2017年07月31日

サンマルクカフェ・奈良三条店@奈良市三条町

サンマルクカフェの奈良三条店です。この日は、土曜日の朝、所用で近くにいたので、モーニングで利用しました。

お店は、JR奈良駅から三条通り商店街を入ってすぐのところに有ります。お店の外観は、レンガ調でデザインされた洋風のもので分かりやすいと思います。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、とても落ち着いた雰囲気で、テーブル席が並んでいます。禁煙・喫煙の分煙もされていました。お店の接客も丁寧なものだったと思います。

入ってすぐのところにパンが多く置かれており、それらとドリンクなどを選んで精算するシステムとなっています。

この日は、日替り焼き立てパンモーニングセットで、土曜日は、トーストサンド(ハムチーズ)とドリンクで290円でしたので、そちらを注文。ドリンクはプラス100円くらいで、大きいサイズに変更できましたので、アイスコーヒーをサイズアップしました。それにしても安いですね。

トーストサンドとアイスコーヒーだけのシンプルなメニュー。正直、トーストサンド、見た感じから貧相に思えたんですが、シンプルながらトーストの焼きたてのパリッとした感じがあり、ハムとマヨネーズ、チーズ、レタスという、スタンダードながらも王道を行くトッピングが素直に美味しく思えました。

コーヒーの方も、コクが豊かという感じではありませんが、アイスコーヒーらしい後味がすっきりとした印象で、悪くないかと思いました。

サンマルクカフェさんのモーニングは初めて利用しましたが、価格がとても安いと思います。さらに奈良三条のお店は、雰囲気もゆったりと落ち着いていますので、観光などのついでに利用する機会のあるお店かなと思います。

↓日替り焼き立てパンモーニングセット(トーストサンド(ハムチーズ))
170731-1.JPG

↓お店の外観です。
170731-2.JPG
posted by たぬき at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年07月30日

得得・高の原サンタウン店@奈良市右京

得得うどんの高の原サンタウン店です。春ごろに、お店が出店されていたのは知っていたのですが、この日、日曜日のお昼時に訪れました。

お店は、サンタウンすずらん館(近商ストアのあるところ)の1Fにあります。駐車場は完備されています。

店内は、こじんまりとしていますが、とてもきれいで清潔感があります。カウンター席とテーブル席があり、そこそこ人数は入れそうです。お昼時でも空席は余裕があるように思えました。お店の方の接客も庶民的ですが、良かったと思います。

メニューは、うどん単品は味噌スープ、とんこつスープ、かつおだし、カレー、ざる・釜揚げなどから選ぶようになっています。他に蕎麦、丼などもあります。それぞれ700円前後のものが多く使いやすい価格帯だと思います。うどんとミニ丼を組み合わせたセットメニューも存在します。

この日は、味噌スープの中で気になった豚菜麺740円を注文。うどんは1~3玉、どれでも無料なのですが1玉でお願いしました。

登場したうどんは、かなり大きな器で提供されます。3玉まで無料なので、それに合わせた大きさなのでしょうね。濁った色合いの味噌スープにはゴマが浮き、得マークのナルト、白菜、ニンジン、ネギ、タマネギ、豚肉がトッピングされています。

こちらのスープが、なかなか良くて、若干の酸味を感じますが味噌のコクがしっかりとしていて、麺を入れ替えれば、そのまま味噌ラーメンに出来そうな完成度。やや濃いめですが、後味はすっきりとしていますし、飲みやすいものだと思います。

うどんは、モチモチ食感が楽しいものです。讃岐のようなコシの強さはありませんが、スープとのなじみも良いものです。また具の野菜類などとの絡みも良かったと思います。それと豚がイベリコ豚とのことで、脂分が強め、柔らかみもあってジューシーでした。

得得さんには、かなり久しぶりに入りましたが、今回いただいた豚菜麺、味のバランスも良く、また食べたいなと思える一品でした。他にも興味あるメニューがいろいろありましたし、お店も清潔感があるので、また機会があれば再訪したいお店だと思います。

↓豚菜麺
170730-1.JPG

↓うどん、スープ、具のアップ。
170730-2.JPG

↓お店の外観です。
170730-3.JPG
posted by たぬき at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年07月26日

らーめん ぎん琉・本店@京都府京田辺市花住坂

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

らーめんぎん流さんの京田辺に新しく出来たお店です。二号店になると思うのですが、こちらが本店のようです。

お店は、山手幹線を京田辺から八幡、国道一号線へ進む道沿いにあります。以前、四川ラーメンで有名な「都飯店」さんが営業されていた建屋でされています。

店の外観は黄色と黒の色合いです。小さなお店なので、注意して行くと分かりやすいと思います。駐車場はお店の前に存在します。

店内は、こじんまりとしていますが、そこそこ人数は入れそうです。それと出来たばかりですので、とてもきれいです。カウンター席が多めで、テーブル席も少しありました。接客も丁寧なものだったと思います。

ラーメンメニューは、魚介鶏白湯、エビ塩鶏白湯、淡麗黒醤油、ゆず塩、赤スタミナ鶏白湯、まぜそばとなっています。赤スタミナは、ラーメン殿とのコラボメニューのようです。それぞれトッピングなどで値段が変わるようになっています。他に、単品やセットメニューも存在しました。

この日は、魚介鶏白湯チャーシューメン930円を注文。スープは塩と醤油から選べたので、塩。チャーシューは二種類(レア、炙り)から選択できたので、半々にしていただきました。

ラーメンは、意外と早く登場します。濁った濃厚そうな色合いのスープ。そこにネギ、白髪ネギ、糸唐辛子、太目のメンマ、2種類のチャーシューがトッピングされています。トッピングはレアが2枚、炙りが3枚となっていました。

スープをいただくと、魚介の風味が表面に出た、濃厚な鶏ガラスープです。ドロドロというほど濃厚ではないのですが、かなり濃いめでこってり系が好みの方にはいけると思います。以前、宇治のお店で食べたときは魚介が強すぎるように思いましたが、今回はバランスも良く、濃いのに飲みやすいスープだなと思いました。

麺は低加水の細めのストレート麺を使用されています。食感も心地よいものでした。スープとのなじみも良いと思います。

チャーシューは二種類入っています。レアのものは、食感がとてもよく、さらに塩の味付けが効いています。炙りは、醤油ダレと、脂身のジューシーさで食べ応えがあります。どちらも満足度は高いものでした。

宇治のお店以来に訪れた、ぎん流さんでしたが、以前よりバランスもよく完成度の高いラーメンになっているなという印象でした。メニューも豊富に存在しますので、ついついリピーターになってしまいそうなラーメン店だなという印象です。

↓魚介鶏白湯チャーシューメン(塩)
170726-1.JPG

↓左:レア、右:炙りチャーシュー
170726-2.JPG

↓麺とスープ
170726-3.JPG

↓お店の外観です。
170726-4.JPG
posted by たぬき at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年07月25日

京極スタンド@京都市中京区新京極通四条上ル中之町

新京極の河原町近くに昔からある大衆食堂兼、居酒屋さんの京極スタンドさんです。この日は、かなりしばらくぶりに訪れました。

お店は、四条通から、新京極を北上するとすぐのところに有ります。昔から馴染みの赤字の「スタンド」というカナ文字表札が目印です。街中のため店舗駐車場などは有りません。

お店は、平日のお昼時でも常ににぎわっていると思います。最近、特に増えたような。観光客の関係かな。以前は、もっと地元密着な雰囲気があったように思います。店内は、こじんまりとしていて、島状のカウンター席が中心で、小さなテーブル席もあります。

メニューは、キリン系のビールが豊富に合って、期間限定ものとかも取り入れておられます。食事メニューは、定食的なものから、まさしく居酒屋メニューまで豊富に存在します。ほぼ飲んでいるお客さんばかりですが、定食メニューをしっかり食べておっれるお客さんも見かけます。

この日は、ちょい飲みだけでしたので、生ビール大800円とホルモン焼700円くらい?を注文。以前より値段も少し高くなったように思います。

すぐに生大とホルモン焼が提供されます。ホルモン焼はシンプルなホルモンを焼いたものですが、ニンニクがふんだんに使われていて、お酒のおともに良いものです。濃厚なたれも使われていて、食感も良いのでビールが進みます。生大もたっぷり量で満腹になりますね。

久しぶりに訪れたこちらのお店ですが、土日は、とにかく満席のように思います。日常の雰囲気を楽しみたい方は、平日のお昼を狙うと良いかもしれませんね。私も、次回訪れる際は平日のお昼時を狙ってみようかと思います。

↓ホルモン焼
170725-1.JPG

↓生ビール大
170725-2.JPG

↓お店の外観です。
170725-3.JPG
posted by たぬき at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年07月23日

麺屋 一龍@京都市上京区栄町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

河原町今出川の交差点近くにあるラーメン店「麺屋 一龍」さんです。この日は、偶然通りがかって入ってみました。

お店は、河原町今出川の交差点を南下して、少し路地に入ったところに有ります。お店の外観は、こじんまりとしていて、白地に赤字の「鶏中華そば」と書かれた提灯が目印になります。お店の駐車場は、街中のため無いようです。

店内は、こじんまりとしていてラーメン店と言うより、古き喫茶店のような落ち着いた雰囲気。老年のご夫婦が切り盛りされています。カウンター席とテーブル席があり、この日は客が私一人だったため、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ました。

メニューは、鶏中華そば、豚中華そば、鶏豚骨白湯(塩・醤油選択可)の3種のラーメンが800円。他に御所つけ麺850円(熱い・冷たいスープ選択可、甘・辛・酸味選択可)が存在します。他に期間限定のラーメンも存在しました。トッピングの選択で値段がわかるようになっています。ご飯ものも存在します。

この日は、鶏中華そば800円の豚増250円を注文。

登場したラーメンは、やや濁った色合いの醤油スープ。表面は脂分が浮いています。トッピングは、チャーシュー、穂先メンマ、三つ葉、ネギ、ナルトなどとなっています。

スープをいただくと、けっこう脂分が強め。しかしながら、この脂が濃すぎず、旨みをたっぷり口に運んでくれます。鶏と野菜から取られた旨みは優しく、決して強烈な個性はないのですが、まろやかな味わいで舌を落ち着かせてくれます。ほんのりとした甘みと醤油のバランスがとても良いものです。

麺は、細めの多加水気味の麺を使っておられます。とても食感が良くて、優しいスープとの相性も良いものです。

最初にラーメンが提供された時には、少なそうに見えたチャーシュー。これが意外なほど、たっぷりと入っています。優しいスープを邪魔しないように味付けされたものですが、ボリュームはたっぷり。スープとのなじみも良く、満足度は高いものでした。

偶然通りかかって、食べたこのお店。お店の方の雰囲気からも、とても優しさが伝わるラーメン。味も本当にしっとりと胃に染みわたるような優しいものでした。目立つお店ではありませんが、とても上品で優しい味を提供されるお店だと思います。末永く続いてほしいお店だと思います。

↓鶏中華そば+豚増
170723-1.JPG

↓チャーシュー
170723-2.JPG

↓麺とスープ
170723-3.JPG

↓お店の外観です。
170723-4.JPG
posted by たぬき at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | たぬきチャット

2017年07月19日

キョウハ・エビ@大阪市北区曽根崎新地

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

北新地にあるラーメン店「キョウハ・エビ」さんです。この日は、梅田での仕事後の夕食時に訪れました。

お店は、北新地の中にあり、周りは華やかな印象。ビルの入り口にラーメンの看板があり、ビルの階段を少し上った中2階のような位置にお店があります。

店内は、とてもこぎれいで清潔感があります。お店入ってすぐのところに食券機があります。お店の方は男女2人で切り盛りされていて、丁寧な接客でした。

メニューは、エビラーメンがメインで、塩、醤油、赤、黒、咖喱の5種類。それぞれ塩、醤油は850円、赤、黒は950円、咖喱は980円で、特製(半熟煮卵、鶏チャーシュー2倍入り)は+200円となっています。そのほか、お店の場所柄か、ちょっとした居酒屋メニューのような単品がいくつか存在しました。

この日は、特製・塩エビラーメン1050円と、生ビールを注文。生ビールはハートランドでした。

登場したラーメンは、表面が赤い色合いに染まった塩スープです。豪華なトッピングは、鳥肉、半熟煮卵、海苔、白髪ネギ、キクラゲ、糸唐辛子、水菜、ワンタンとなっています。

スープをいただくと、エビの強めの風味がしっかりと効いています。ただ、ベースが塩なので、こってりしすぎず、後味もすっきり。ほんのりと柑橘も効いていて爽やかです。飲み始めのエビのパンチはあるのに、すっきりと飲みやすい上品なスープだと思います。

麺は、中太くらいの平打ち麺をしようされています。とても心地よい食感です。白髪ネギ、キクラゲなどと合わせると食感の変化も楽しむことができます。またワンタンが逆に柔らかめでスープの旨みを吸って、美味しくいただくことが出来ました。

鶏肉は、とてもあっさりとしたものですが、胡椒で味付けられているので、存在感はあります。スープとのなじみも良く、食べやすい鶏肉だと思います。煮玉子も半熟の黄身がトロける食感で、口の中で長く味を楽しめるものでした。

こちらのお店、適当に入ったお店でしたが、お店の雰囲気と同じく上品な味わいのエビラーメンという印象でした。すっきり感もあるので、場所柄、飲み帰りの一杯にも良いラーメンだと思います。

↓特製・塩エビラーメン
170719-1.JPG

↓鶏肉
170719-2.JPG

↓麺・ワンタンとスープ
170719-3.JPG

↓ハートランド
170719-4.JPG
posted by たぬき at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪

2017年07月15日

麺毅家・河原町店@京都市中京区裏寺町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

四条河原町から歩いて数分のところにあるラーメン店「麺毅家」さんです。こちらは四条大宮に本店があるそうで、二号店になるようです。ちょうどお店の真向かいに人気ラーメン店の「一蘭」さんが営業されています。

お店の外観はガラス張りでとてもきれいな印象です。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、入ってすぐの1Fはカウンター席のみのこじんまりとしたスペース。私は1Fしか行ってませんが、3Fまで使用されているようですので、上の階はテーブル席などがあるのだと思います。接客は庶民的な雰囲気でした。

メニューは、豚骨醤油ラーメン(背脂醤油系)、カラ麺(ピリ辛系)、カレーラーメンの3つがメイン。それぞれサイズやトッピングで値段が変わるようになっています。また単品やご飯類、ラーメンと単品を組み合わせたセットメニューも存在しました。

この日は、豚骨醤油チャーシューメン800円を注文。注文時に、麺の硬さやスープの濃さ、背脂の量など好みを聞かれますので、すべて普通で。またニンニクの有無を聞かれましたので有りでお願いしました。

登場したラーメン。京都の背脂醤油系らしいオーソドックスな見た目です。スープはやや濁っていて、そこにきめ細やかな背脂と、わずかな一味が浮いています。トッピングは、チャーシュー、ネギ、メンマとシンプルなものです。

スープをいただくと、豚骨、鶏ガラの旨みが効いていて、コクがしっかりと出ています。しかしながらあっさり感もあり、とても飲みやすい印象。後味も引き締まっているので癖がなく万人受けする味だと思います。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用されています。硬めの茹で具合で、しっかりとした食感を楽しむことができます。

チャーシューは、薄めの味付けの赤身、脂身のバランスの良いものがたっぷりと入っています。量も想像以上にたっぷり入っており、満足度は高いです。味も豚本来の風味や食感を楽しめて良いものだと思います。

こちらのお店は初めて入りましたが、オーソドックスかつ、とても食べやすいすっきり感のあるスープで、万人受けする背脂醤油系ラーメンという印象です。いろいろな方に受け入れられるお店として、末永く続いてほしいなと思います。

↓豚骨醤油チャーシューメン
170715-1.JPG

↓チャーシュー
170715-2.JPG

↓麺とスープ
170715-3.JPG

↓お店の外観です。
170715-4.JPG
posted by たぬき at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年07月14日

ラーメン横綱・三条河原町店@京都市中京区三条河原町西入る大黒町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

ラーメン横綱の三条河原町店です。この日は、日曜日のお昼時、あれ?以前は「麺屋もり」とか「三条麺房」とか横綱プロデュースの別のブランドで出店されていたなと思いつつ、ふらっと入ってみました。

お店は、河原町三条の交差点から商店街に入るすぐのところに有ります。街中のため店舗駐車場は存在しません。お店の外観は、赤のれんなどが目印になると思います。

店内は、1階はカウンター席中心。階段があり2階があるようでしたので、おそらくテーブル席などがあるのだと思います。そこそこ多くの人が入れそうなスペースです。接客は、トレーニングされた丁寧なものでした。

ラーメンメニューは、横綱の豚骨醤油スープのラーメン650円が基本となっていて、トッピングなどで値段が変わります。また期間限定か店舗限定か分かりませんでしたが魚介豚骨ラーメン890円も存在しました。単品や、ラーメンと単品を組み合わせたセットも充実しています。横綱らしくネギ、うま味唐辛子はトッピング自由です。

この日は、ふと魚介豚骨ラーメン890円が気になりましたので、それを注文しました。

登場したラーメン、茶濁したスープに、たっぷりのモヤシ、チャーシュー3枚、煮玉子、魚粉、黒ばら海苔がトッピングされています。

スープは、横綱の基本の豚骨醤油がベースでしょうか。そこにたっぷりの魚粉が混ぜ合わせられているので、意外なほど魚介の風味を強く感じます。さらに黒ばら海苔の磯の風味が合わさります。ベースの豚骨醤油のスープが濃すぎず味わいもコクがあるので、魚粉や海苔のトッピングが活きていると思います。

麺は、メニュー場は中太と書かれていますが、中細くらいの腰の強いタイプのものを使われています。しっかりとした食感で噛んでいて楽しいものです。

チャーシューは、味付が薄めでスープを邪魔しないものになっています。脂身が少なく、食べやすく、チャーシューメンにして、もっとボリューム増やせばよかったかな?とも思いました。

こちらの横綱さんは、久しぶりに訪れましたが、店内はきれいですし、席数も多く、気軽に使えそうなお店だと思います。魚介豚骨ラーメンもベースの豚骨醤油のスープをうまく活かした一品だと思います。また三条河原町付近で、横綱気分になれば入りたいと思います。

↓魚介豚骨ラーメン
170714-1.JPG

↓チャーシュー
170714-2.JPG

↓麺とスープ
170714-3.JPG

↓お店の外観です。
170714-4.JPG
posted by たぬき at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都

2017年07月13日

ブーランジェヤマダ@京都府相楽郡精華町光台

精華町の光台にありますビエラタウンの中にあるパン屋さん「ブーランジェ ヤマダ」さんです。すぐ近くにあります人気のケーキ屋さん「ル・パティスエ ヤマダ」さんが出店されているパン屋さんでもあります。

この日は平日のお昼時に訪れ、イートインスペースでいただきました。過去に購入して、何度となく自宅で食べたことはあります。

お店は、ビエラタウン内の一番、西の方にあり、こぎれいな外観です。駐車場は完備されています。

店内入ると、パンが多く販売されています。一部、ケーキなども取り扱われています。お店の奥がイートインスペースとなっています。販売の接客なども、丁寧なものだと思います。

この日は平日のためかパンも豊富に種類が存在しました。土日だと、意外と種類が少ない時もあるので、見たことのないパンが多かったようにも思います。

味わいクルミのベーコンとサワークリームサンド、バジルモッツァレラフランス、フィレオフィッシュサンドの3つを取り、アイスコーヒーを注文しました。すべて合わせて800円くらいだったと思います。

まずフィレオフィッシュサンド。かなり大きめの白身魚のフライにタルタルソースとケチャップのダブルソース、そこにレモンが添えられていて、爽やかな味わい。大きいレタスがとても新鮮で、食感も良いです。ボリュームもあるし、あっさりとした食べやすい味わいで好印象。

バジルモッツァレラフランスは、とても大きな豚ウインナーが中に入っています。ウインナーはとてもジューシーで、強い食感のパンの中でも存在感があります。バジルとチーズも合わさり、とてもバランスが良い一品です。

サワークリームサンドの方は、パンの生地がハード系ですが味わい深くて、そこにベーコンの旨みと、サワークリームの、ほんのりと優しく爽やかな味わいがかぶさってくる感じです。とても食べやすいパンだと思いました。

こちらのお店は人気店で、土日はイートスペースは混雑していますが、平日だとゆったりといただけました。素材や味にこだわりをもって焼いておられるパン屋さんで、味わいはとても良いと思います。

↓味わいクルミのベーコンとサワークリームサンド、バジルモッツァレラフランス、フィレオフィッシュサンド、アイスコーヒー
170713-1.JPG

↓お店の外観です。
170713-2.JPG
posted by たぬき at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2017年07月11日

フルール@京都府相楽郡精華町桜が丘

近鉄高の原駅近くにあるパン屋さん「ブーランジュリー フルール」さんです。通勤などで通るのですが、朝早くから営業されているので気になっていたお店です。この日は土曜日の朝の時間帯に訪れました。朝は7時から営業されています。

お店は平城相楽ニュータウンの、桜ヶ丘の住宅地の中にあります。お店の前に駐車場が3台くらい置けるスペースがあります。お店の外観は、普通の綺麗な民家のようです。

店内は、こじんまりとしていますが、いろいろな種類のパンが置かれています。この日は朝早めに訪れ、そこそこの種類がありましたが、10時以降くらいになると、さらにフランスパンやハード系のパンも出てくるようです。

この日、購入したものはチーズベーコン、しろパン、明太クロワッサン、焼きカレーパンの4種。価格もとても良心的だったと思います。

しろパンは、ふんわり食感がとても心地よいもの。ミルクの風味もほんのりと感じ、シンプルながらも美味しいなと思いました。

続いて、明太クロワッサンをいただきましたが、生地が秀逸で、ふんわりしながらも食感も良く、パン自体が美味しいなと。明太子はバターやマヨネーズの風味も感じ、優しいパンとの相性も抜群でした。

焼きカレーパン、チーズベーコンも食感がやはり良いものです。焼きカレーパンは揚げてない分、食べやすい感じでサクサクといただけます。チーズベーコンはシンプルにチーズとベーコンがふんだんに乗せてあるので、食べ応えがありました。

こちらのパン屋さん。見た目は素朴な感じなのですが、パン生地の食感がとても良くて、毎日でも食べてみたいなと思えるものでした。また機会があれば購入したいなと思います。

↓チーズベーコン、しろパン、明太クロワッサン、焼きカレーパン
170711-1.JPG
posted by たぬき at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ