2017年06月06日

たんとと和くら・イオンモール橿原店@奈良県橿原市曲川町

「たんとと和くら」のイオンモール橿原店です。この日は休日のお昼時を少し過ぎた時間帯に訪れました。

こちらのお店は、イオンモール橿原店の1Fレストラン街の中で営業されています。イオンモールのため駐車場は完備されています。

お店の外観以上に店内は、こじんまりとした雰囲気があって、座席は狭めかもしれません。お店の方の接客は、庶民的ながらも丁寧なものでした。

メニューは、夜は居酒屋メニューのようなものも豊富なようですが、昼は定食屋さんという感じです。定食メニューは、牛たんを中心に、牛カルビ、モツ、海鮮類(焼き魚など)を組み合わせて定食メニューが中心で、値段は安いものは1000円以下から。高いものは、厚切りの牛たんの増量メニューになどで3000円くらいとなっていました。

この日は、牛たん焼きと縞ほっけ定食1790円をお願いしました。ご飯は麦めしで、味噌汁、漬物が付いてます。ご飯の量は選択できるので普通でお願いしました。

登場した定食メニューは、麦めしに、漬物、縞ほっけと、おろし、サラダと牛たん焼き、味噌汁が付いています。

牛たん焼きは、これだけで、とても美味しいもので、厚切りメニューにしませんでしたが十分の迫力。濃いめの味付けでご飯とも合いますし、肉の中はレア気味でジューシー。歯ごたえも良く、満足できる一品だと思います。

縞ほっけの方も予想外に良かったかな。このような定食系のお店だと、やよい軒のしまほっけ定食が好みなのですが、それに負けないくらい脂が乗っていて、ご飯が進むものでした。半身ですが、牛たんとセットなので、満足度は高いです。

麦めしも食感が楽しいですし、味噌汁も大根や人参がしっかり入っていて、意外と具だくさん。悪くないかなと思います。

なんとなく入った、お店なのですが、昼定食をいただくお店としては、十分楽しめたように思います。名物の牛たん焼きだけでなく、魚も美味しかったので、いろいろなメニューが楽しめそうなお店だと思いました。

↓牛たん焼きと縞ほっけ定食
170606-1.JPG
posted by たぬき at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年06月04日

第30回青山高原つつじクォーターマラソン大会

今シーズンラストレースに選んだ大会。青山高原つつじクォーターマラソン大会です。前回は、おそらく10年前くらいに出場したことがあります。

この日は、特に目標もなく、本気で走る訳でなく、あくまでファンランということで出場。起伏の激しいコースだということは前回に出場して分かっていましたので、タイムは狙えないので、とにかく景色を楽しもうと思って臨みました。

前回出場した際は、天気が悪くて見渡せなかった高原の景色。この日は、快晴です。青山高原の風力発電の風車群、そして展望台に立てば伊勢湾まで見渡せます。本当にきれいな景色。

また第30回の記念大会とのことで、Tシャツのデザインも凝っていました。これはデザインを公募されて選考の上きめられているそうですが、今回デザインされた方は、出場されている女性ランナーさんとのことでした。

クォーターマラソンの部は、その名の通り1/4マラソンなので10.55kmです。面白いのは、10kmコースが設定されているようで、他の5km、3kmのスタート地点から、0.55km下がった場所からスタートします。しかもこの0.55kmが超絶登り坂でスタート直後からきつい(笑)

その後もアップダウンの激しい高原特有のコース。風力発電があるものだから、当然、風も強い。なかなかの難コースです。しかし景色は本当に美しく、大迫力の風車の近くを走り、伊勢湾を見渡し、高原の美しい新緑の景色の中、楽しんで走ることができます。

この日はファンランでしたので、終始ながしペースで走りました。タイムも50分を少し過ぎていたのですが、順位的には意外と上位だったような。やはり他のランナーさんも、このアップダウンに苦しんでタイムを落とされているのでしょうか。

しかし、この大会は快晴だと本当に気持ち良い大会だと思います。また良く年以降もタイミングが合えばシーズンのラストファンランで出場してみたいなと思います。

↓風力発電の風車群
170604-1.JPG

170604-2.JPG

↓伊勢湾が見渡せます。
170604-3.JPG

↓参加賞のTシャツ
170604-4.JPG
posted by たぬき at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2017年06月02日

来来亭・枚方藤阪店@大阪府枚方市藤阪南町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

来来亭の枚方藤阪店です。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、藤阪駅の目の前にあります。ローソンや他の飲食店との共同施設のようになっていて、駐車場も完備されています。

お店の外観は、来来亭の基本のような大きな黄色い看板が目立つので分かりやすいと思います。外壁が黒色なのは珍しい感じでシックに思いました。

店内も来来亭の基本の構造と同じくカウンター席と座敷が並びます。接客は、来来亭の元気すぎる接客とは異なり、適度な元気さで、それはそれで気配りも効いている雰囲気で良かったと思います。それとカウンター席に座って気づいたのですが、来来亭カラーの青色カウンターではなく、木目調でした。

メニューは、基本の背脂醤油系のラーメン620円を中心に、こってりラーメン、旨辛麺、味噌ラーメン、塩ラーメン、赤味噌ラーメン、冷麺なども存在します。それぞれトッピングやサイズで値段が変わります。

また単品メニューも豊富で、それらとラーメンを組み合わせた定食メニューも豊富に存在します。このお店では、がっつりセットと言う、ごはん系と唐揚げなどを組み合わせたボリュームメニューを売りにされているようでした。

この日は、チャーシュー麺770円を注文。麺の硬さやスープ、チャーシューの好みなどは、全て普通でお願いしました。

登場したラーメン、一般的な来来亭と比べて、見た目で思うことは、背脂が若干少な目。それとチャーシューが大判と言うことです。トッピングは、チャーシューの他、ネギ、メンマとシンプルなものです。

スープをいただくと、来来亭の中でも鶏ガラのコクが控えめで、あっさりとした味わい。ただあっさりながらも頼りない訳ではなく、醤油と鶏ガラのコクのバランスの良いすっきり感のある味わいを楽しめます。後味も一味が入っていることでピリッと引き締まっています。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。普通ぐらいの硬さの茹で具合で、しっとり感のある食感が楽しいものです。

チャーシューは、他の来来亭さんと比べて大判のものを使用されています。来来亭の場合、小さめのチャーシューを麺や背脂と絡めて食べるのが楽しい気がするのですが、これはこれでチャーシューのボリューム感をしっかりと感じて楽しめるものでした。

初めて訪れた藤阪の来来亭さん。すっきり感のあるスープに大判のチャーシューたっぷり。他の来来亭さんと比べると、個性を感じますが、なかなか高レベルだったと思います。多くの方に愛されそうな味わいのお店だと思います。

↓チャーシュー麺
170602-1.JPG

↓チャーシュー
170602-2.JPG

↓麺とスープ
170602-3.JPG

↓お店の外観です。
170602-4.JPG
posted by たぬき at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2017年05月31日

TAIWAN BAR 台湾ケンタ・コモスクエア店@愛知県豊田市喜多町

おすすめ度:★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

豊田市にあります「TAIWAN BAR 台湾ケンタ」さんです。この日は、休日のお昼時に訪れました。

お店は、新豊田、豊田市の駅からトヨタスタジアム方面に進んだコモスクエアという複合施設の1階にあります。1階はレストランが並んでいますので、分かりやすいと思います。

店内は、カウンター席とテーブル席が並んでいます。外観以上に人は入れそうです。TAIWAN BARと名乗っておられるだけあり、飲み屋使いが出来そうな雰囲気です。スタッフの皆様の接客も丁寧なものでした。ただ、お昼時は混雑しているので、料理の提供時間がとても長いことはマイナス点かなと思いました。

メニューは、看板メニューの台湾メンが1辛〜10辛まで辛さが選べます。1〜5辛が台湾メン500円、6〜10辛が赤の台湾メン550円として売られています。トッピングもいろいろなものが選べます。他にも居酒屋使いできそうな単品メニューが豊富にあり、お昼のセットメニューも存在したと思います。アルコールもアジア系を中心に豊富に存在しました。

この日は、赤の台湾メン 6辛550円にトッピング、台湾ミンチ増し+150円をお願いしました。それと台湾ビール390円をお願いしました。

まず台湾ビールが提供されます。こちらは口当たりが軽い、日本のビールに似たピルスナータイプで、とても飲みやすいです。

続いて赤の台湾メンの登場。かなり小さな器で登場します。周りを見ていると単品で台湾メンをたのまれている方は大サイズでお願いされている方がほとんどです。単品の方は大サイズの方が良いかもしれません。

見た目のインパクトは強くて、スープ表面は脂分と唐辛子が多く浮いています。そして豚ミンチ、にんにく、ニラがトッピングされています。

スープをいただくと、飲んだ瞬間にグッと来るスパイシー感。ただ辛いだけではなく、独特の香辛料などの旨みもあるように思います。にんにくや脂分の強さもあるので、パンチ力抜群のスープです。

麺は多加水の縮れ麺を使用されています。強めの食感で、豚ミンチや唐辛子をしっかりと絡めてくれます。豚ミンチは粒が大きめで食感もしっかりとしています。スパイシー感の際立つスープの中で、中和するような役割を果たしています。

かなりのインパクトのある、こちらの台湾メン。迫力があるのですが6辛だと、辛さ、スパイシー感が強くて、若干単調な味わいになったように思います。また違うときに訪問する機会があれば、もう少し辛さ控えめの味で楽しんでみたいと思います。

↓赤の台湾メン6辛+台湾ミンチ増し
170531-1.JPG

↓麺とスープ
170531-2.JPG

↓台湾ビール
170531-3.JPG
posted by たぬき at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@その他

2017年05月29日

カリー工房・ガーデンモール木津川店@京都府木津川市州見台

ガーデンモール木津川のフードコートにあります「カリー工房」さんです。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

こちらのフードコートはとても小さくガーデンモール内の平和堂の食品売り場に近い場所にあります。ラーメン屋さんなどと並んで、一番奥に「カリー工房」さんが、あります。こちらのフードコートはお昼時でも、ものすごく混雑することはないように思います。接客は、フードコートらしい素朴な雰囲気です。

メニューは、カレーが基本が430円で、トッピングで値段がアップしますが、一番高いカツレツカレーでも630円とお手軽価格。他にもたこ焼き、ソフトクリームなども扱っておられたりします。

この日は、一番高いカツレツカレーを注文。約6分待ってくださいと言われますので、待ちますとベルが鳴り、鶏に行くシステムです。

カツレツカレー、見た目はいたってシンプル。ご飯の上にルーがかかり、カツが乗っています。福神漬等は自由にトッピング可能となっていました。

こちらのルーを食べてみると、意外と酸味とコクがあって、あれ?予想以上に行けるなと。スパイシーさもあるし、フードコートですが悪くない印象です。ただ具はほとんど入っていないので、物足りない感じもしますが。

カツレツは、身が薄めで、インスタント感が強いものです。ただ、揚げたてのカリッとした衣の食感は美味しく、カツレツ自体も大きめなのでボリューム感はあります。

全体的にも、カレーのルーが意外と美味しくボリュームもあるので、フードコートのカレーとしては及第点以上かなという印象です。ガーデンモールの買い物ついでにふらっと立ち寄って時間をつぶすのにも良いお店だと思います。

↓カツレツカレー
170529-1.JPG

↓メニュー
170529-2.JPG
posted by たぬき at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年05月28日

パリクロアッサン・木津店@京都府木津川市相楽城西(2)

アルプラザ木津のパン屋さん「パリクロアッサン」さんです。近場では、アピタ精華台のお店も同系列のパン屋さんです。

この日は、以前から好みの「ダブルチーズフォンデュ」(日によってはチーズフォンデュフランスのような名前で売られています。、おそらく使われているチーズの種類で名前を変更されていると思います)がありましたので、それを取りました。

その他、のび〜るチーズのミックスピッツァ、明太ポテトブレッドを購入、それぞれ150〜200円前後で買いやすい価格です。

まず、ダブルチーズフォンデュですが、外にもチーズがまぶされ、カリッと焼きあがった食感とチーズ味が良い感じ。そして中身はトロけるチーズフォンデュのような濃厚な味わい。このパンが、ここのお店では一番おいしいかな?といつも思います。

明太ポテトブレッドも好みの味ですが、ポテトの柔らかさに明太子のアクセントが効いていて、バランスも良いし、満足できる一品だと思います。

のび〜るチーズシリーズは複数種類置かれていますが、こちらのミックスピッツァの方が、サラミ風のハムやタマネギ類の野菜も使われていて、まさしく味はピッツァ風。食べていて楽しい一品だと思います。

こちらのパン屋さんは、お手軽で、価格も安く使いやすいお店だとおみます。これからもしょっちゅう使うお店の一つだと思います。

↓ダブルチーズフォンデュ、のび〜るチーズのミックスピッツァ、明太ポテトブレッド
170528-1.JPG
posted by たぬき at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年05月27日

ヱビスバー・名駅店@名古屋市中村区名駅

名古屋駅構内にありますヱビスバー名駅店です。この日は、休日の夜、乗り換えついでに軽く食べようと思ったのですが、どのお店も行列が多く、こちらのお店はカウンター席が空いていましたので、飛び込みました。

お店は、名古屋駅内の「名古屋うまいもん通り」というレストランなどが並ぶ中にあります。開放的な造りで広々とした空間の中にカウンター席、テーブル席が並びます。スタッフの皆さんは、アルバイトの方が多いように思いましたが丁寧な接客でした。

メニューは、複数のエビスビールや、エビスビールを使ったカクテル、ビール以外のドリンク類も豊富に揃っています。料理は、ビアバーにありそうな単品メニューが豊富に存在するほか、名駅店のオリジナルメニューとして、名古屋コーチンスモーク4種盛合せ、みそとんオムライス、牛すじどて煮&ガーリックトースト、味噌カツ、手羽先など、ご当地メニューが並んでました。

この日は、まずヱビスマイスター650円、名古屋コーチンスモーク4種盛合せ980円、国産鶏のチキンバスケット780円を注文。その後、ヱビスプレミアムブラック525円を追加でお願いしました。

2つのビールですが、ヱビスマイスターは、香りも豊かですし、濃厚な旨み、コクもあり、本当に豪華なビールと言う一品です。ヱビスプレミアムブラックは、ずっしりとしたロースト麦芽の深さを感じる落ち着いたものでした。

名古屋コーチンスモーク4種盛合せは、おそらく、レバー、砂ぎも、心臓と胸肉だと思います。それに金柑が付いていました。スモークされた濃厚な深い味わいと食感が、それぞれ楽しく、特にレバーは、柔らか味もあり、一品だけでビールをたくさん飲めそうな一品でした。

チキンバスケットは、スタンダードな一品ですが、ジューシーで柔らかい鶏肉と、揚げたて感のあるサクサク食感、ほんのりと効いた胡椒の風味が合わさりビールのおともに最高の一品です。一般的なビアバーと比べても、上質の味わいが楽しめると思います。

さく飲みで訪れた、こちらのお店。ビールも美味しく一品料理も、楽しいもので、なかなか良いお店だなと思いました。駅構内で立地も良く、いろいろなシチュエーションに使えそうなお店だと思います。

↓ヱビスマイスター
170527-1.JPG

↓ヱビスプレミアムブラック
170527-2.JPG

↓名古屋コーチンスモーク4種盛合せ
170527-3.JPG

↓国産鶏のチキンバスケット
170527-4.JPG
posted by たぬき at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年05月26日

ふうりん・芦屋店@兵庫県芦屋市上宮川町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

JR芦屋駅近くにありますラーメン店「ふうりん」さんです。この日は昼食を過ぎた15時ごろ微妙な時間帯に訪れました。そんな時間帯でも、客入りはそこそこ多かったです。

お店は2号線沿いJR芦屋駅近く、大阪方面へ向かうレーン沿いにあります。街中のため店舗駐車場はありません。お店の外観は白と黒でシックな雰囲気です。

店内は、厨房を囲んでカウンター席が並ぶ、昔ながらのラーメン店という雰囲気です。接客も庶民的で良い雰囲気です。

メニューは、基本のふうりんらーめん650円を中心に、トッピング等で値段が変わるようになっています。人気は、角煮と野菜のようです。また単品メニューや、ライスと単品と組み合わせたセットメニューも充実していました。

この日は、角煮らーめん920円を注文。それと瓶ビールをお願いしました。瓶ビールはスーパードライでした。

登場したラーメンは濁った色合いのスープに白菜、ネギ、白髪ネギ、角煮がトッピングされています。見た目は野菜の色合いで優しそうに見えます。

スープの味は、野菜の甘みが効いたあっさりとした味わいです。あっさりながらも、コクはあり弱さは感じません。甘みもほんのりとしていてバランスが良く、わずかに入っている唐辛子が後味を引き締めてくれます。

麺は、ややカールした低加水の中細麺を使用されています。やや柔らかめの茹で具合で、しっとりとした食感。個人的に好みの食感でした。

そして角煮。これが大きなものは、厚さが1〜2センチくらいはありそうです。そして、本当に口に入れた瞬間にトロける食感。なのに脂分は強すぎず食べやすい。かなりの高レベルな角煮です。角煮のみを単品で注文してみたいなと思える一品でした。

こちらのお店は、初めて訪れましたが、柔らかな角煮が絶品で、これだけを食べるだけに訪れる価値があると思いました。ラーメン自体もスープのほんのり優しい味わいがとてもよく、どなたにでも受け入れられるラーメン店だと思います。

角煮らーめん
170526-1.JPG

↓角煮
170526-2.JPG

↓麺とスープ
170526-3.JPG

↓瓶ビール
170526-4.JPG

↓お店の外観です。
170526-5.JPG
posted by たぬき at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@兵庫

2017年05月24日

麺屋じすり@京都府木津川市木津神田(3)

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

木津川市のラーメン屋さん「麺屋じすり」さんです。この日は平日のお昼時を少し過ぎた時間帯に訪れました。

お店は、木津川市役所前の通りを西に向かったところに有ります。お店の外観は、こじんまりとしています。最近、以前と変化し「海老そば専門店」と名乗られ、看板も変わっています。そのため鶏白湯のラーメンは、今は頂くことは出来ません。駐車場は、少し離れた川沿いに完備されています。

店内はこじんまりとしたスペース。カウンター席とテーブル席が1つあるくらいです。ご主人が調理され、奥様と思われる女性が接客されていますが、いつもとても丁寧な接客だと思います。

メニューは、海老しお、海老みそのラーメン各750円と、海老まぜそば700円がメイン。海老しおが、以前から提供されていた海老そばになるようで、海老みそが新しい味のようです。それぞれトッピングなどで値段がわかるようになっています。その他、ぎょうざやご飯類などが存在します。

また麺は基本は手打ちちぢれ麺で提供されていますが、好みで細麺をお願いすることもできるようです。

この日は、まだいただいた事のない海老みそ特製950円を注文。特製はチャーシュー2枚と味玉がトッピング追加されています。

登場したラーメンは、赤い色合いのスープで表面が泡立ち、脂分も多めに浮いています。トッピングは炙りチャーシュー2枚、穂先メンマ、ネギ、ナルト、煮玉子となっています。

スープは飲んだ瞬間にざらりと食感も感じる海老の風味。かなり強くてインパクトがあります。ベースは以前からの鶏ガラスープだと思いますが、まろやかでしっかりしています。そこに味噌は隠し味のような感じで使われていますが、パンチ力ある海老風味と合わさり、そこそこ濃厚な味を楽しめます。

麺は、中太の多加水縮れ麺を使用されています。モチモチとした食感で、濃いめのスープとの絡みも良いものです。

チャーシューは、しっかりと炙りが入っています。そして厚さも1cm以上はあり、かなりのボリューム感。脂身が多めで柔らかくジューシーで単品でも食べたくなる一品だと思います。煮玉子や穂先メンマも個性があり、強いスープやチャーシューに負けていません。

久しぶりに訪れた「じすり」さんですが、具やスープのバランスも良くなって、味も進化している印象を受けます。個性的な海老のインパクトのある味に特化されたのは、とても今後の集客を考えても良かったのかな?と思います。接客も丁寧ですし、末永く愛されるお店になってほしいなと思います。

↓海老みそ特製
170524-1.JPG

↓チャーシュー
170524-2.JPG

↓麺とスープ
170524-3.JPG

↓お店の外観です。
170524-4.JPG
posted by たぬき at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年05月23日

CoCo壱番屋・イオンモール高の原店@京都府木津川市相楽台

イオンモール高の原のフードコートにありますココイチさんです。この日は、平日の夕食時に訪れました。

何かを軽く食べようとフードコートをうろうろ、気になるメニューが、ココイチの前に掲げられていたため、思わず注文してしまいました。

それは蒸し鶏のカレーフォー830円です。全国1400店舗の中で、この高の原店限定のメニューとのことです。

注文後しばらく待ちます。するとベルで呼び出され、受け取ります。

やや大きめの器に入ったカレーフォー。蒸し鶏がたっぷりとトッピングされていて、その上にネギが振りかけられています。他に、タマネギ、キャベツ、赤ピーマン、もやしなどがトッピングされていました。

スープをいただくと、ココイチのカレーの味を想像すると、かなりあっさり風味でさらりとしています。ただ、そこそこのスパイシーさと独特の香りがあり、アジアンテイストな雰囲気です。パクチー粉末を渡されますので、それを加えると、さらに個性的な味になるように思います。後味も、そこそこ辛味を感じます。

フォーは、平打ちのものですが、いわゆる一般的なフォーと比べるとコシが強めのように思いました。材料は違うものの、幅が狭いきしめんのような印象を受ける食感で、カレースープとの相性も良かったと思います。

それとあっさりとした蒸し鶏がたっぷりと入っていて、こちらもスパイシーなスープと絡めていただくのに良かったと思います。

ココイチのカレーフォー、初めて食べましたが、個性的なスパイシー感もあり、ボリュームも多すぎず、サクッと楽しむのにも適している一品だと思います。高の原店だけの限定の一品、ココイチマニアの方や、それ以外の方にも、楽しめる味だと思いました。

↓蒸し鶏のカレーフォー
170523-1.jpg

↓麺とスープ
170523-2.jpg

↓蒸し鶏のカレーフォーメニュー
170523-3.jpg
posted by たぬき at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ