2016年11月19日

天下ご麺・大津店@滋賀県大津市浜大津

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

滋賀県のラーメン店「天下ご麺」さんの大津店です。この日は日曜日のお昼時に訪れました。このお店は数回訪れたことがあるのですが、10年ぶりくらいかもしれません。

お店は浜大津港近くにあります。お店の外観は、黒い木目調で、店長の師匠にもあたる佐野氏の「ガチンコラーメン道」の旗が目立ちます。こちらは、街中のため、店舗駐車場はありませんので、車の方は近隣の公共パーキングなどを利用すると良いと思います。

店内はカウンター席のみで細長く、落ち着いた雰囲気です。多めのスタッフで切り盛りされています。お店入ってすぐのところに食券機があり、そちらでチケットを購入するようになっています。

メニューは、近江塩鶏麺、鰹武士醤油麺、鶏の白雪麺、黒トロ淡海麺、和風げんこつ麺・・・ と数多くの創作ラーメンが並びます。つけ麺も複数の種類が温材します。また期間限定メニューもあります。単品は、ご飯類くらいとなっており、ご飯とラーメンを合わせたセットも存在します。

この日は、一番人気の近江塩鶏麺700円を注文。

しばらくすると、お洒落な器に入ったラーメンが登場します。スープはやや濁っており、鶏肉、煮玉子、白髪ネギ、焦がしネギ、海苔、穂先メンマがトッピングされています。わずかに一味も振りかけられています。

スープをいただくと、鶏の旨みが出ていて、塩味も優しく柔らかい口当たり。コクがしっかりしているので、あっさりながらも頼りないことなく、どんどんと飲み進むことができます。表面に少しの脂分が浮いており、柔らかな口当たりを増してくれるように思います。

麺は全粒粉入りの細麺ストレートを使用されています。しっかりとした食感が心地よく、あっさりとしたスープにもあっています。スープがあっさり気味なので、麺の存在感が際立っている印象を受けます。

鶏肉は二種類入っているのかな・・片方はとても柔らかく口どけの印象。どちらの肉もあっさりとした風味と合っていました。

こちらのお店は、滋賀県の今風のラーメン店の先駆けのようなお店でしたが、今でも洗練された印象を保ち続けているお店だと思います。上品で優しい味の近江塩鶏麺は、多くの方に指示を受けそうな一品だと思います。

↓近江塩鶏麺
161119-1.JPG

↓鶏肉
161119-2.JPG

↓麺とスープ
161119-3.JPG

↓お店の外観です。
161119-4.JPG
posted by たぬき at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2016年11月17日

ラーメン専門店ポパイ@京都市東山区松原通り宮川筋

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京阪清水五条駅近く、松原通沿いにありますラーメン店ポパイさんです。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店の外観は、黄色いテント看板に赤いラーメン暖簾で、昔ながらのラーメン店、中華店という雰囲気です。街中のため店舗駐車場はありません。

店内はカウンター席とテーブル席が2つほど。老年の夫婦で切り盛りされていて、とても優しく庶民的な接客です。

ラーメンメニューは、ラーメンが700円で醤油と、みそから選べます。他にトッピング、大きさにより値段が変わり、変わっているところでは、にらやさいラーメン800円、コーンラーメン750円などです。また焼飯類が豊富でレモンチャーハン650円が目立ちます。丼ぶりもの、焼きそば、皿うどんなどの麺類も存在します。またセットメニューも存在しました。

この日は、チャーシューメン900円を注文。

登場したラーメンは、茶濁した醤油スープに、チャーシュー、キャベツ、モヤシ、ネギ、メンマ、ゆで卵が乗った昔ながらの一杯という雰囲気です。

こちらの醤油スープ、一口飲んで驚くことに、けっこう魚介が効いています。京都の老舗店では、ほぼ見ないような味付けで新鮮です。ベースは豚骨だと思いますがコクがあり、醤油も濃すぎずマイルドで飲みやすい仕上がりになっています。

麺は、低加水のストレート麺を使用されています。柔らかめの茹で具合で優しい食感。個人的には好みです。

チャーシューは、厚切りのバラ肉が多めに入っています。中には1cm近い厚切りのものも。味付は濃すぎず、脂分もやや落とされているので、食べやすいです。厚切りで柔らかみもあり高レベルなチャーシューだと思いました。

こちらのお店のラーメンは、京都の老舗店だと思っていただくと、驚くような魚介系醤油スープとなっています。マイルドで飲みやすいそのスープは老若男女に愛される味わいだと思います。

↓チャーシューメン
161117-1.JPG

↓チャーシュー
161117-2.JPG

↓麺とスープ
161117-3.JPG

↓お店の外観です。
161117-4.JPG
posted by たぬき at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2016年11月14日

無添くら寿司・奈良大宮店@奈良市二条大路南

くら寿司の奈良大宮店です。この日は休日のお昼を少し過ぎた時刻に訪れました。

お店は、二条大路沿い、平城宮跡の近くにあります。くら寿司の基本的な外観で駐車場も完備されています。

この日は昼食時より少し遅い時間帯だったためか、すぐに通されテーブル席でいただくことが出来ました。接客も丁寧なものだったと思います。

この日いただいたメニューは、以下のものとなります。

〇サーモンサラダ巻、石垣貝、ぶりたたき、すだちしまあじ、贅沢かにいくらのせ

サーモンサラダ巻と、ぶりたたきは、最近、くら寿司でされている石澤ドレッシングを用いられたものですね。どちらもサラダ様の味付け。そこそこ主張するドレッシングの風味で、同じような味に感じてしまうのは残念なところかな。しかしながら味は悪くないと思います。あと、かにいくら乗せは200円ということもあり十分豪華で満足のいくものでした。
161114-1.JPG

〇濃厚味噌ラーメン
気になっていたので注文。おろしニンニクが付いてきます。スープは濁っており、表面に脂分が若干浮きます。トッピングは、ネギ、焼豚、煮玉子。

このスープが意外と本格的。味噌のコクも出ていますし、濃いめなのに後味はすっきりしています。寿司と同時に食べていても、味噌汁感覚で食べられる感じもあり、違和感ないかな。

麺は平打ち気味の太麺を使われていて、コシがしっかりとしています。また煮玉子も、味が入っていて手が抜かれていないのも好印象です。
161114-2.JPG

161114-3.JPG

〇炙りサーモンてりマヨ、ウニ入り軍艦、生シラス、とろサーモン、ゆず塩かつおたたき
ウニ入り軍艦の、ウニ入り・・というのが気になったのですが、魚卵とイカ、ウニを少し混ぜて作っている、ウニ風味寿司というところでしょうか。食感も良いし、味も悪くないですね。

あと、サーモンてりマヨ・・これは、どうなのか・・と思いつつ頼みましたが、行ける(笑)単純に濃厚なてりマヨ風味がサーモンに合いますね。また注文してみたい一品でした。
161114-4.JPG

この日食べた、くら寿司の味噌ラーメン。なかなか本格的なもの。スシローのあっさりとした寿司と合わせるようなラーメンとも異なり、ラーメンそのものとして味わえる一杯だったと思います。

161114-5.JPG
posted by たぬき at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年11月11日

じゅうじゅうカルビ・京都木津川@京都府木津川市州見台

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

じゅうじゅうカルビの京都木津川店です。木津川と言っても、州見台の新興住宅地エリアにあります。この日はランチタイムに訪れました。

お店は、以前バーミヤンだったところに出店されています。店舗の前に駐車場は完備されています。

店内はファミレス風で広々としています。席もゆったり。お店の方は女性アルバイトさんが切り盛りされていましたがトレーニングされて気持ち良いものでした。

ランチタイムは食べ放題から、複数のランチメニューが存在します。セットは、焼肉と単品を組み合わせたようなセットが数多くあったと思います。どれも1000円以下が多く良心的な価格でした。

この日は、気になっていた石焼らーめんランチの中から、石焼海老塩らーめんランチ790円を注文。内容は、らーめんと、黒カレー&ライスバー、スープバー、サラダ、杏仁豆腐が付いています。石焼らーめんは、他に4種類存在しました。それとドリンクバーを注文。ドリンクバーはランチタイムは100円です。

らーめんを待つ間、黒カレーを取ります。濃厚な黒カレー。味は意外とスパイシーかな。コクもしっかりとしています。具は野菜がいくつか細切れのものが入っていて、肉系はなかったような。焼肉屋さんなので、肉系が少し入っているとうれしいかもですね。まぁ取り放題メニューとしては十分な味です。

そして、石焼海老塩らーめん、杏仁豆腐、サラダが登場します。らーめんは石焼のため、ぐつぐつとスープが煮えています。具は、豚ばら肉2枚、ゆでたまご、赤パプリカ、キャベツ、ネギ、椎茸、モヤシ、玉ねぎなどとなっています。

スープは優しめの塩味ですが、しっかりと海老風味が入っています。そして当たり前ですが熱々。ピリ辛油が少し浮いていますが、辛味は控えめです。それと野菜類、特にタマネギからにじみ出る甘みが効いていて、これが絶妙な美味しさを出しています。

麺は、太目の平打ち麺を使用されています。熱々の石焼スープの中でもコシを失わない強さです。

具の中で焼豚は濃厚な味で小ぶりですが美味しいなと。焼肉屋さんなので、量はもう少し欲しい気もしますが味は良かったです。野菜類は具沢山で、なかなか満足できる一杯だったと思います。

じゅうじゅうカルビさんの石焼らーめんランチ。気になっていましたので入りましたが、十分ラーメンとしても楽しめる味でした。次は普通に焼肉屋さんとして利用してみたいと思います。

↓石焼海老塩らーめんランチ
161111-1.JPG

↓麺とスープ
161111-2.JPG

↓黒カレー
161111-3.JPG
posted by たぬき at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2016年11月05日

無添くら寿司・宇治大久保店@宇治市大久保大竹

くら寿司の宇治大久保店です。この日は土曜日のお昼すこし過ぎた時間帯にシャリカレーうどんが気になって・・訪れました。

こちらのお店は、近鉄大久保駅から少し南下したところにあります。くら寿司の中でも古い店舗かなと思うのですが、店舗の大きさが若干、小さめに思います。駐車場はお店の横に完備されています。

昼食時から少し時間がずれていたためか、すぐにカウンター席に通されました。いわゆる100円回転寿司です。

この日いただいたお寿司の中で気になったものは・・

ぶりたたき、マヒマヒドレッシング・・どちらも石澤ドレッシングと題して出されているドレッシングに漬けられたお寿司ですが、酸味も程よく、寿司とサラダの中間ともいうような美味しさがありました。

ゆず塩かつおたたき・・ゆずの爽やかな味付けに、ほんのりと塩味が乗ってくる感じでなかなかのもの。お酒とも合いそうですね。

ゆば・・ある意味創造できる味ですが、あっさり感が良かったかな。

熟成中トロ・・こちらは少し残念。脂があまり乗っておらず、普通の赤身とかの方が良かったかなと後悔してしまうような一品でした。

そして、すしやのシャリカレーうどん。こちら、辛いのが苦手な方は甘口でも注文できます。私は普通のバージョンで注文。うどんの上にドロリとしたカレーがかけられ、そこにちく天、半熟玉子天、揚げシャリが2つトッピングされています。だしで割ったタイプのカレーうどんとは異なり、ライスがうどんになったようなものです。

カレーは、濃厚でドロリとしており、そこそこスパイシーさもあります。濃厚なので、寿司と同時に食べていると完全にカレーが勝つかな・・。寿司との相性は悪いように思いますが、カレーとしては美味しいと思います。

うどんは、さすがに讃岐うどんチェーンが、そこら中にある中、コシや麦の風味では負けますが、それでも食感ソコソコ。悪くはないですね。ちく天もカリッとした食感は悪くないです。半熟玉子天は作り置きなのかな・・こちらは衣がいまいちだったような。

そして揚げシャリ。まぁシャリを揚げたもの・・そのものです(笑)。味がそれほど強くないので、完全にカレーに飲み込まれている感じでした。

ただ、これだけのボリュームとトッピングで350円はありかな。カレーが好きな方は、寿司はちょこっと。こちらをメインに食べられる方もおられるかもしれませんね。

初体験のくら寿司のシャリカレーうどん。なかなか予想外に量も多く、お腹が膨れました。くら寿司さんは、いろいろと斬新なメニューも揃っているので、飽きずに通える回転寿司だと思います。

↓いろいろお寿司
161105-1.JPG

161105-2.JPG

161105-3.JPG

↓すしやのシャリカレーうどん
161105-4.JPG
posted by たぬき at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2016年11月03日

平和軒@京都府城陽市平川長筬

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

城陽市平川にある中華料理店「平和軒」さんです。この日は休日のお昼時に訪れました。

お店は南宇治中学近くの住宅街の中にあります。昔ながらの街中の大衆中華という見た目で、赤い看板や暖簾が目立ちます。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、こじんまりとしていて、カウンター席とテーブル席が2つだけ。店内にテレビがあり、見ながら食べられるようになっています。お店は、老年の夫婦で切り盛りされていて、庶民的で親しみやすい接客でした。

メニューは、中華料理店と言っても麺料理の方がメインという印象です。各メニューが安くて、中華そば500円を中心に、どの麺メニューも550円まで(冷麺のみ680円)となっています。中華単品は、それほど種類はありませんが、いくつか存在します。

この日は、気になった大溜メン550円、どのようなメニュー化と効くと、玉子あんかけを乗せた五目そばみたいなものと言われましたので、それをお願いしました。

しばらくすると登場する大溜メン、鉢自体はそれほど大きくはないのですが、本当に具だくさん!たしかに溶き玉子入りのあんかけスープです。ただ一般的な五目そばと比べると、とにかく具が多い印象。具は、海老、イカ、豚肉、ハム、蒲鉾などと白菜、人参、筍、ネギ、椎茸などの野菜類です。

スープは、強すぎない粘度のあんかけスープを用いられており、醤油の濃さから来る塩気が若干強めには感じますが、それを良い意味で玉子が緩和してくれます。強さとやさしさを持つスープでなかなかのものだと思いました。

麺は、やや細めのストレート麺を使用されています。柔らかい茹で具合で、具との絡みはとても良いものです。餡かけとも馴染みますし、この昔ながらの中華麺は、この一品にあっているように思いました。

そして、具なんですが、本当に具だくさんで・・そしてエビやイカなども大きいのがドーンと入っています。かなりのたっぷり量で、麺の方がだいぶ先に食べ終わり、最後まで具がたっぷりの残ります。鉢自体は大きくないのですが、食べ終わる頃には満腹度が高まります。

こちらの大溜メン、本当に550円?と思わせるボリューム感です。おそらく五目そば、ちゃんぽんなども、かなりの具だくさんなんでしょうね。味も、シンプルながらも力強さがありますし、個人的には非常に満足した一品でした。騙されたと思って食べてみてほしい大溜メン。そんな一杯だと思います。

↓大溜メン
161103-1.JPG

↓麺と具のアップ
161103-2.JPG

↓お店の外観です。
161103-3.JPG

↓メニュー
161103-4.JPG
posted by たぬき at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2016年10月31日

第6回大阪マラソン

気まぐれに申し込んでみたら当選していた大阪マラソン。所用などもあり、いつもほどしっかりとトレーニングできていなかったので、リラックスモードでの参加です。

7時前には京橋駅について、会場入り。早めの会場入りのつもりが・・すごい人。奈良マラソンなら、この時間帯まだ空いているのにな。。 と、あわててトイレに並びます。するとトイレだけで40分待ち。荷物を預けるのは8時までで超焦る。しかも荷物を預けてからスタート地点まで歩いて25分くらいかかります。大阪城公園広すぎ・・

バタバタとスタート前から疲れる感じでした。ときおりすれ違う芸能人をちょっと見たりしている間に、すぐにスタート時間がやってきます。

スタート後もなかなか混雑で走れません。スタート位置までしばらくかかり、それから1kmくらいは、混雑の中を走ります。

そのうち5kmくらいでばらけるので快適に走ります。そこそこ気温が高かったように思いますが、意外と高速道路の高架下なので涼しい感じがします。それとフラットなコースも走りやすいです。

もともと3時間40分くらいかなと思っていたのですが、走っていると予想より軽い感じで走ることが出来て、25km通過地点あたりで、30分も切れそうだなと。。

35kmくらいから徐々にペースが落ち始めます。そして南港のあたりから暑さもきつくなってきます。ただそのまま押し切るような形でぎりぎり3時間30分を切ってゴール。ネットタイムはもう少し早かったです。

練習量の問題もあったので、予想外に良い結果に驚きました。少し暑さを感じますが、とても走りやすいコース。来年度は11月開催に変更となるようです。そうなると気温的にも記録を狙える大会になりそうです。また機会があれば走ってみたいなと思います。

↓スタート地点の大阪城
161030-1.JPG
posted by たぬき at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会

2016年10月27日

ラーメン魁力屋・丹波口店@京都市下京区中堂寺北町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン魁力屋の丹波口店です。比較的新しく出来たお店だと思います。この日は、日曜日のお昼時を少し過ぎたころに訪れました。

こちらのお店は、丹波口駅を降りてすぐ、五条通沿いにあります。お昼時に何度かお店の前を通ったことがあるのですが、いつも大繁盛のように思います。食事どきは待ちを覚悟で訪問された方が良いかもしれません。街中ですが店舗駐車場は確保されています。お店の外観は、魁力屋さんらしいシンプルなもので、赤字の看板が分かりやすいと思います。

店内は、カウンター席とテーブル席が数席並びます。接客も元気でトレーニングされたもの。心地よいものです。

ラーメンメニューは、特製醤油、みそ、しお、コク旨の4種類となっています。それぞれトッピングやサイズなどで値段が変わります。他に単品や定食メニューも存在します。たくあん、ネギがトッピング自由となっています。

この日は、特製醤油・肉入り(並)850円。それとメニュー写真を見ていて、最初、揚げ餃子かな?と思ったのですが、カリカリチーズ250円を注文。

ラーメンとカリカリチーズは、とても素早く提供されます。

ラーメンは、いわゆる京都の背脂醤油系のスタンダードそのもの。やや濁った醤油スープに背脂、わずかの一味が浮き、そこにメンマ、ネギ、チャーシューがトッピングされています。

スープをいただくと、醤油のキリっとした強さが表に出ている印象で、豚のコクは控えめ。あっさりしていますが、背脂の甘みより、醤油と一味が勝っている感じで刺激的な印象があります。

麺は、細めのストレート麺を使用されています。やや黄色がかった麺で食感は強めです。鉢の中でダマ状になっていて食べづらかったのはマイナスかな。あと、麺のコシはとても強いのですが、どうもスープや背脂などとの馴染みが悪いように思いました。

チャーシューは、柔らかめの赤身・脂身のバランスの良いものがトッピングされています。ただ、若干、量が少な目かな。

それと、カリカリチーズ。シンプルなチーズを皮で包んで揚げたものです。カリッとした食感で、お酒と合いそうな一品です。ラーメンにはやはり餃子の方が合うと思いますが、ビールのつまみなどに注文したいメニューでした。

こちらの魁力屋さんのスープは、シンプルに醤油の強みとキレを強調されたような味わいに仕上がっているように思いました。万人受けする味で、親しみやすい背脂醤油系のラーメンだと思います。

↓特製醤油・肉入り(並)
161027-1.JPG

↓チャーシュー
161027-2.JPG

↓麺とスープ
161027-3.JPG

↓カリカリチーズ
161027-4.JPG

↓お店の外観です。
161027-5.JPG
posted by たぬき at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2016年10月15日

ふじ門製麺@奈良市馬場町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

奈良の人気ラーメン店のふじ門製麺さんです。この日は平日の昼間、所用でJR奈良駅付近に居ましたので、ふらりと訪れました。

お店は、やすらぎの道沿い、馬場町にあります。お店は、木が格子状に組み合わされた独特の外観。落ち着いた雰囲気です。ラーメン店と気づかないかもしれないので、注意してみる必要があるかもしれません。お店の前に車が数台だけ止まられるスペースがありました。

店内は、カウンター席のみとなっています。店舗内に製麺室があるようです。待ち客の座れるスペースも存在しました。音楽もジャズなどが流れ落ち着いた雰囲気です。お店は、店長さんと奥様と思われる女性が切り盛りされ、静かですがとても丁寧なものでした。

メニューは、魚だしらぁ麺700円、豚だしらぁ麺700円の二つがメイン。替玉が可能です。トッピングで値段が追加されるのと細麺、中太麺から麺を選ぶことができます。単品は、白ごはん、チャーシュー丼があるくらいです。とてもシンプルなメニュー構成です。

この日は、豚だしらぁ麺700円にチャーシュー2枚トッピング+220円でお願いしました。豚だしらぁ麺は中太麺がおススメとのことで、そちらをお願いしました。

登場したラーメンは、やや大きめの器に今風の泡立たせた白濁スープ。チャーシューが3枚トッピングされており、その上に胡椒が乗せられています。他に煮玉子、揚げゴボウ、揚げレンコン、水菜、カイワレ、糸唐辛子、白髪ネギ、ネギ、刻みタマネギなどがトッピングされ、見た目も上品に仕上がっています。

スープをいただくと、豚と鶏ベースのまろやかで優しいコクにあふれたスープに、柔らかく醤油ダレが加わっています。そこに、ほんのりと魚介が加わる感じですが、とても優しく飲みやすいスープです。泡立たせてあるスープは香りも良く、食が進みます。優しいスープですが、あっさりと言うより、味がしっかりしているくらいなのに、後味はすっきりしており、高レベルのスープだと思います。

麺は、中太と言われていますが、個人的には中細くらいの太さかなと思いました。もっちり感のある食感が楽しい麺です。

チャーシューは、大判のものがたっぷりと入っています。バラ肉ですが、脂分は落とされていてとても食べやすいです。ただ胡椒の味が強めかな。トッピング3枚にすると、胡椒がスープ中に多くなってしまって、スープの下の方をすくうと沈んでいる胡椒が混ざり、胡椒風味が強くなってしまいます。本来の、このお店のスープを楽しみたいときは、チャーシュー少なめの方が良い顔しれません。

トッピングの揚げゴボウ、揚げレンコンなども香りや食感が楽しく、見た目もとても良い雰囲気のラーメンだと思いました。JR、近鉄の両奈良駅からも近く使いやすいお店だと思いますので、観光ついでなどに立ち寄りたいお店の一つだと思います。

↓豚だしらぁ麺+チャーシュー2枚トッピング
161015-1.JPG

↓チャーシュー
161015-2.JPG

↓麺とスープ
161015-3.JPG

↓お店の外観です。
161015-4.JPG
posted by たぬき at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良

2016年10月12日

スシロー・城陽店@京都府城陽市久世北垣内

スシローの城陽店です。この日は休日のお昼時、通りがかりで訪れました。正直スシローのラーメン食べたことなかったので、食べてみたかったこともあります。

この日は、お昼時でしたが、一人でカウンター希望で出したこともあり、待ち時間5分ほどで座れました。この日は偶然かもしれませんが、バイトの方の接客は良かったのですが、社員さんの接客が笑顔がなくていまいちだったような。いつもなのかな?

この日食べたのは、以下のようなメニューです。

○特ネタ本鮪大トロ、みなみ鮪中トロ、焼トロサーモン、炙り上穴子
穴子と、大トロは値段は覚えてないけど1貫200円以上だったと思いますが、それでも安いですね。大トロの脂の乗り良かったですし、穴子も大きく柔らかさもあり食べ応えありました。中トロも無難に良い感じで、焼トロサーモンも、中トロにも負けじと脂が乗っておりさらに香りも良かったです。

○濃厚うに包み、はまち、生さんま、鯵のなめろう包み、鯖の味噌煮
鯖の味噌煮だけ寿司ではなく単品メニュー。このサバの味噌煮が個人的にはヒット。味噌も濃すぎず良い感じの味付けですし、何より柔らかさが素晴らしい。身も大きめなので注文して悪くない商品だと思いました。あとは、はまちが厚切りで良かったですね。

○厚切り焼鯖、とろサーモン、とびこ軍艦
焼鯖も厚切りですし、香りも良く良い一品ですね。最近スシローは焼鯖メニューが充実しているのかな。また食べてみたい一品でした。

○コク旨まぐろ醤油ラーメン
ラーメンは3種類ほどありましたが、こちらを選択。スープはやや濁っていますが淡色系。揚げ鮪、白髪ネギ、ネギ、揚げ葱がトッピングされています。

スープの味は魚介の香りが効いていてラーメンというよりかは、寿司の合間に飲む汁物と言った雰囲気で、あっさりしつつ寿司と合うように作られている印象。ただ魚介のコクも効いていて美味しいです。麺は少し安っぽい感じがしますが、揚げたマグロもたっぷり入っていますし、寿司の箸休めにぴったり。寿司屋さんのこだわりの、寿司に合わせたラーメンという感じで、とても良かったと思います。

久しぶりに入ったスシロー、そしてラーメンは初体験。ラーメンも寿司に合わせたような味付けで好印象でしたし、お寿司も高級ネタなども増えていて、良かったと思います。待ち時間も意外と少な目でしたので、また利用してみたいなと思います。

↓特ネタ本鮪大トロ、みなみ鮪中トロ、焼トロサーモン、炙り上穴子
161012-1.JPG

↓濃厚うに包み、はまち、生さんま、鯵のなめろう包み、鯖の味噌煮
161012-2.JPG

↓厚切り焼鯖、とろサーモン、とびこ軍艦
161012-3.JPG

↓コク旨まぐろ醤油ラーメン
161012-4.JPG
posted by たぬき at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ