2018年03月05日

第38回篠山ABCマラソン

5,6年ぶりの参加となった篠山マラソン。前走の姫路城マラソンから3週間でのフルマラソン参加です。過去のフルマラソン参加は最低でも5週間、間を取っていましたので、この短期間でのレース参加は初めての試みです。

この日は京都駅からマラソンバスに乗って参加。6時15分ごろのバスに乗ると、大会会場には8時前には到着しました。参加賞を受け取り、更衣所でゆったりと過ごします。

この日は最高気温は20℃との予報。そのため半袖Tシャツにランパンで準備。スタート前も意外と暖かく、寒さは全く気にならないくらいでした。

スタートし、最初の5kmほどは混雑気味。姫路城マラソンの際は、走っていて身体の重さのようなものを感じたのですが、今回は温かいこともあるのか、身体がよく動く感じでした。5kmは25分すぎて通過。続く10kmは予想より早く23分台での通過となりました。篠山マラソンは前半は距離標識が5kmごとのため、ペースをあまり気にせず気持ちよく走る感じで行きました。

そのまま30kmまでは、ほぼフラットペースで23分/5kmくらいだったと思います。途中、直射日光が照る時間帯もありましたが、基本は曇り空だったため気温ほどの暑さは感じませんでした。

そして30kmを過ぎて折り返し。ここから強めの向かい風となります。それでも30〜35kmは24分/5kmくらいで走ることができ、37km地点くらいまではぎりぎり4分台/kmが続いていたと思います。

ただ前半から、ややペースを速めていたためか、それとも暑さもあったためか、その後失速気味に。徐々に遅れ最後は3時間20分台の半ばでのゴールとなりました。

ただタイムとしては、今シーズンでは一番の好タイムとなりました。3週間での連戦マラソンは初めての経験で調整も難しかったですが、うまく対応することができたと思います。また来シーズン以降も、スケジュールが合えば、3週間マラソンなどもチャレンジしてみようと思います。

また篠山マラソンは、3度目の出場となりますが、広めの走路、走りやすく声援も温かく、やはりとても良い大会だなと言う印象です。篠山もまたいつか出場しようと思います。

↓完走メダル
180305-1.JPG

↓参加賞Tシャツ
180305-2.JPG

↓大会当日の朝
180305-3.JPG
posted by たぬき at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2018年03月02日

マクドナルド・24号線木津店@京都府木津川市木津奈良通

マクドナルドの24号線木津店です。マクドナルドを利用するの何年ぶりでしょうか・・下手すると10年ぶり近いかもしれません。ただ、この店舗はずいぶん以前に数回利用したことがあります。この日は、ハッピーセットの「しまじろう」グッズを手に入れたいための訪問で、朝マックの時間帯に訪れました。

お店は、163と24号線の合流する大谷交差点を奈良側に南下したところにあります。マクドにしては、広めの店舗、広めの駐車場のある郊外店という印象です。店内も昔と変わらず清潔感がありますし、お店の方の接客も丁寧だと思います。

この日は、ハッピーセットでチキンマックナゲット5ピース、ハッシュポテト、ドリンク390円のもの。それとチキンタツタ、チキンタルタが売ってましたので単品(各380円)で購入しました。ハッピーセットのしまじろうグッズは、欲しかったものが外れてしまったのは少し残念なところ。

チキンマックナゲットには、普通のマスタード、バーベキュー意外の、期間限定というタルタル、しょうが醤油ソースも付けてくださいました。

チキンマックナゲットは定番の味ですが、しょうが醤油ソースに付けると、あっさり感がかなり増すように思います。逆にタルタルは濃厚系ですね。あっさり食べたいときは、和風のしょうが醤油が良い感じがします。

そして久しぶりに食べたチキンタツタ。今回は味がリニューアルされているとのことで卵黄が増えているらしい。普段から食べてないので分からないのですが、和風のしょうが醤油のチキン、キャベツの食感、そして玉子の味わいとピリッとした後味の辛味がバランスよく、やはり食べやすく美味しいバーガーと言う印象。

チキンタルタは、さらにタルタルソースの層が増しているようで、基本的に似た味わいですが、さらに濃厚な印象です。どちらもパンズの食感が良いのがポイント高いですね。

久しぶりにマクドナルドでいただきましたが、何年も経っていますが、味も親しみやすく好印象。今回のように欲しいグッズなどがあるときは、また使ってしまうと思います。

↓チキンタツタ、チキンタルタ
180302-1.JPG

↓チキンマックナゲット、ハッシュポテト+期間限定しょうが醤油・タルタルソース
180302-2.JPG
posted by たぬき at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年02月26日

かつアンドかつ・精華町店@京都府相楽郡精華町光台

かつアンドかつの精華町店です。意外と気に入っていて、繰り返し使っているお店の一つです。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、ビエラタウンけいはんなのレストランの一つとして営業されています。駐車場も完備されています。

店内は広々として綺麗な印象。ゆったりめのテーブル席が中心で居心地が良いです。土日は待ち客も出ますが、待合室は逆に狭い感じがします。お店の方の接客は丁寧なものです。

メニューは、カツ料理を中心にお得なランチメニューや期間限定メニューなども存在します。この日は、3/4までの期間限定で北海道&広島の牡蠣グルメフェアをされていました。

前回訪問時に期間限定メニューから選択しましたので、この日は、レギュラーメニューの中からミルフィーユかつ膳1440円を注文。ミルフィーユかつは薄切りロースを何層にも重ねたものだそうです。このメニューには二種類、梅しそを挟んだものと、チーズを挟んだものが提供されます。漬物、キャベツはおかわり自由でお得です。

またワンドリンク無料チケットを持っていましたので、ノンアルコールビール(ドライゼロ)をお願いしました。

最初にカツのソース用に、胡麻が提供されますので、擦って待ちます。

そしてカツの登場。ミルフィーユかつが多く乗っています。ソース用の胡麻は提供されましたが、それとは別にミルフィーユかつ用に和風だしが提供されます。

かつはたしかに、何層にも重ねられた見た目が個性的なもの。その中に、梅しそ、チーズが挟まっています。どちらもミルフィーユかつが脂分も少な目で食べやすく、梅しその場合はよりあっさり和風になります。チーズはちょっぴり洋風テイストの味付けになります。

こちらのミルフィーユかつは、トンカツのソースでいただくと、ソースが勝ってしまいますので、専用の和風だしに付けると、よりさっぱりした味わいが楽しめます。ただチーズは、カツが熱々のうちはトロける食感ですが、冷えてくると固まってきて、その点はマイナスかなと思いました。

いつも通りキャベツは切り方が良くて、サクサク感が素晴らしく、やはりお代わりしてしまいます。これだけでも結構お腹は膨れますね。

ちょくちょくと通ってしまう、こちらのかつ屋さんですが、接客も良くお店もゆったりしているので、また使いたいなと思えるお店だと思います。またリピートしようと思います。

↓ミルフィーユかつ膳
180226-1.JPG

↓ミルフィーユかつのアップ。
180226-2.JPG

↓ドライゼロ
180226-3.JPG
posted by たぬき at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年02月22日

VIE DE FRANCE・奈良店@奈良市三条本町

JR奈良駅構内にありますベーカリーショップ「VIE DE FRANCE」さんです。この日は土曜日の午前に所用で奈良駅近くに居ましたので、購入しました。

店舗は奈良駅の改札を出てすぐのところ(ビエラ奈良という駅ナカ施設の2F)にあります。開放的で明るい店舗は、お客さんが常に多くおられる印象です。イートインコーナーもあり、午前の時間帯でも席は埋まっていました。また豊富な種類のパンが置かれています。

この日購入したものは以下のものです。

〇エビとポテトのグラタンドッグ
ジャガイモ、チーズ、玉子をふんだんに使ったグラタン風のパン。ニンジンやパセリ、濃厚なチーズ、小エビがとても良いアクセントとなっています。

〇照り焼きウインナートルティーヤ
薄焼の生地が意外とふんわりとしていて、予想以上に優しい食感。ジューシーなウインナーは大きく意外とお腹が膨れる一品です。

〇ミルクパン
小さなミルクパン。ほんのりとした甘みが優しいです。生地の食感がしっとりしていてシンプルながらも飽きないパンだと思います。

〇特選カレーパン
店舗には3種類カレーパンがあったと記憶していますが特選を選択。たしかに濃厚な味のルーに思います。全体としては無難なカレーパンと言う印象も残ります。

〇チーズフォンデュポット
ふんわりとした生地にとろけるチーズがたっぷりと乗っています。食感が優しくチーズも食感が柔らかいので食べやすい一品です。

こちらのお店はチェーンではありますが、一品一品ちょっとした工夫があって楽しめるパンだと思います。駅ナカなので、仕事帰りなどにも購入しやすい便利なお店だと思います。

↓エビとポテトのグラタンドッグ、照り焼きウインナートルティーヤ、ミルクパン
180222-1.JPG

↓特選カレーパン、チーズフォンデュポット
180222-2.JPG
posted by たぬき at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年02月20日

麺屋 優光@京都市中京区場之町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

烏丸御池近くにありますラーメン店「麺屋 優光」さんです。この日は平日のお昼時、近くを通りがかったときに新しいお店あるな?と気づいて入りました。最近出来たお店のようですね。

お店は、姉小路通沿いにあります。白を基調とした外観は、とてもきれいで最初はラーメン店と分からない感じです。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席のみとなっています。新しく清潔感、明るさがある内装は女性でも入りやすいと思います。男性店員さんが調理され、女性店員さんが接客されていましたが、とても丁寧な対応でした。お店の方の趣味なのか、ずっとミスチルのLIVE映像が流れていました。

ラーメンメニューは3種あり、淡竹(貝系あっさり)、真竹(醤油)、黒竹(醤油・濃い)の3種からなっています。それぞれトッピング、麺の量で値段が変わるようになっています。その他、ご飯類、鶏餃子、レア焼豚盛などサイドメニューも存在します。

この日は淡竹800円に限定焼豚(3枚)トッピング+300円をお願いしました。

しばらくすると登場するラーメン、澄んだ色合いのスープにレア焼豚、限定焼豚、メンマ、ネギがトッピングされています。見た目のきれいなラーメンです。

スープをいただくと、あっさりとした優しい醤油味ですが、貝の旨みがしっかりと出ていて、あっさりながらも旨みたっぷり。コクがしっかりとしているスープです。スープ表面は、意外と脂分が多めですが、それでもあっさりと飲みやすいものです。

麺は、全粒粉入りの中太麺を使用されています。しっかりとコシのある食感で噛むことが楽しくなるような麺です。

焼豚は2種類。デフォルトで入っているのがレア焼豚で、こちらは薄切りで味付も控えめ。脂分が意外とあり、豚肉そのものの美味しさを堪能できます。限定焼豚の方は厚切りで、醤油ダレで味が入っています。脂分は少ないのですが、柔らか味があり食べやすく高レベルな仕上がりとなっています。こちらの限定焼豚は、他の濃いめの醤油スープのラーメンと合わせてみたいと思いました。

こちらのお店、初めて入ったのですが、とても優しく旨みのある上品なラーメンでした。きれいな店内は、女性にも入りやすく、多くの方に支持される人気店となりそうなラーメン店でした。

↓淡竹+限定焼豚トッピング
180220-1.JPG

↓レア焼豚、限定焼豚
180220-2.JPG

↓麺とスープ
180220-3.JPG

↓お店の外観です。
180220-4.JPG
posted by たぬき at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年02月18日

神来・イオンモールKyoto店@京都市南区西九条鳥居口町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

宝屋の系統のラーメン店「神来」さんのイオンモールKyotoのお店です。この日は、朝の10時台に訪れました。

お店はイオンモールKyotoのフードコートで営業されています。こちらのフードコートは、少し時間をずらすと意外と空いていることが多いように思います。

フードコートとしてはイオンモールにしては、それほど広い感じはしませんが、きれいなフードコートだと思います。「神来」さんは、男性2人、女性1人で切り盛りされていて、調理、接客など分担されていました。お店の方の接客は庶民的で素朴な印象でした。

メニューは、ラーメン680円を中心に、チャーシューメン、ダブルチャーシューメン、トリプルチャーシューメン、肉なしラーメンと肉の量で値段が変わるようになっています。本店にある特製炙りチャーシューメンは存在しないようです。

単品メニューや、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューも存在しました。

この日は、トリプルがあるなら、それを食べなきゃ・・とトリプルチャーシューメン1130円を注文。ネギの量や麺の茹で具合など聞かれましたが普通でお願いしました。混雑してなかったため、意外と早く提供されます。

登場したトリプルシャーシューメン。さすがにチャーシューの迫力が半端ないです。やや茶濁したスープ。背脂は、わずかに浮いていて一味などは浮いていません。トッピングはネギ、メンマとシンプルなものです。

スープは表面に脂分がやや多めに浮いています。味わいは、まったりとした醤油味。ベースの鶏ガラ豚骨のコクがしっかりと出ていて、わずかなトロミのようなものも感じます。まろやかでコクがあり、飽きの来ないスープだと思います。

麺は低加水の中細ストレートを使用されています。しっとりとした噛み心地の良い食感で安心していただけます。

そしてチャーシューは、赤身、脂身のバランスがとても良いもの。それがたっぷり量入っています。鉢一面に入っていて、最初は、それをいくつか食べないと麺にたどり着けないほどです。食感もよく、食べやすいチャーシューだと思います。

久しぶりにいただいた神来さんのラーメン。しっかりとしたスープの味わいで、フードコートとは思えないしっかりとした一杯をいただけます。営業時間も長く、駅からも近いので重宝するラーメン店となりそうです。

↓トリプルチャーシューメン
180218-1.JPG

↓チャーシュー
180218-2.JPG

↓麺とスープ
180218-3.JPG

↓お店の外観です。
180218-4.JPG
posted by たぬき at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2018年02月17日

ラー麺ずんどう屋・奈良大安寺店@良市東九条町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラー麺ずんどう屋の奈良大安寺店です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。ずんどう屋さんは、姫路の本店、京都の2店舗に行ったことはありますが、こちらは初めてです。通りがかりに入りましたが新しくオープンされたようです。

お店は、大安寺南の交差点近く、パチンコ屋さんに併設されています。パチンコ店の大きめの建屋に白い看板で、見た感じすぐにラーメン店と分からないかもしれませんが、お店の前に旗が立っているので目印となります。駐車場は完備されています。

店内は、新しいため清潔感があり、そしてかなり開放的で広々としています。カウンター席が多めですが、テーブル席も多く存在します。お店の方の接客もトレーニングされた丁寧なものだったと思います。

メニューは、元味らーめん(豚骨)、和風らーめん(あっさり魚介+豚骨)、とんこつLIGHT屋台味(あっさり豚骨)の3種類のスープがあり、それぞれトッピング等で値段が変わるようになっています。単品やご飯ものも存在しました。高菜、紅ショウガなどが取り放題となっています。

この日は、基本の元味スープのチャーシューメン1170円を注文。背脂の量はこってり、麺は細麺とちぢれ麺で選べますので、ちぢれ麺をお願いしました。

しばらくすると登場するラーメン。スープは白濁しており背脂多い目にしたので、きめ細かく背脂が浮いています。トッピングはチャーシュー、ネギ、海苔とシンプルなものです。

スープは、豚骨のコクがしっかりと出ていて、やや塩分が濃いめ。背脂の量多い目なので、若干くどい感じがしますが、濃厚で迫力のある豚骨スープを楽しむことができます。豚骨のコクがしっかりしているので、背脂量は普通でも良かったかなと思いました。

ずんどう屋では初めていただいた、ちぢれ麺は細麺を使用されていました。コリコリとした食感が強めの麺で、噛んでいて楽しいものです。ストレートの細麺と比べても大きな差はないかもしれません。

チャーシューは、しっかりと味の付いたバラ肉を使用されています。脂分がとろける食感で、なかなかのもの。小ぶりですが枚数も多く満足できます。

しばらくぶりにいただいた、ずんどう屋のラーメン。迫力のある、しっかりとした豚骨スープを味わえるお店で豚骨を楽しみたいときには重宝すると思います。

↓元味チャーシューメン
180217-1.JPG

↓チャーシュー
180217-2.JPG

↓麺とスープ
180217-3.JPG

↓お店の外観です。
180217-4.JPG
posted by たぬき at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2018年02月14日

サンマルク・奈良学園前店@奈良県生駒市上町

サンマルクの奈良学園前店です。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、学研北生駒駅のすぐ近くにあります。お店の外観は、サンマルクらしいレンガ風の外観で落ち着いた雰囲気です。お店の前に駐車場が完備されています。

店内は入ってすぐのところに物販スペースがあります。ここは奈良交通が経営しているので奈良交通グッズなどが置いてあったりして、ちょっと面白いです。テーブル席が並ぶ店内は広々としており、清潔感があります。お店の方の接客も丁寧なものでした。

サンマルクさんのメニューは、焼きたてパン食べ放題が魅力です。基本的に単品もしくはコースメニューにパン食べ放題が付いてくるようになっています。

この日は季節の誕生日コースの中からメイン料理は「削り節を効かせた魚介類の具だくさんアヒージョ」2400円をお願いしました。ドリンクはアイスコーヒーでお願いしました。

季節のヴェリーヌが前菜として登場します。海老、枝豆を使用したさっぱりとした食べやすいもの。本日のスープは、ロブスターのクリームスープです。こちら濃厚な海老の風味が出ていて予想以上に楽しめました。

サラダはスモークサーモンを使用したもので、玉子が使われていて、これも意外と楽しめる一品。

メインのアヒージョはニンニクの旨みがたっぷり効いたもので魚介の風味も活きています。有頭海老や大きめの白身魚、小エビ、イカなどの魚介類と蓮根、ブロッコリー、ニンジン、オリーブなどの野菜がたっぷりと使われていて食べ応えもあります。

パンは、ついつい多く取ってしまい、オニオン、よもぎ、クロワッサン、ミルク、ガーリックデニッシュ、チーズ、ごまスティック、ベーコン、チョコロールなどなど。特にガーリックとオニオンのパンは素材の風味が強く出ていて良かったと思います。

サンマルクさんはパンに比べると料理があと一歩な印象のときがあるのですが、この日の料理は、とても良い感じに仕上がっていました。値段もお手頃で、パンも食べ放題。お得感のあるコース料理でした。また機会を見て使いたいなと思います。

↓削り節を効かせた魚介類の具だくさんアヒージョ
180214-1.JPG

↓季節のヴェリーヌ
180214-2.JPG

↓ロブスターのクリームスープ
180214-3.JPG

↓スモークサーモンサラダ
180214-4.JPG

↓デザート
180214-5.JPG

↓スティック、オニオン
180214-6.JPG

↓よもぎ、クロワッサン
180214-7.JPG

↓ミルク、ガーリックデニッシュ、オニオン
180214-8.JPG

↓チーズ、ごまスティック
180214-9.JPG

↓ベーコン、チョコロール
180214-10.JPG

↓お店の外観です。
180214-11.JPG
posted by たぬき at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2018年02月12日

博多火炎辛麺 赤神・京都店@京都市中京区松ケ枝町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の六角通沿い、繁華街の中に新しくオープンされたお店「博多火炎辛麺 赤神」さんです。この日は、平日のお昼時に訪れました。

お店は、珍遊さん、つるかめさんの六角のお店が並ぶところにあります。お店の外観は派手目のオブジェクトが目立ちますので分かりやすいと思います。店舗駐車場は街中のため存在しません。

店内は、カウンター席が中心となっています。お店入ってすぐのところに食券機がありますので、そこで購入するシステムです。お店の方の接客は、オープン間もないお店なのか、アルバイトの方がトレーニングされていました。しかしながら素朴ながらも丁寧な接客だったと思います。

メニューは、基本の火炎辛麺が中心。豚骨味噌スープに小麦粉とタピオカを練りこんだ中太麺が売りのようです。他に油そば、パクチー辛麺、パクチー油そばなどが存在します。それぞれトッピングやサイズで値段が変わります。また単品メニューもいくつか存在します。

この日は、基本の火炎辛麺800円に角煮チャーシュートッピング300円をお願いしました。注文時に辛さ、痺れ、野菜の量を聞かれましたので、すべて普通でお願いしました。辛さは唐辛子、痺れは花椒、野菜はモヤシのようです。

登場したラーメン。スープの表面は、赤色に染まり脂分が浮いています。別皿で提供される角煮ですが、それらを乗せると迫力が出ます。他にモヤシ、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、ベースの豚骨のコクはしっかりとしていると思います。スープ表面に脂が多めに浮くため野性的で、そこに唐辛子、花椒の味が加わるので刺激的です。唐辛子の量は、普通だと、意外と辛さを強く感じず、辛いものが好きな方は、さらに多めをたのんでも良いかと思います。

麺は、タピオカ入りの中太麺。かなりコシが強い食感で、噛んでいて楽しい麺だと思います。個性的で強い味のスープとの相性も良いと思います。

そして角煮チャーシューは、かなりの厚切り。脂分も程よく残り、噛むとトロけるジューシーさ。本格的なもので量もたっぷりです。味付は控えめなので辛味のスープとの絡みも良いものです。

初めて食べた博多火炎辛麺さんの一杯。個性的なしびれが印象的で、程よい辛さも楽しいものです。冬場は特に食べたくなる一品だと思います。

↓火炎辛麺+角煮チャーシュートッピング
180212-1.JPG

↓角煮チャーシュー
180212-2.JPG

↓麺とスープ
180212-3.JPG

↓お店の外観です。
180212-4.JPG
posted by たぬき at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

姫路城マラソン2018

3年ぶりに姫路城マラソンに出場。第一回からの久しぶりの参加です。前日入りしましたが、受付だけして近場の宿に宿泊。姫路城など観光したいなと思いつつ、大雨のため観光する気にもなれず、ゆっくりしていました。大会のマラソンイベントブースも大雨のためひっそりとしていました。

当日は、逆に天候が回復し晴れていました。ただ予想最高気温は6度と低め。少し迷いつつ、薄手の長袖Tシャツを着てスタートします。

姫路城マラソンは、姫路城をスタートし最初、市街地を走り、その後、夢前川沿いを塩田温泉付近まで走り、南下し2号線を超え夢前川のサイクリングロードを走ったのち、また市街地に戻るコース。前半15qまでが緩やかな登り、そして30kmくらいまで緩やかな下り、35kmまで緩やかに登ったのち、ゴールまで緩やかに下るコースです。ほぼフラットで走りやすいと思います。

この日、長袖Tシャツを着用しましたが薄手のものにしました。手袋も薄手のものを。ちょっとそれが失敗したかなと。途中、意外と寒いところや曇りで日光が当たらない時間帯が多く、手先は冷たかったですし、脚も冷えて動きが悪かったように思います。

奈良マラソンが3時間20分台後半でしたので、走りやすい姫路のコースなら数分は縮められるかなと思っていました。しかし、なかなかスピードが上がらない(笑)4分台後半/kmのペースで35kmくらいまでフラットで行きました。35kmから若干スピードが落ちて、ジャスト5分/kmくらいに。ほとんど奈良と同じペースとなりました。

そのままゴール。タイムはほぼ奈良マラソンと同じとなりました。

しかし姫路の大会は運営もスムーズですし、参加者も多すぎずコンパクトで心地よいですね。また参加したいと思います。次は3週間後、篠山にエントリーしていますが、3週間という期間は初なので、走れるのか不安です。

↓前日の会場の様子。雨のため人もまばら。
180211-1.JPG

↓姫路城
180211-2.JPG

↓完走メダルとタオル
180211-3.JPG

↓参加賞Tシャツ
180211-4.JPG

180211-5.JPG
posted by たぬき at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会