、ネギ、おろしにんにく、にんにくチップ、紅ショウガ、辛ねぎみそ、豆板醤などのトッピングが無料サービスとなっています。

この日は、基本の豚骨醤油のチャーシューメン990円を注文。背脂の量を背脂ぬき、普通、Wこってり、トリプルこってりから選べたので、普通でお願いしました。

しばらくすると登場するラーメン。こってり度は普通でも、スープ表面に油膜が張りそうなほど、みっちり背脂が乗っています。やや茶濁したスープには、わずかに黒い旨味油のようなものが浮いてます。トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギです。

スープをいただくと、ベースの豚骨のコクがしっかりとしていて、やや塩分強め、脂分もしっかり強めの豚骨醤油味。こってり度は強すぎないのですが、脂分、塩分が多めで迫力のあるジャンクな味わいです。ベースの旨味がしっかりとしているので、癖になりそうな深みがあります。途中、ニンニクチップが合いそうだなとトッピングしてやると、個人的に好みの野性的な味になりました。

麺は、加水率高めの中細ストレートを使用されています。普通くらいの硬さでスープとの馴染みも悪くありません。

チャーシューは、ばら肉が使用されています。脂分多めで、口の中に入れると本当にとろける食感。そこそこ厚さもあるので満足度が高い一品でした。

初めて訪れたラーメン大和さんですが、スープの迫力、とろけるチャーシューなど、とても魅力のある一杯だったと思います。近くにあれば何度も通ってしまいそうなお店でした。

↓豚骨醤油チャーシューメン
200307-1.JPG

↓チャーシュー
200307-2.JPG

↓麺とスープ
200307-3.JPG

↓お店の外観です。
200307-4.JPG
posted by たぬき at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2020年03月05日

博多一幸舎・京都拉麺小路店@京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメンテーマパークの「京都拉麺小路」内にあります博多ラーメンのお店「博多一幸舎」さんです。この日は正月の休暇中に訪れました。11時台前半でしたが、すでに10人ほどの並びがありましたが、回転が早く5分ほどで着席することができました。

お店は京都拉麺小路の中にあり、ずいぶんと長く営業されています。お店の前に食券機があるので最初にそちらで購入するシステムです。

店内は、それほど広くなく、カウンター席ばかりとなっています。男性職人さんと女性スタッフが数人おられ、程よい活気とテキパキとした動きで好感の持てる接客でした。

ラーメンメニューは、基本の豚骨スープ、黒(マー油入り)、赤(ピリ辛)の3種に分かれ、トッピング、サイズで値段が変わるようになっています。単品は、ごはんもの、唐揚げなどがあったと思います。白生姜、ニンニクなどがトッピング自由となっています。

この日は、基本の豚骨スープの味玉チャーシューメン1130円を注文。麺の茹で具合を聞かれましたので、普通でお願いしました。

着席後、早い時間でラーメンが提供されます。スープは白濁した豚骨で泡立っています。トッピングは、大判のチャーシュー4枚、味玉、キクラゲ、ネギとなっています。

スープをいただくと、豚骨のコク・旨味がしっかりと出ていますが、比較的後味があっさりとしています。濃さは濃厚という訳ではないのですが、本格的な豚骨の旨味を堪能できる素直に美味しいなと思える味わいです。

麺は細麺ストレートを使用されています。コリコリとした食感と、心地よい噛み応えが気持ちの良いものです。キクラゲや白生姜などと絡めてやると食感や味の変化を楽しむことができます。

チャーシューは、ややレア気味な大判のものを使用されています。とても柔らかみがあり、豚肉の味わい、少々の脂分、食感の楽しさを味わえる高レベルなものです。薄切りですが大判なためボリューム感も感じることができます。また味玉も中の黄身がとろけるもので良かったと思います。

久しぶりに訪れた博多一幸舎さん、豚骨そのものの旨味をしっかりと楽しめる優良店だと思います。京都拉麺小路の中でも長く愛されている理由が良くわかるお店だと思います。

↓味玉チャーシューメン
200305-1.JPG

↓チャーシュー
200305-2.JPG

↓麺とスープ
200305-3.JPG
posted by たぬき at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2020年03月04日

シャンティ・押熊店@奈良市中山町

奈良市中山町にありますインド料理のお店「SHANTI(シャンティ)」さんです。過去に何度となく利用しているお店です。この日は、日曜日のお昼時に訪れました。

お店は、押熊町付近の大型量販店などのショップが並ぶ奈良精華線の京都から奈良方面へ南下するレーン沿いにあります。お店の外観は、茶系の色合いの落ち着いたカフェという雰囲気です。お店の裏手に駐車場も完備されています。

店内は、清潔感があり、天井が高く開放感がある造りとなっています。テーブル席が多く並んでいて、そこそこの人数が入れそうです。また女性スタッフの接客も毎回丁寧だなと感心できます。

メニューで、これまでと大きく変わった点が一点あり、これまでナン食べ放題でしたが、食材の価格高騰でやめられました。ただランチメニューにはナン2種類が付いてきて追加も基本150円(チーズナンのみ250円)なので、それほど価格が上昇したようには思えません。

ランチメニューは、シャンティランチ1680円(カリー2種類、タンドリーチキンまたは日替わり炭火焼き、ナン二種類、グリーンサラダ、ターメリックライス、ドリンク)、カリーズランチ1290円(シャンティランチからタンドリーチキンor炭火焼きを抜いたもの)を抜いたものとなっています。ドリンク、ナンは複数の種類から選べ、チーズナンは+100円となります。

この日は、カリーズランチを選択。カリーは、パラクパニール(インド風チーズのほうれん草カリー)、海老とアスパラガスのカリーを選択。ナンは、ゴマとチーズ、ドリンクはラッシーを選びました。また複数で訪れたため、プレーンナン、ガーリックナンもシェアすることに。

しばらくすると登場する、ナン&カリー。セサミナンよりプレーンナンの方がふっくら焼きあがっているのは、ゴマの影響があるのかな?チーズナンは、ナン生地の中にチーズを練りこんだものではなくてプレーンナンの上にとろけるチーズをトッピングしたものとなっています。

海老とアスパラガスのカリーは意外なほどスパイシーで、海老も小ぶりながらもいくつか入っています。パラクパニールは、濃厚なほうれん草の風味が効いていて、そこにチーズが加わるので濃厚でマイルド、ドロドロ感もあり個人的には、とても好みでした。

ナンは、セサミナンが若干ふんわり感が劣るように思いましたが、どれも外パリ、中ふんわりの食感が楽しいもの。サイズは大きすぎず食べやすいものだったと思います。

しばらくぶりに訪れたシャンティさん。ナン食べ放題の終了は残念ではありますが、それでも、そこそこ良いコスパを保っておられると思います。雰囲気も良く、ゆったりとカレーを楽しむのに良いお店だと思います。

↓カリーズランチ(パラクパニール、海老とアスパラガスのカリー)
200304-1.JPG

↓プレーン、セサミナン
200304-2.JPG

↓チーズナン
200304-3.JPG

↓ガーリックナン
200304-4.JPG

↓ランチメニュー
200304-5.JPG

200304-6.JPG
posted by たぬき at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年02月29日

バケット・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

イオンモール高の原に入っています、サンマルク系列のベーカリーレストラン「バケット」です。この日は、日曜日のお昼時12時台に訪れました。12時台ですと、10分ほどの待ち時間がありました。

お店は、イオンモール2Fレストラン街の一番端っこの方にあります。小さめの店舗となっています。

店内はお店の奥がパンやドリンクバーなどのサービススペースとなっています。テーブル席が並ぶ店内は、清潔感があり、こじんまりとしていますが、そこそこの人数が入れます。お店の方の接客も丁寧なものでした。

メニューは、洋食メニューが中心で1000〜1500円くらいのものが多いです。好みに応じて、パン食べ放題、サラダ、ドリンクバーなどを追加することができます。

この日はお得なランチメニューの中から「白身魚のグリル エビ風味のクリームソース」(パン食べ放題付き)1190円を注文しました。

料理を待つ間、パンをいただきます。この日の期間限定は、さつまトースト、ゴルゴンゾーラの塩パン、パンピザマルゲリータ風、抹茶あんロールの4種。その他、ミニクロワッサン、チーズロング、シュガーロール、フレンチトースト、和風チャパタなどをいただきました。

期間限定の中では、抹茶あんロールが抹茶の餡が多く使われており、パン生地ももっちり食感で好みの味わい。ゴルゴンゾーラの塩パンは先月くらいから続けられていますが、チーズが多く使われていて濃厚な味わいを楽しむことができました。

白身魚のグリル エビ風味のクリームソースは、白身魚にミニトマト、インゲン、キュウリ、豆、茄子、ポテトなどの野菜類が添えられエビ風味のクリームソースがかけられたもの。クリームソースは比較的マイルドな味わいで海老の風味もほんのりと効いている感じです。白身魚があっさりとしているので、とても食べやすい一品でした。

こちらのお店はショッピングついでに使いやすく、パンも食べ放題でお腹も満足できるのが良いところです。また買い物ついでに立ち寄りたいと思います。

↓白身魚のグリル エビ風味のクリームソース
200229-1.JPG

↓パン食べ放題
200229-2.JPG

200229-3.JPG

200229-4.JPG

200229-5.JPG

200229-6.JPG
posted by たぬき at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年02月28日

旬菜ビュッフェ楽憩夢@京都府木津川市相楽台

イオンモール高の原の、ビュッフェ料理のお店「旬菜ビュッフェ楽憩夢」さんです。この日は久しぶりに日曜日のお昼時に訪れました。11時台の訪問でしたので、待ちもなく座ることができました。

お店は、イオンモール2Fレストラン街の中にあります。こちらのレストラン街の中でも大きめの店舗で店内は広々としテーブル席が多く並びます。

店内は清潔感があり、店舗中央部分が料理のサービススペースとなっています。お店の方の接客も丁寧なものです。料金は土日祝のランチは大人1600円くらいだったと思います。

このお店の特徴は最初に釜飯を用意するかどうか聞かれるところです。釜飯を注文すると最初にテーブルに運んでくださいます。炊き上がるのに30分ほどかかりますが、ほかほかの釜飯なのでおススメの一品です。

それとライブキッチンがあって、大人一人につき1回取りに行くことができます。この日は、焼餃子がライブキッチンで、焼餃子はスペシャル感が少ないな・・と、ちょっと残念な感じもしました。

料理は和洋中デザートなど、なんでもありなのですが、品数も多いこと。それと最近、他のモール系のビュッフェ店もよく訪れているのですが、それらと比べても比較的味や素材に一工夫あったりするのがうれしいところかなと思います。

焼豚は和風の味付けにちょっぴり辛子が効いていて意外と本格的な味わい。酢豚が、濃厚な味わいでさらにトロける脂身に仕上がっていたり、卵とじに使われているカツが厚切りだったり、意外と良いなと思う一品が多いです。

唐揚げも普通・スパイシー・南蛮タイプなど種類が置かれているのも好感が持てます。またビュッフェでは魚介系が少ないお店が多いですが、こちらはカキフライなども普通に置かれているのも良いかなと思いました。

ライブキッチンの焼餃子は、さすがにその場で調理くださるので、焼き立てのおいしさ。そして具も多く良い感じでした。

しばらくぶりに訪れた楽憩夢さんですが、モール系のビュッフェ料理店としては及第点以上なのではないかと思います。価格も控えめなので、また使用したいなと思います。

↓ビュッフェ料理
200228-1.JPG

200228-2.JPG

↓焼餃子
200228-3.JPG

↓釜飯
200228-4.JPG
posted by たぬき at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年02月26日

丸亀製麺・ビエラタウンけいはんな店@京都府相楽郡精華町光台

丸亀製麺のビエラタウンけいはんな店です。何度となくリピートしているお店です。この日は、平日の夕刻に訪れました。18時前後でそれほどお客さんはおられずスムーズに入店することができました。

お店は、複合商業施設のビエラタウンけいはんなのレストランがあるエリアにあります。独立した建屋で営業されていて、見た目は丸亀製麺の郊外型店舗と同じタイプです。駐車場も完備されています。

店内も丸亀製麺さんの基本形と同じです。木目調を基調とした清潔感のある店内。入ってすぐのところで、好みのうどんを注文して、好きな天ぷら、おむすびなどを取り、支払いをするシステムです。お店の方の接客も庶民的ながら丁寧なものです。

この日は期間限定品として、海鮮玉子あんかけをされていた他、季節の旬のうどんとして鴨ねぎ、鴨すき焼きうどんをされていました。

その中から気になった鴨すき焼きうどん(並)720円、野菜のかき揚げ140円、ちくわ天120円を注文。

鴨すき焼きうどんは、鴨肉たっぷりに、生卵、春菊、えのき、白ネギがトッピングされています。

こちら、甘いすき焼き風のたれに濃厚な黄身玉子が抜群に相性が良いもの。そこに丸亀製麺さんらしい、コシのある太めのおうどんが絡むので抜群の味わいです。鴨肉がとても柔らかく量もたっぷりなのも、すごくお得感を感じます。丸亀さんにしては値段が高いメニューに思いますが、この量ならアリだな!と思えるものです。

かき揚げとちく天は、いつも通りさすがのボリューム感。かき揚げは野菜の種類が豊富でないのは少し残念な気もしますが、食べても食べても減らないくらいのボリューム感があるので大満足です。どちらも揚げたてのアツアツ、サクッとした食感もあり良かったです。

丸亀製麺さんは、期間限定品も常にありますので、リピート使いにも良いお店です。また気が向いたときに再訪したいと思います。

↓鴨すき焼きうどん(並)
200226-1.JPG

↓野菜のかき揚げ、ちくわ天
200226-2.JPG
posted by たぬき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年02月24日

楼蘭@奈良県大和郡山市下三橋町

イオンモール大和郡山にあります中華ビュッフェのお店「楼蘭」さんです。この日は、土曜日の12時前に訪れました。驚いたことに、客の多いイオンモール、多くのレストランが混雑している中、こちらはガラガラ・・大丈夫かな・・と思いつつの入店です。

お店は、イオンモール1Fレストラン街の一番端の方にあります。

店内は明るく清潔感があります。広々としていてテーブル席が並び多くの人が入れるようになっています。また中華店らしく大人数用の円卓もありました。店内入ってすぐのところが食事のサービススペースとなっています。お店の方の接客も丁寧で良かったと思います。

ビュッフェ料理は大人は1518円、ドリンクバーは+220円で追加可能です。とりあえずドリンクバーは付けました。

料理は、サラダ、中華料理、デザートなどが一通り揃いますが、種類はやや少なめといったところです。ただ基本的なものは一通り揃っていたと思います。

一通り取りましたが、まず天心。小籠包、シュウマイ、水餃子、海老ギョウザ、揚げギョウザなどを取りましたが、それぞれ意外と悪くない。川はモチモチしているし、具も詰まっている。そして揚げギョウザのパリッとした揚げ具合もとても良かったです。

そして意外とチャーハンがパラパラ感もあり、濃い目の味付けでしたが食が進むものでした。それと海老のマヨソースなどもカラッとした揚げ具合が良かったですし、回鍋肉も肉がたっぷりで満足度が高かったです。

ラーメンは自分で湯がくセルフスタイルのものに好みのトッピングを加えていただくようになっています。中太の低加水ストレート麺で、食感はしっとりしていて悪くないのですが、スープはインスタントのような白湯スープで、わざわざ取るほどの物でもなかったかもしれません。

全体的には、それぞれの料理の味付けも程よく、提供スペースの温度管理もされていたので、調理直後と同じような暖かさでいただくこともでき、悪くないお店だったと思います。入店したときは、ガラガラで不安を覚えましたが、また再利用しても良いなと思った中華ビュッフェでした。

↓ビュッフェ料理
200224-1.JPG

200224-2.JPG

↓ラーメン、サラダ
200224-3.JPG
posted by たぬき at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2020年02月20日

串まる・天保山マーケットプレース店@大阪市港区海岸通

天保山マーケットプレースにあります、串カツのセルフ食べ放題のお店「串まる」さんです。この日は平日のお昼時に訪れました。平日のためか店内は空いていて、すぐに着席することができました。

お店は、天保山マーケットプレースの3Fレストラン街の中にあります。

店内は、入ってすぐのところが串カツのネタ、ビュッフェ料理などのサービススペースとなっていて、奥に多くのテーブル席が並びます。やや暗めの店内で、お店の方の接客も含めて庶民的な雰囲気です。

平日のランチタイムは70分食べ放題で1580円でした。ドリンクバーが追加で200円くらいだったと思います。この日はドリンクバーも付けました。

串カツのネタは豊富で、定番の肉系(豚、牛、つくね、うずら、ウインナーなど)、海鮮系(貝柱、海老など)、野菜類(玉ねぎ、南瓜、ブロッコリーなど)だけでなく少し変わり種(たこ焼き、シューマイ、チーズちくわなど)もあります。

他に単品でごはん類、麺類、子どもの好きそうな一品(フライドポテトとかフライ類など)、デザートなどが取り放題となっています。

ソース類や塩、岩塩なども多くの種類があるのはうれしいところです。個人的には、岩塩でいただくのが美味しく感じました。

串カツは自分で揚げるので正直、楽しいです。わざと衣を少なくしたり分厚くしたり・・そして揚げたてを食べることができるので、そこそこ美味しくいただくことができます。ネタの中で良かったのは紅ショウガかな。強めの味があるので、そのまま食べても素材の味を楽しめます。ただ、平たいので衣が付けづらいのが難点。

他にも意外と、たこ焼きとかシューマイなどは揚げると美味しいなと思いながらいただきました。逆に一品料理は、冷凍食品のような感覚のものが多く、イマイチなものが多かったかなと思います。

揚げていると予想外に時間が早く過ぎて気が付くと70分の時間制限になることになりました。そこそこお腹も満腹でしたし、楽しく過ごすことができたと思います。

こちらのお店、海遊館などの観光地にも近いので、観光やショッピングついでに使いやすいお店だと思います。またこの付近に来ることがあれば利用したいと思います。

↓セルフ串カツ揚げ放題
200220-1.JPG

200220-2.JPG

↓串カツネタ
200220-3.JPG

200220-4.JPG

200220-5.JPG

200220-6.JPG

↓白身魚フライなど
200220-7.JPG
posted by たぬき at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ